K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年3月 春を探しに南薩へ 最終日

最終日は、翌日出社予定の主人のために、早めの帰宅を考えJAL1870便(13:35鹿児島空港発ー15:10羽田空港着)で戻ることにしました。
ヘタに列車などで移動して、戻り損なって(列車の本数少なし)飛行機に乗り遅れると困るので、この日は大人しく、近場の残した所を見に行きました。
↓仙巌園にあった桜島大根の鉢植え(!)
f0039281_2255233.jpg

第五日目(最終日) サヨナラ桜島、またいつか!の巻
<この日見たもの>
◎小松帯刀像

幻の宰相といわれた薩摩藩の家老・・・などと、説明を書くまでもありませんね。
皆さん御存知、小松帯刀君の銅像は、宝山ホール(県文化センター)に立っています。
小松くんと篤姫は、史実としてはお互いに会ったことがない(一回くらいはあるかも)って、ご存知でしたか?
f0039281_2255421.jpg

◎照國神社
第28代島津斉彬は、集成館事業を推進し薩摩の地に数々の功績を残したため、ついに神様になりました。
ここ照國神社のご祭神として、祀られています。
神社の隣りにある探勝園という庭園は、鶴丸(鹿児島)城の庭園でもあったところ。
そこには、斉彬公の大きな銅像が立っています。
あのドラマで頻出していた、青と朱のお守りも、こちらの社務所で買えてしまいます。
f0039281_2257542.jpg

◎加治木町 龍門滝
リムジンバスで九州自動車道を鹿児島空港へ向かう途中、左側の車窓から大きい滝が見られます。
それが日本の滝百選にも選ばれている、龍門滝です。
近くには、薩摩を代表する焼き物である龍門司焼の窯元もあります。

◎鹿児島空港
残り時間は、空港で遊びます。
離島便や国際線も飛んでいるために少し規模が大きめ(地方空港にしては)で、足湯もあったりして、なかなか面白い空港でした。

<この日食べたもの>
◎海ぶどう

空港の売店で見つけた、海ぶどうは、海藻です。
独特のプチプチ感が病みつきになります。
f0039281_22581517.jpg

◎恒例!空弁
旅行にはたいてい飛行機を使うので、帰宅した日の夕食用に、必ず旅先で“空弁”を買って帰ります。
今回、鹿児島空港で入手したもの。
・きびなご鮨(とらや寿司)
指宿に行った日に食べたのは、鹿児島中央駅の駅ビル内支店のもの。
東京ではなかなか普通にはお目にかかれませんので、最後に空港の支店でも買い求めました。
・かごしま黒豚角煮弁当(萬来)
鹿児島産芋焼酎“さつま若潮”でじっくり煮込んだ“かごしま黒豚”を、鹿児島産のお米“伊佐米”の上にたっぷり載せ、鹿児島名物“つぼ漬け”を添えてあります。鹿児島尽くしのお弁当。
・一本釣り鰹めし(枕崎)
枕崎のかつおだしで炊き込んだ“鰹めし”に、特製たれ漬け込み“枕崎ぶえん鰹”が載っています。
“ぶえん鰹”とは、遠洋鰹一本釣り漁で、釣り上げられてすぐの鰹を活き締めして急速冷凍したもののことです。
お弁当だけでは、ちょっとさびしいので、覚え立てのさつま汁を添えました。(旅行前に冷蔵庫を少し綺麗にしましたが、幸いさつま汁の具にできるような根菜類は、ストックしてありましたゆえ。)
二人なのに、なぜ空弁が三つなのか?ということは別にして、鹿児島尽くしで、上手く〆まりました。

<まとめ>
定刻に、鹿児島空港を南に向かって離陸したJAL機は、大きく左に旋回しながら大隅半島を横切り、志布志湾に抜けました。
飛行機の窓から、覗き込むように左後方をみると、春霞みの中に立つ桜島の山影は、少しずつ薄れながら、霞とも雲ともつかないぼんやりした空気の中に見えなくなっていきました。
あのどっしりと力強い桜島に見守られてこそ、いにしえから今に至るまで鹿児島の人々は、かくも力強く暮らしておられるのだということが、わかった気がする旅でした。
・・・そうそう、焼酎が実はとっても美味しいものだということがわかったのも、私にとっては大きな収穫、鹿児島よ、あいがとさげもした!(=ありがとうございましたby鹿児島弁)
でもまだまだ見られなかったところが、たくさんありますので、いずれまた折をみて、訪ねたいと思っています。

ーおしまいー
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/10748981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by peko-nanamama at 2009-04-10 22:00
四日目もかなり召し上がっていましたが空弁で〆ですね
先日ゆっくり読ませていただいたのだけどコメントしてませんでした
usakoさんらしいまじめで楽しいレポでした(^_^)/

焼酎のんでますか~
Commented by emiemi at 2009-04-11 00:42 x
旅行記、最後まで楽しませていただきました!
ひとつの県をじっくり見て回る旅はいいものですね。(いつも早足であちこち見て回る方なので)
鹿児島に行きたくなりました。焼酎にチャレンジしちゃおっかな~と思わせてくれる魅力的な記述も随所にあり、そわそわしていま~す。
今まで一度として旅の記録をまとめた事がない私。奮起したいのですが
やっぱり無理だと思います。usakoさん、すごい!!!
お疲れ様でした。
Commented by oomimi_usako at 2009-04-11 11:55
☆nanamamaさま、最後までお読みくださいまして本当にありがとうございました。
ホントに食べてばっかりですね。
帰りの飛行機で重量制限の無いのが、不幸中の(?)幸いでした。
この空弁が、また美味しくてねぇ~。
旅のほのかな余韻を楽しむには、ご当地の空弁や駅弁などを帰りがけに買ってくるのが一番なのではないかな?と思います。(本当はご飯の支度をさぼりたいだけ)
焼酎。。。えへへ呑んでますぅ。
日本酒のように薀蓄を並べるにはまだだいぶかかりそうですが。
ちょうど新学期の季節ですし、“はじめて”のものを知り始める感覚が、久し振りで楽しいです。
Commented by oomimi_usako at 2009-04-11 11:58
☆emiemiさま、最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。
せっかく行くのだから、せっかく見るのだから、そして、せっかく食べるの(含:呑む)だからという思いで、書いております。(凝り性B型が、良い方に作用しているとでも申しましょうか)
それをご覧頂いて、“私も~”と思っていただけると、とても嬉しくなります♪
観光大使でもミス焼酎(は?ミス?)でもないのですけれどね(^^;)

焼酎も、いいですよ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-03-12 23:59 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(4)