K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年12月 今月の歌舞伎座 昼の部

あと残り100日強の歌舞伎座へ。
今月は昼夜どちらにしようかと、大いに悩んだ末の昼の部でしたが・・・。(各演目のあらすじなどについてご興味のある方は、公式HP歌舞伎美人をご参照くださいね)
f0039281_2149551.jpg

まずは一幕目
操り三番叟(あやつりさんばそう)
若手で踊る三番叟は、皆さん動作がキビキビしています。
観ていても、何だかとても爽やかでした。
二幕目
新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)より野崎村
お芝居の中に、当時の人々の生活の一コマ一コマが垣間見えるものは、特に好きです。
この野崎村には、髪を整える場面、お料理をする場面、お灸をする場面などがあって、本筋とは別な部分も楽しい演目。
今回の配役は、お染が片岡孝太郎丈、お光が中村福助丈です。
どう見ても、お光が二人に見えましたけれど。
先代中村勘三郎丈(中村勘太郎くんや中村七之助くんのおじいちゃまということです)が、お歳を召されても可愛いお光を演じていらっしゃいましたのが、ふと思い出されました。
そして、若い頃はなんとも思わなかったラストシーン
歳を経て、ちょっとホロリと来るようになりました。
お光のキモチがなんだかわかるのよね~、えへへ。
この演目の後半、お外の寒さに比べてとても暖かい歌舞伎座ゆえ、午睡の方多し。
皆さんお休みになっても良いですから、どうかイビキだけはやめてね!
f0039281_21492419.jpg

三幕目
身替座禅(みがわりざぜん)
今まで、一体何回観たことか。
でも、おもしろい筋ですし、大名とその奥方の配役によって、その都度楽しい舞台になります。
歌舞伎初心者の方には、お薦めの演目です。
今回は中村勘三郎丈と、坂東三津五郎丈コンビ。
いつもより、ちょっと優しい奥方様でした。(三津五郎さん優しいから?
今までみた中で一番恐かったのは、團十郎さんかしら?(團十郎さんも優しいと思うけれど)
f0039281_21493776.jpg

そして、昼の部の“歌舞伎座”は実はここまで。
続く四幕目は、“歌舞伎劇場”になるので、ちょっと“気持ち”と“観る目”の切り替えが必要です。
これをしないと、かなり厳しい観劇となりますので、今月このあとご覧になる方は要注意!
幕間にみつばちのモナカアイスを食べる予定のない方は、一旦歌舞伎座を出て木挽町をぐるっと一周していらしても良いかもしれません。(お出になる時は、チケット半券を忘れずにお持ち下さい。)
四幕目
宮藤官九郎氏、作、演出の大江戸りびんぐでっど
まあ、長年の歌舞伎ファンの方にはおなじみの、“俳優祭”の“お楽しみお芝居”が、このタイミングで見られたと思えば宜しいかと。
見終わった後、三幕目の身替座禅の完成度の高さを改めて実感したり。
蜷川演出十二夜の方が、元はイギリス劇なのに歌舞伎らしかったと思い出してみたり・・・。
歌舞伎に新しい風は常に必要だと私も思いますが、“新しい”の意味を間違えないように気をつけないといけません。
ただ、歌舞伎役者さん方の、演技力には、感服しました

usakoの独り言>今年の歌舞伎観劇の締めくくり、これは、隼町のほうが良かったかもしれません。
f0039281_21494952.jpg

今月の観劇お弁当。
常備菜ばかり集めたちょっと地味めなお弁当。
お見せするほどではありませんが、コメントいただくので・・・。

せっかくなだ万のお弁当食べたのだから、次回は、もっと綺麗なお弁当を作りなさいっ!
のお励ましに、あなたさまの応援クリックお待ちしております。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/12496804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coed at 2009-12-15 23:16
あらあら、どうしましょ??
嬉しいやら、惜しかったやら、どこですれ違いましたでしょう?
トップのお写真は、まるで並んで撮影したようでしょ!
Commented by jakky123 at 2009-12-15 23:40
今月は国立なjakkyです。。がクドカンだけ観にいきたいと。。
でもやめとこうかな?
身替座禅も何度も観てるしね。。。
Commented by oomimi_usako at 2009-12-16 10:26
☆coedさまを見かけたような気がするusakoです。
・・・って、お顔もわからないのですが。
Commented by oomimi_usako at 2009-12-16 10:32
☆jakkyさま、歌舞伎を純粋に楽しむなら、三幕目で帰るか、隼町に行くかされた方が宜しいかと。
クドカンは、演劇としては面白いです。ちょっとお品がないけど。
これが下北やパルコでかかったら、全然OKって感じです。
あるいは、これだけ観にいくなら、それもあり。
要は、前三幕との組み合わせがまずいわけでして。
一緒にやろうよと、声を掛けた年上の人のほうが、宜しくないのね、これは・・・と思いました。
Commented by kotsukotsu-rinto at 2009-12-16 16:04
通なusakoさんの分かり易い解説(?)で
ド素人な私も歌舞伎のいろはの「い」位に
スッと入り込むことが出来そうです。
お昼の部だけで四幕もあるのね・・・とか
せっかく観賞に行かれても居眠りされる方もいるのね・・・とか
usakoさんの着眼点はおもしろくて鋭いですね♪
お弁当はなだまんでも地味目(なことありませんが?)でも
やはり拝見したいもの。見る側へのご配慮もさすがでした。。。

先日は一升瓶、だなんて大変失礼しました。。。(汗)
テーブルの上に置く訳ありませんよね・・・。不覚です(涙)
Commented by soleil at 2009-12-16 21:53 x
12月はチケット買わなかったんですよぉ~
一幕見で見ようか?とも思ってるんですが、暇でもなくて・・・
渡辺保の歌舞伎劇評で読んで、ちょっと分かったような気もしてます(笑)

クドカンが「歌舞伎役者さんって、すごいですね!」と話していたのだけを、記憶しておきましょうかね?ふふふ。

Commented by oomimi_usako at 2009-12-16 22:56
☆satoさま、ありがとうございます。
何だか見て見たい・・・と思っていただければ、嬉しく思います♪
他の方の歌舞伎観劇の記事のように、親切な解説もせず、思ったことをビシバシ書いてはおりますけれど、私が“楽しい!”と思っている雰囲気が、なんとなくお分かりいただければいいなあ。
お弁当・・・普通すぎてねえ・・・次回に乞うご期待!(なんて言ってしまってよいのだろうか?)

一升瓶と思われても、それは、日頃の私の行いからゆえ、お気になさらずにね♪(一升瓶もあることはあるのよ^^;)
Commented by oomimi_usako at 2009-12-16 23:00
☆soleilさま、こんばんは。
私も、あのビミョーな渡辺氏の劇評をみて、しまったっ!と思いました。
演劇としては決して悪いものではないのですけれどね。

クドカンくん、そんなことおっしゃってましたか。
私も観ていてそう思いました。
同じ意味かどうかはわかりませんが。
Commented by suzu-kinako at 2009-12-17 18:01
素人なので懇切丁寧なご説明、解説に面喰って?いますが、解りません・・・ごめんなさい。
でも、usakoさんにお礼を一言。花楓と言う小麦粉goodです。
ありがとうです(^^♪
Commented by oomimi_usako at 2009-12-17 18:28 x
☆きなこの母さま、丁寧に見えて実は、かなりマニアックなことばっかり書いています。
お解りにくいところ多々あろうかと思いますので平にご容赦下さい。
花楓お使いになりました?
ね~!結構いいスポンジになりますよね。
少しはお役に立てたかしら、良かった♪
Commented by june_h at 2009-12-17 21:19
usakoさまは、クドカンがあまりお気に召さなかったようですね・・・・・。私は観たいのですが、休日はきっと札止めだろうなぁと諦めモードです。シネマ歌舞伎か、テレビ放映しないかしら~と、期待を持っているのですが、TV放映に耐えられるような内容でしたか?
Commented by oomimi_usako at 2009-12-18 09:07
☆juneさま、クドカンのお芝居初めてでしたが、へ~って、結構面白いと思いましたよ♪
お芝居系の許容範囲は広いので、OKという感じでしたが、この時期のこの場所のこの演目の最後に入れるものかな?と思ったのでした。
たぶんクドカンさん自体も相当無理していて窮屈そうな印象でした。
羽を広げたらきっともっともっと面白いのだろうな~。
この程度なら、金曜夜教育TVの劇場中継で流せると思います。
けれど、内容がイマドキなで早くした方が良い感じ。
その上芸達者な歌舞伎役者さんたちが、舞台のあちこちで演技しているので、これは舞台でご覧になった方が断然楽しめると思いました。
いらっしゃれるといいのですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-12-15 21:43 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(12)