K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2010年3月 薩摩の夕べ

先週まで、日本橋三越の催事で行われていたのが鹿児島展
昨年の3月に旅してから、俄然親しみの湧く地となった鹿児島なので、
なにかいいものはないかしら?と、
イソイソと見に出掛けました。

そして手に入る、美味しいもの。 
早速、その日のお夕食は、“薩摩の夕べ”の開催です。
f0039281_21102413.jpg

まずは、黒豚のしゃぶしゃぶ用バラ肉
普段の食材には、豚バラ肉は殆ど使用しませんが、黒豚ならば脂身も極上の美味しさなので積極的(?)にいただきます。
お野菜の上にのせて(こうすると、美味しい脂の旨みがお野菜にしみ込みます)、蒸し上げて、ごまやポン酢のたれでいただきました。
もちろんお野菜も、近所のお店を数軒ハシゴして、鹿児島産をいろいろ集めてまいりました。
f0039281_21104657.jpg

食卓では蒸せないので、小振りの笊を使い、数回に分けて蒸し、その都度食卓へ。
あつあつの、お野菜と黒豚がいただけました。
f0039281_21111097.jpg

焼酎は、蔵元がいくつも出店していました。
日本酒ほど私、詳しくございませんので、何となく感じのよさそうなご担当者がおいでになった軸屋酒造(薩摩郡さつま町)のブースにて、集中的に(?)試飲をさせていただきました。
こちらは、明治43年の創業以来、ずっと白麹で芋焼酎を造っていたという蔵元。
試飲させていただいた中で、特に気に入った、新たに黒麹で仕込んでみられたという甕仕込み甕貯蔵の“凛”という焼酎を購入してきました。(芋:鹿児島県産こがねせんがん、麹:米黒麹、水:紫尾山系伏流水)
香りが良くて、まろみがあるお味です。
くろじょか(それも島津の御紋入り)で、正しく用意していただきました。
f0039281_21113666.jpg

f0039281_2112357.jpg

併せて購入した、大好きなおつまみ“かつおの腹皮”を、焼いて用意しました。
f0039281_21121897.jpg

 ↑ 調理前のかつおの腹皮です。ちょっとグロテスク?でも美味しいのです、これがまた!)
f0039281_2112539.jpg

デザートには、もちろん白熊です。
天文館のお店でいただくより、カップ仕立てのこちらのほうが、練乳がたくさんしみ込んでいて、甘くてとても美味でした。
f0039281_2113927.jpg

さて、これで昨年の旅の復習が出来ました。
いつも春旅行は、三月に出掛けていますが、今年はちょっと時期がずれて、来月に出掛ける予定です。
どこに行くかは・・・ひ・み・つ!
でもまたしても、見て食べて呑んでのフル回転の旅となることは間違いなしです。
長文旅行記、また見にいらしてくださいね!

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/13233068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minako-catlogy at 2010-03-29 14:01 x
薩摩のおいしい旅、今年もどんなご馳走を発見できるのか、紀行文が楽しみです~♪
焼酎を試飲しているお姿、想像してしまいました。
蔵元の人も進め甲斐があったことでせう。
お誕生日もおめでとうございます!
私も妹の誕生祝いで実家近くで会食、ひさびさに紬などを着てみました。お店のサービスも何となく好いような…。
Commented by kotsukotsu-rinto at 2010-03-29 21:42
首都で鹿児島三昧ですね~。
蒸し料理、とっても美味しそうです。
お野菜まで探されるのは大変だったのではないでしょうか?
頭が下がります。。。
鹿児島=焼酎=芋!・・・ですが私は少し苦手です。
焼酎通ではないようです。
しろくまのアイスキャンディーはだんなさんの大好物なのですよ。
締めまできっちり鹿児島ですね♪あぁ、今日も羨ましかった☆
Commented by sanpomichikara at 2010-03-29 22:21
あらっ!こちらでは鹿児島の物産展ですね。
北海道産のタラのすり身で揚げても薩摩揚げ。発祥の地ですものね。
かつおの腹皮たべた~い!
Commented by oomimi_usako at 2010-03-29 22:40
☆minakoさま、お祝いのお言葉ありがとうございます。
それにしても、ササッとお着物をお召しになってのお出掛け、本当に素敵だわ~♪豪語した割には、ちぃとも着付けのお勉強しておりません。
寒いんだもの~ぉ(^^;)
今回の旅行でも、たくさんのことを見て、食べて参ります。
長い長い(くどい、とも言うかも??)旅日記、さーっと斜め読みをお願いいたしますm(--)m
Commented by oomimi_usako at 2010-03-29 22:42
☆satoさま、またしても食べ物記事にご来店(?)ありがとうございます。
私もね、芋焼酎。。。というより、焼酎自体昨年の3月まで、呑めなかったのです。
それが、本場で正しい入れ方をした美味しい焼酎をいただいた瞬間に、目覚めてしまいました。
芋って、本当は臭くないんです。とても良い香りなんですよ♪
焼酎のあとのしろくま君は、また、格別ですわよ(^^)v
Commented by oomimi_usako at 2010-03-29 22:45
☆Yoshimiさま、かつおの腹皮、おいしゅうございますよ~♪
完全レトルトタイプ(温めればいいだけのもの)と、本格派(?じっくりグリルで焼くもの)があるのですが、鹿児島の方々の多くは後者を召し上がるのです。
なので私も、もちろん後者。
焼酎に、ぴったりなのです~♪♪
機会があれば、是非お試しくださいませ。
Commented by sanpomichikara at 2010-03-29 23:06
コメント再び。
焼酎に反応してしまいました。
以前、「黒伊佐錦」を鹿児島県出身の方に勧められて、それからすっかり嵌っています。
お値段はお安いのですが、とても香りの良い黒麹の芋焼酎です。
お知らせまで♪
Commented by jakky123 at 2010-03-29 23:23
おお!黒豚の美しいこと!
丸十の直火土瓶でキュッと♪いいですね(^^)
Commented by yukkolin at 2010-03-30 00:51
本当にきれいな黒豚ですね!
美味しい物は美しいのですね~。
土瓶、くろじょかというのですね。
初めて聞きました。
島津家のご紋付きで、何か特別のものなのですか?
白熊クンが冷たくておいしそう♪
Commented by oomimi_usako at 2010-03-30 08:43
☆Yoshimiさま、美味しい焼酎のお勧めをありがとうございます。出会えたらすかさずいただいてみます♪
芋焼酎も麹の種類、お芋の種類などによって、日本酒同様様々なお味があり、試してみるととても面白いなあと思っています。
Commented by oomimi_usako at 2010-03-30 08:46
☆jakkyさま、眺めていたら、絶対おいしそうだったので、思わず“これくださいっ”と言ってしまいました。
くろじょかもいろいろありますが、まるじゅうを選んだのは、私の趣味ではございません~(--;)
でも、やはり、これで作る焼酎は、なんだか一味もふた味も違う気がします!
Commented by oomimi_usako at 2010-03-30 08:51
☆yukkolinさま、確かにそうかもしれません!
美味しきことは美しきかな♪

まるじゅうマークのくろじょかは、鹿児島に行くと、どこでも簡単に入手できます。
東京にいると、島津さん~とか、まるじゅう~とか聞いたり見たりするととても特別に感じますが(篤姫ちゃんの影響?)、鹿児島にいくと、あっちをむいてもこっちをむいても島津さんがたくさん居られて・・・(地元だから当たりまえ?)
さらに、マンホールのふたには、まるじゅうマークがついていて、みんなバシバシ踏んでいるのです!
な~んだ~と思って帰ってきた次第です。
Commented by june_h at 2010-03-30 19:55
わーい白熊!
でも私、一人で食べきれないんですよね・・・・・。
Commented by oomimi_usako at 2010-03-30 21:44
☆juneさま、しろくまお好き?
これはね、500円のミニサイズの方です♪
普通サイズは、750円(だったかしら?)で、確かに大きいので、今の時期私も一人ではちょっと厳しいです。
でも天文館では、レギュラーサイズクリアしましたよ、なんとか、ねっ!(ほんとよ)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2010-03-28 20:00 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(14)