2010年1月 気になる穴ぼこ

以前ご紹介したマダムチイのホームベーカリー。
その後も、良い調子で活躍中です。
今日も実家に行きましたら、ホームベーカリーマダムチイ奮闘中。
“お土産に一斤どうぞ”
と、嬉しい一言。
ちょっと甘みのある美味しいパンは、ママの味?
婿殿方にも好評です。
f0039281_2152923.jpg

しかし、
そんなマダムチイに、悩みの種が一つ。
焼きあがったものをお釜から振り出す時に、
羽部分がひっかかって、底に
ポコッと大きな穴ぼこがあいてしまうことが多々あるのです。(画像左)
小さな穴ですむときもあり(画像右)、だいたい五分五分の確率だとか。
f0039281_21522570.jpg

穴があくのは、ホームベーカリーの構造上、仕方ないことだと思いますが。
見栄えが悪くならない取り出し方のコツ・・・
どなたかご存じないですか?
[PR]
by oomimi_usako | 2010-01-25 21:49 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/12723585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukkolin at 2010-01-26 21:19 x
わかりますわかります!!
私もマダムチイさまとまったく同じです。
HBのメーカーも同じだと思います^^
熱いお釜を思いっきり振らないと出てこないので思いっきり振るのですが、その時の羽の引っかかり具合で穴ぼこができる様な気がするのですが・・・
私もこの大きな穴ぼこはショックです(^^;
コツがあるのでしょうか~私も教えて頂きたいわ。
ま、とても美味しく焼けるのでしかたないと思っていますけれどね♪
Commented by hikomama at 2010-01-26 21:27 x
ただ今、購入計画中だったので、とても参考になりました。
取り出すときの温度は関係無いのでしょうか?
Commented by oomimi_usako at 2010-01-27 09:12
☆yukkolinさま、そう、私も、焼きに入る前の羽の角度なのではないかと考えました。上手く縦になって終了してくれたら、よいのに・・・。
おっしゃるとおり、とても美味しいし・・・
穴ぼこがあいた時に出た破片も、お口に入って更に美味しいので、
“頂戴する人”である私は、全然オッケー!と思っています♪
Commented by oomimi_usako at 2010-01-27 09:17
☆hikomamaさま、お求めになるのですか?
んまあ~♪いいな、いいな♪
他のメーカーがどうか、良く研究なさってみてくださいね。
ちなみに・・・母が以前に使っていたN社(当時)のものも、そういえば穴ぼこが出来る時がありました。今はわかりませんが。
温かいうちに出した方がよいので、温度はあまり関係ないかもしれません。冷めてからだと余計に亀裂が入るように思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ