K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2006年3月18日 土佐ぶろぐ 其の壱

『皆もすなる ブログといふものを 私もしてみむとて するなり』

“土佐日記”は、延長8年(930年)土佐守に任じられた紀貫之が4年間の任期を終えて、現在の高知県南国市から約2ヶ月かけて帰京する間の出来事を記したもの。記述のきっかけとなったのは、愛娘が任地で亡くなり一緒に帰京出来なくなったことからだと言われています。
状況は全く異なる旅ながら、私も南国高知を旅してきました。
高知は広いので、今回は土佐日記に描かれたのと同じ高知県の県央から海沿いに室戸岬までの県東部を3泊4日で訪ねることにしました。
見どころも多く、食べ物も美味しく、そして日本酒も大変美味しい高知をしっかりと堪能するのが目標です!

一日目。

東京は快晴。JAL機にて羽田を飛び立ってから、未だ雪を戴いて白く流麗な富士山やキラキラ光る相模湾を眺めながら一路高知へ。西から低気圧が近付いていたので、中央アルプスが見えた後はひたすら雲の上で、次に地上が見えた時には、細かい雨滴が飛行機の窓を走る中、雨模様の高知龍馬空港へ着陸しました。
この後、夜まで降ったりやんだりのあいにくのお天気でしたので、雨でも支障のないところを見てまわりました。

この日訪ねた処は>>>
高知県立歴史民族資料館
敷地内に群生する水仙からはほのかな芳香が漂っていた。桜花は一分咲き程度。
この資料館は戦国時代に長宗我部氏が築いた岡豊(おこう)城址に建てられているのだが、そこは高知市中心部はりまや橋界隈から、一時間に一本弱というバスに30分程揺られてようやっと辿り着く場所。それでも原始から現在までの高知の歴史を年代順に観ることが出来るのでとても勉強になる。坂本龍馬やかつおのたたきやよさこい祭りだけが高知じゃないということを旅の始めに知るのも大切なことだ。
◎大川筋武家屋敷資料館
f0039281_2050728.jpg山内一豊に従って土佐に入った家禄250石の手嶋家の、幕末の頃の武家屋敷を修繕して保存してある。
城下町の面影が色濃く残って風情があった。
横山隆一記念まんが館
高知出身の『フクちゃん』作者横山隆一氏の活躍を顕彰するために作られた。
横山氏の作品はもちろんのこと、鎌倉のアトリエを再現したセットや、種々様々な(etcコースター、鉄道模型、その他変わったもの多数)コレクションの展示などを見ることができる。ここに行くと、高知出身の漫画家が意外にとても多いことがわかる。

この日食べたものは>>>
◎一豊(かずとよ)寿司とサバの姿寿司
f0039281_2048749.jpg

帯屋町の“土佐藩 高知本店”にて。前者はここのオリジナルでかつおのたたきにニンニクスライスを挟んだ押し寿司。後者は文字通りサバ丸ごと一本を使ったお寿司。頭にもシッポにも寿司飯が挟んであって豪快!どちらも美味だった。
f0039281_20472439.jpg

◎どろめ
マイワシやウルメイワシの稚魚を生で、ポン酢醤油・もみじおろし・小口切りの小ねぎをたっぷりあわせていただく。



◎かつおのたたき
高知に来たならこれを食べなきゃ!
東京では千葉勝浦に揚がるかつおが多く出回っている気がするが、暖流のルートを考えると美味しいかつおはもしかして高知で先に釣られている??
こちらもポン酢醤油だが、わかめや、ニンニクとたまねぎときゅうりのスライスを合わせていただく。

◎酒盗
御存知!酒の肴。日本酒飲むなら欠かせない!
第12代山内豊資公(←お酒好き)の命名と言われる。

◎ニナ貝
サザエが小さくなったような巻貝の中身を、竹串2本をお箸のように扱って上手に抜き出しながらいただく。煮汁も美味。

◎ヒオウギ貝
帆立とよく似た二枚貝だが、その名のとおり、貝殻の鮮やかなこと!
オレンジ色をしている。
f0039281_2049249.jpg


この日飲んだ日本酒は>>>
高知は美味しい日本酒がたくさん頂ける。
瀧嵐上撰(高知酒造)
旨みあり
桂月金盃(土佐酒造)
甘味があって美味しい
無手無冠純米生原酒(無手無冠)
旨みがあるが後味にキツさを少々感じる
船中八策(司牡丹酒造)
少し辛口
…などに挑戦。お肴が美味しいせいか、いくらでも…。
そうそう、お店に入ると周囲のテーブルで、フツーのお嬢さんの二人連れやグループが、フツーに日本酒500ml入りの瓶を頼んで、フツーに盃を酌み交わしながら、フツーにおしゃべりしつつお食事を楽しんでいるのには驚いた。全然顔に出ていない!更にフツーに二本目三本目を頼んだりしている。“ここはアフタヌーンティのティールーム?”と間違いそうになる雰囲気。(←ちょっと大袈裟?)土佐の人はお酒に強いというのは本当だと思う。

この日の備忘録>>>
高知は公共交通が意外に不便なところなので、抜かりない事前の時刻チェックとプラン作成が必須となる。とはいえ、この後の3日間でも、ついつい予定時間を過ぎてしまい、幾度ハラハラドキドキしたことか。時には次発の時間を見て卒倒しそうになったことも…。

…旅は2日目に続きます
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/1377117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2006-03-19 20:46 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(0)