2010年2月 お外は寒いので。

2月の最初の日、東京に、たくさん雪が降りました。
北国の方から見れば、笑っちゃう位のチョビッとなのでしょうけれど。
夜半には、すでに、一面の白い世界。
夜闇の明るさに誘われて、思わず小さく窓を開けると

しんしんしん・・・

音がするほどの静けさ。
どこからともなく、歌舞伎の雪太鼓の音が

どーんどーんどーん・・・

聞こえてくるようにも思えました。
f0039281_9373423.jpg

雪が止んだら良いお天気、という予報のはずが、翌日はこんな曇天。
一応“北海道系クオーター”のusakoではありますが、
寒い、冷たい、足元ツルツル・・・
以上、苦手なもの三拍子!
これが揃うと、もう、お外には出られません。
予報を聞いたら、万全の蟄居態勢を整えます。
お家の中ですることは、もちろん、バレンタインレッスンの予習復習。
今年は、クラスにあわせて二種類のレッスンをしています。
f0039281_9374916.jpg

レシピも、材料も、資材も、揃って、さて直前にすることは・・・
お芝居ならば、リハーサル。
時間を追いながら、作業の流れや材料の状況の確認、折々に何をご説明していくか、などなど、
一通りレッスンと同じ筋書きを、なぞって確認いたします。
これをしておくのと、しないのとでは、大違い。
レッスン中、先生は、“お教えする”ということと“生徒さん方の助手となる”ということの、両方のお役目がありますから、
“どの材料を、どの入れ物に入れて、どのお道具で、どうする!”
とか
“あのタイミングで、あの作業の声を掛ける”とか、
とにかく諸々のことが整然と進められないと、たいへんなことになるわけです。

お教室をなさっておられる方には、もちろんご理解いただけると思います。
でも、お家にお客様をお招きして、おもてなしする時も、同じような準備が必要になってくることと、思うのです。
それゆえこの、手順を考えながら事を進めるというお台所仕事が、
脳の老化防止にとても役立つということは、本当にその通り。
というわけで、ひと休みの時間には、疲れた脳に糖分を補うのも、大事です、はい。
f0039281_938579.jpg

立派に準備を整えている・・・つもりですが、
当日お越しくださった生徒さんをお迎えすると、なんだか嬉しくなってしまい
つい、いろいろおしゃべりして、そして結局、
“あれ?”
“おや?”
の連発となる私は、
いつまで経っても先生でなく、センセなのでありました。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-02-03 09:00 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/12772338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzu-kinako at 2010-02-03 15:38
雪が「しんしんと降る」って風流な表現ですよね。
こちらは僻地なもんで一晩中、しんしんと降ってました。
もうガトーショコラの予習復習ですか。
復習したショコラ、usakoセンセのお腹に入ったの?
さすが準備万端、生徒さんもレッスンを楽しみにしてますよ♪
Commented by yaya-koro at 2010-02-03 23:07
東京は雪が降るとパニックになるんですよね~。
北国ネイティブの私から見ると、
へっ?こんな雪で電車が止まっちゃうの?!
ってビックリでしたぁ。
usakoさん クォーターだったんですね(笑)
私は雪が降った朝の、あの静けさがとっても好きです。
Commented by kotsukotsu-rinto at 2010-02-03 23:45
雪、うっすらと積もったのですね。もう解けましたか?
この「うっすら」、くせものですよね。凍るとツルツル危険です。
お気をつけ下さい。。。
この辺りは雪がとても少ないのですが、六甲おろしはかなりのものです。
雪のほうがまし~!と思うことがあります。
ガトーショコラ♪バレンタインですね!
レッスンは受けれなくて残念(涙)ですが
また自力で作ってみようと思います。
Commented by まりりんまま at 2010-02-03 23:46 x
ばたばたの残業を終えて外に出たら、 k市はがんがん雪が降っていて、真っ白になっていました。びっくり!
都心に戻ったらちょっとはらはらと舞っているだけ、関東は広い・・・
傘なしで雪の中を歩くと、子供の頃を思い出します。
吹雪に負けずに学校へ通いましたっけ。
寒い時には甘い物が嬉しいですよね~。(結局ここへたどりつくのだった・・・)
Commented by yukkolin at 2010-02-04 00:05
このチョコレートケーキの切り口を見ると、しっとりとした感じが伝わってきます。
濃厚で美味しそうですね♪
上の部分はかためなのでしょうか~?
私もこういうお天気の時は、できればお外に出たくないです。
一日家にいてお菓子作りなんて、最高ですね!(^^)!
あと1種類も楽しみにしていま~す♪

Commented by oomimi_usako at 2010-02-04 20:39
☆きなこの母さま、うちよりずっと南なのにね、お山が近いからでしょうか・・・。
もちろんガトーショコラの復習品は、お腹に納めました(全部ではありませんが)。
だって、ちゃんと自分でお味を確かめないとね♪
Commented by oomimi_usako at 2010-02-04 20:40
☆yaya-koroさまは、札幌でいらっしゃるのですよね?
東京にいると、雪に慣れないばかりか、敵の怖さも知らないことが多いので、パニックになるのでしょうね。
私は特に歩くのが怖いので、大雪の降った朝は、会社半休したりしてましたよ・・・えへへ、いまだから言えますが。
でも、お家の中から見る雪は、大好きです。
雪の朝の静けさは、晴れているのも、良し、まだ雪が降っている朝の静けさも、良いですね。
Commented by oomimi_usako at 2010-02-04 20:40
☆satoさま、東京は、二晩続けて降雪でした。
ありがとうございます、今朝も、こわごわ気をつけて歩きましたよ!
六甲おろし~!!歌では知ってます。(←おいおい)
関東では、埼玉北部から群馬にかけて、赤城おろしというのが吹きます。
向かって歩けない程の強風で、冷たい空っ風。
似ていますか??
satoさまのバレンタインのご計画や如何に!
自力でも、美味しいものを素敵にお作りになれると拝察いたしますので、ブログで拝見するのを楽しみにしていますよ~♪
Commented by oomimi_usako at 2010-02-04 20:41
☆まりりんままさま、二晩続けての雪の夜、お仕事お疲れさまです。
あ・・・でも、お寒いのや雪には、ダントツお強いのでしょうか、もしや!!
私は、負けて会社も休みました(^^;;)
そうです、お寒いときには、甘酒です~。(結局ここへも、たどりつくのです・・・)
Commented by oomimi_usako at 2010-02-04 20:41
☆yukkolinさま、実はこのケーキ、ふんわりほろりの口溶けなのです。
上の部分は、薄い皮という感じで、堅くはないのですよ。
もうひとつのほうが、しっとり濃厚なのです♪
近々アップで登場させますので、また見てくださいね。
Commented by sanpomichikara at 2010-02-04 22:21
>生徒さんをお迎えすると、なんだか嬉しくなってしまい、つい・・・
よーく分かります^^
私も‘センセ’のお仲間みたいな気がします。
Commented by oomimi_usako at 2010-02-05 09:25 x
☆Yoshimiさんは、違うと思います。
うれしくなられても、テキパキテキパキ・・・
お仲間には入れてあげませんっ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ