K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年1月 歌舞伎座 寿初春大歌舞伎 昼の部

いよいよ歌舞伎座さよなら公演がスタートしました。
一月は、近松と黙阿弥が続けて見られて、〆が坂東玉三郎丈である昼の部を選びました。

一幕目は祝初春式三番叟
お正月はたいてい、三番叟などお祝いの舞踊から始まります。
踊りの仕草、長唄の詞には様々な意味が込められていますが、筋立てがどうというよりも、お衣装、演者のスター性などによっていかに華やかに見せるかがポイント。
今回は、私にとっては尾上菊之助丈が見られたから良しとしましょう。
f0039281_22352976.jpg

二幕目は近松門左衛門の平家女護島、俊寛です。
今回俊寛は、松本幸四郎丈。
ご兄弟でも、中村吉右衛門丈の俊寛とは全く異なるのが、当たり前とは申せ面白いところです。
ラストの“おーい”と手を振るシーンは、何度見ても良いのですが、今回はなぜか、ここは日生か帝劇か?と思ってしまいました。(そうそう、1985年頃中村吉右衛門丈の俊寛を見たときの私の観劇記録があります。いずれ機会があれば皆様のお目に掛けさせていただこうかと企んでおります)

三幕目は花街模様薊色縫、通称、十六夜清心です。
とてもとても河竹黙阿弥らしい、お話の展開は面白く、「しかし待てよ」から始まる名セリフまで、ずっと楽しく見られます。
十六夜の中村時蔵丈、お姿といい可愛らしいお声といい、お品も有って、拝見していると清々しい気持ちになって来ます。(女形の中では玉三郎丈に次いで見たい役者さんです。)
下総行徳生まれの清心役、尾上菊五郎丈。こういう優男&悪党がまだまだ素敵。
清元延寿太夫の艶っぼいお声も、場をしっとりさせるのにこれまたぴったりでした。(実は昔からこの方のファンでございまして…)
f0039281_22361852.jpg

さて、どんじりに控えしは…
四幕目は、私が一番観たかった坂東玉三郎丈の鷺娘
DVDにもなっていますが、やはり生が一番!
儚さの中に、可愛いらしさも艶やかさも、そして迫力まであるこの演目は、何度見ても良いものです。
衣装の引き抜きのたびに、どよどよどよ~。
舞踊途中に一旦下手に玉三郎丈が引っ込むところがあるのですが、舞台袖に姿を消された瞬間から、どよどよどよ~。
こんなにどよめく反応の良い観客席は、初めてでした。(ブログリンク中のjuneさまのご観劇記事は→こちらでご覧になれます。)
玉さまファンの私は、何度も拝見しているこの鷺娘。
実は拝見するたびに、“これが最後かもしれない”と思ってしっかりみるようにしています。
なぜなら、玉さまは、ご自身が納得出来る鷺娘が踊れなくなったら、すぐに鷺娘を踊ることを封印されてしまうでしょうと、勝手に思っているからです。
“これが最後”と思いつつ、これから先も長く拝見出来れば、とても嬉しいと思います。

今月も上々吉の観劇になりました。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/10196815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ドンカンはツミである at 2009-01-24 17:44
タイトル : 壽初春大歌舞伎「鷺娘」@歌舞伎座
こうして紹介するまでもない、玉三郎の鷺娘。私は二度目。 以前観たのは数年前、テアトル銀座での舞踊公演。しかもド真ん中最前列でした。そのときは紙吹雪まみれになりながら観ましたっけ(^^; S席2万円の最前列でも、幕見席900円の最後列でも、この方の踊りのスゴさは、ビシビシ感じます。オペラグラスを覗く私の目からは涙がこぼれ、体は震えっぱなし。 早変わりで、お客さんはオオーっと沸きますが、そんなことはどうでもいい。それより、鷺の精として現れたときの存在感と、町娘で踊る雰囲気、どうしてあんなに変...... more
Commented by usayamama at 2009-01-24 16:14
こんにちは。1月は行けずに悔しい思いをしていました。
私も「鷺娘」が一番見たかったのですが、残念!
2月の二人道成寺は何としてでも行ってみせます。
Commented by june_h at 2009-01-24 17:33
usakoさま、リンクを張っていただきまして、ありがとうございます!
思えば、私が歌舞伎にハマったのは、吉右衛門さんの「俊寛」でございました。やはり1月だったと思います。ラストで、見えなくなっていく船をジーっと睨みつけるシーンに、私は涙が止まりませんでした。幸四郎さんのラストは違うんですよねー。それから、近松も歌舞伎も好きになりました♪
2月は吉右衛門さんの弁慶が楽しみですが、私もusayamamaさまと同じく、玉三郎&菊之助の道成寺にも興味アリ!ヒマがあったら、行こうと思っています。
Commented at 2009-01-24 17:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oomimi_usako at 2009-01-24 18:30
☆usayamamaさま、いらっしゃれなかったのですか!
あ~それは本当に残念。
鷺娘とてもとてもよかったです。また近いうちにご覧になれるチャンスがありますように!
二月は必見ですよね、私も頑張って行きたいと思います。
Commented by oomimi_usako at 2009-01-24 18:30
☆juneさま、どういたしまして♪こちらこそコメントありがとうございます。
同じ演目でも、役者さんによって随分印象が違うものですよね。
それを見比べるのも、楽しい所かもしれません。
二月の道成寺は、“ヒマがあったら”なんておっしゃっちゃあ、いけませんぜ。
必見ヨ!
Commented by oomimi_usako at 2009-01-24 18:31
☆1-24 17:39の鍵さま、私そうとう怪しかったかしら?
お気になさらずに~♪
念には念を入れての対策は重要ですものねっ!
Commented by mareemonte at 2009-01-24 22:58
歌舞伎レビュー、とっても楽しく拝見しました。お正月はまた華やかな雰囲気なのでしょうねえ・・。うっとり・・。玉三郎さん、どんなに素敵なんだろう・・。見てみたいです、いつか。
Commented by soleil at 2009-01-25 12:53 x
先週の月曜、ふらっと歌舞伎座に寄ったら、一幕見に、これまでに見たこともないくらい大勢の人が、並んでいました!
ほとんどの方が、鷺娘目当てだったようです。

2月は勧進帳を優先してしまいました(^^;
玉様はお嬢で拝見させていただきます♪
Commented by oomimi_usako at 2009-01-25 18:18 x
☆マレエモンテさま、こんな感じの歌舞伎好きでございます。
15の時から、こんなことを続けております。
今は、月イチ位で観劇しておりまして、その都度あーだこーだと、うるさいばあさんのように書いております。
三島好きのマレさまは、きっと玉さまもお気に召すことでしょう。
早くご覧になれる日がまいりますように♪
Commented by oomimi_usako at 2009-01-25 18:21 x
☆soleilさま、お久しぶりです♪
ふらっと寄った歌舞伎座では、お芝居ご覧になったのかしら??
二月は、soleilさまなら、やはり夜ですね!
わかるわ。
今年も時間と軍資金が許す限り、たくさんお芝居みたいですね!
Commented by doggy_and_gateau at 2009-02-03 22:33
usakoさま
ご挨拶もせずに、勝手にリンクを貼ってしまいまして、申し訳ありませんでした<(_ _)>
どうぞよろしくお願いいたします。
最近、パソコンの調子が悪いことが多くて、ゆっくり拝見できずにいましたので
少し前の記事へのコメントになってしまいました…。

先日、東劇へシネマ歌舞伎を観に行ったのですが…、
私がいままでで歌舞伎の会場で出会ったお客さんの中で最年少、
3歳くらいの男の子が観劇していました!
帰りのエレベーターで一緒になったのですが、
聞けば連獅子のあの首振りも六方も得意なんだとか…。
おばちゃんも負けずに観劇するわよ~!と思いましたが
2月の歌舞伎座は、その時すでにほぼ完売状態…。
近所のシネコンで『鷺娘』と『京鹿子娘二人道成寺』のシネマ歌舞伎の上映があるので
そちらで拝見することにいたします(^_^;)
Commented by oomimi_usako at 2009-02-04 09:14 x
☆doggyさま、発見した時はびっくりしましたが、嬉しく拝見しました!
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
シネマ歌舞伎、よくご覧になっていらっしゃいますよね。
もう一度見たいもの、見逃したものなど、いろいろ観られて、面白いでしょうね、
ところで、
全然関係ないですが、おばちゃんはだめです。永遠のお姉さんで通してください!(^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-01-23 22:28 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback(1) | Comments(12)