2010年5月 今月の歌舞伎話は大手町座 ー歌舞伎座再開場まであと35ヶ月

*****はじめに*****
タイトルのカウントダウンは、歌舞伎好きのusakoが独自に行うものであり、
歌舞伎座とは全く関係はありません。
現時点では、2013年春再開場とリリースされておりますので、
一応2013年4月と過程してカウントダウンしています。
再開場日程には、途中変更もあるかもしれませんが、
まあ、そのときはそのとき、ということで。
**************


大騒ぎのうちに幕を閉じた歌舞伎座。
ちょっとお耳も垂れましたが、終わっちゃったものは仕方がないっ!
今月から、
歌舞伎に関する活動(?)結果を“今月の歌舞伎話”として、書き留めてゆくことにいたしました。
見たもの、聞いたもの、読んだものなどの覚書のつもりで。
どうぞまた引き続き、usakoのカブキカブレ ←美味しそうなお料理の名前みたい にお付き合いいただければ嬉しゅうございます。
f0039281_2213556.jpg

多くの皆さまが、演舞場にお出掛けになるのを横目で拝見しつつも、頑なに行かない私。
なぜなら、海○蔵丈が頗る苦手ゆえ。(お父上は大好きなのですが)
そのかわり、とても楽しみにしていた舞台を観て来ました。
第三回大手町座 “歌舞伎囃子 音と舞踊の魅力”。
普段私たちが見ることが出来ない、舞台下手黒御簾の内側をご披露していただき、さらに、羅生門に関する舞踊2題を市川亀治郎丈片岡愛之助さまで拝見してきました。

開演前、幕の上がった舞台中央に、大太鼓が据えられています。
まず第一部は、歌舞伎囃子方田中流十三世家元・田中傳左衛門氏(田中家次男)が、この大太鼓で、歌舞伎芝居の一番太鼓を打ち鳴らしてくれるところから始まります。
続いて、田中家三男の田中傳次郎氏も加わって(能楽囃子方であるご長男亀井広忠氏も飛び入りでご挨拶)、ご兄弟によるトークを交えながら、大太鼓を使った音の演出法の紹介
さらに他のお囃子方も加わって、歌舞伎のお芝居上の様々なシーンを、黒御簾音楽で表現しつつ聞かせてくれました。
下座音楽についての説明は、国立劇場主催のお馴染み歌舞伎鑑賞教室で何度か拝見しているものと同じよう。
それより少しレベルは高くしてくれていましたが、“平均年齢かなり高め&いかにも歌舞伎通の集団”といった感じの客席に対しては、“音で表現する歌舞伎のシーン”にもっと重点を置けば良かったのではないかしら、と思いました。
でも、目を閉じれば、
浮かぶは歌舞伎のあのシーン、このシーン。
うら若き頃(!)、TVの劇場中継をカセットテープに録音して、楽しんでいたせいか(そういう時代だったのっ)、
とても耳慣れた音、音、音にすっかり嬉しくなり
“私の好きなのは、もしかして下座音楽?”
とも思えてしまうのでした。
f0039281_2211692.jpg

第二部は、能楽「羅生門」をベースに生まれた長唄「羅生門」と、歌舞伎「潤清和源氏」から生まれた長唄「綱館」を続けて上演。
いずれも三世杵屋勘五郎の作です。
囃子方には、田中佐太郎さん(=亀井広忠氏・田中傳左衛門氏・田中傳次郎氏のお母様)も参加されての競演を楽しむことが出来ました。
舞う、市川亀治郎丈片岡愛之助さまも、素踊り。

舞台は装飾が何一つなく・・・、
舞い手はお衣装も化粧もなく・・・、
おなじみの歌舞伎の舞台とは、全く異なる状況です。

ところが、そこに、笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線そして唄という音が揃うと、
たちまちその空間には、
ー羅生門の薄暗い屋根裏や、
ー渡辺綱の屋敷の門構えや、
ー正体を現した羅生門の鬼を取り巻く妖気までもが、
幻のように浮かび上がり、
観ている私を、その世界へと引き込んで行くのでした。

あ~面白かった!
まだまだ、歌舞伎の奥深し。
まだまだ、学ぶべきことは沢山ある、
と、意欲に燃えるusakoでした。

usako補足>三響会(亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎)に関するHPはこちら

ご訪問くださったおしるしに、クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
ありがとうございます、お手間をお掛けいたしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-05-31 21:54 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/13864973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jakky123 at 2010-06-02 05:00
海老さん苦手だったのですね。。。(^^;
そうか。。ナットク

カウントダウン面白い!
奥の深いusako歌舞伎考 期待してます♪
Commented by sanpomichikara at 2010-06-02 18:38
(私も同じく)
海老さま苦手だったのですね。。。
たしか愛之助さまがお好きでいらした?

気の早い私の友人は杮落しを予約しなきゃって言っています。
それまで、usakoさまのカウントダウンと“今月の歌舞伎話”を楽しませていただきます。
Commented by june_h at 2010-06-02 18:58
歌舞伎座改築で、usakoさま歌舞伎の話題も減ってしまうのかしら・・・・・と思っていましたが、早速始まった「カウントダウン」、楽しみにしていますわ♪
私は、まだ歌舞伎歴が浅いので、下座音楽は、全部同じに聞こえてしまいます(^^;あと何年観劇したら、下座音楽だけで場面が目に浮かんでくるようになるのでしょうか・・・・・。
海老様苦手だったんですね・・・・・まあ、かの御方に関しては、賛否両論あるのだと、お噂でかねがね(^^;;;
Commented by happypeas3 at 2010-06-02 21:43
ううん、何て渋いっ!!まるで陰翳礼賛の世界(うっとり)。キンキンギラギラだけが歌舞伎じゃない、ってもっとこういう会を広めていかれたらいいのに~・・・でも、なかなか経営上難しいんでしょうね。亀次郎さんは幅の広い、楽しみな役者さんですよね。素顔だとイメージできないくらい女形もお綺麗だし。
私もね~海老さん全然興味なくって!(去年の7/11の記事をご覧くださいな♪)彼を見たの、今回でやっと2回目なのです!(苦笑)いや、でもね、何だか以前とは雰囲気が変わっているのは確かですよ。いつか気が向かれたら、一度観てあげてください(笑)私もお父様は大~好き!なんですよね。(昔の「12代目団十郎への道」みたいなドキュメンタリーもDVDで所有してますよん)こういうの、レトロ喫茶で語りたーい(笑)
Commented by oomimi_usako at 2010-06-02 22:38
☆jakkyさま、そうなんですぅ~
ごめんなさい;;jakkyさまの海老様なのに。。。
私、歌舞伎を良く見る割に、苦手な歌舞伎役者さんが多いんですよ。
好みは、ヤサオトコ風であります。
お顔だけでなく、お姿も綺麗でないとダメなので、あの方やその方(どの方?)もちょっと引き気味になります。
Commented by oomimi_usako at 2010-06-02 22:39
☆Yoshimiさま、そうなんですぅ~、too !
ごめんなさい、Yoshimiさまの海老様・・・じゃないけれど(^^)v
はい、愛之助さまは大好きでございますよ。
それからそれから、玉三郎さま、錦之助さま、三津五郎さま、菊之助さま・・・
おじさま世代では、團十郎さま、菊五郎さま、仁左衛門さま・・・。
観劇の感想をブログでお披露目するときに、丈ではなく、さまと書いてあったら・・・ファンです♪
杮落としのご予約・・・うわ~お友達気合が入っておられますね♪これまた凄いことになりそうですよね。
お芝居よりもまずは、新装した劇場のバックステージツアーがしてみたいなあと思います。
Commented by oomimi_usako at 2010-06-02 22:40
☆juneさま、そこのところは、抜かりございません♪
あれこれ書かせていただきながら、楽しみに開場を待ちたいと思っています。
引き続きお付き合いくださいませ。

下座音楽は、それだけ聞いていてもなかなか面白いものです。
舞台上の役者さんとの微妙な合わせ加減みたいなものも感じられて、あれ?今日は息があってないじゃん?なんて思ったり。
どうしても“観て”しまう歌舞伎ですけれど、あえて“聴く”だけということをしてみるとまた、別の趣が感じられて楽しいものです(^^)v
Commented by oomimi_usako at 2010-06-02 22:47
☆happypeasさま、亀井広忠さん田中傳左衛門さん傳次郎さん三兄弟が、三響会というコラボレーションをなさっておられて、時々公演されてます。
本文中にURLを加えて置きましたので、もし宜しければご参照なさってみてくださいね。
happypeasさまも、ごめんなさい組ですね、記事拝見しましたよ。
私も一応、歌舞伎座で“もれなくついてくる”時だけご挨拶程度(??)に観ています。
これから三年間は、かなり自分好みのお芝居見物に偏りそうですので、もしかしたらしばらく観ないかも。
お父様には、お目にかかったこともあり、やっぱり好きだわぁ♪(2007年6月29日の記事ご参照くださいね)
いずれオフ会は、浅草のレトロカフェ(アンヂェラス?)&ミニチュア屋さんということで♪
Commented by soleil at 2010-06-05 18:58 x
苦手だったんですね?っと、話題に上らないので、何となく分かっていたような気もしますが(^^;
私は、かなり楽しみな役者さんとして観ています♪
でも、演舞場は・・・ちょっと迷ったけど、行きませんでした。

ナンか、今、宴の後って感じです。
色々と、物足りない感じと言いますか・・・
Commented by oomimi_usako at 2010-06-06 00:05
☆soleilさま、バレてました?
なんだか波長が合わないの、彼とは・・・。(?)
お顔立ちは、市川家に相応しいし、貰うお嫁ちゃまもお目が大きいので、良かった~!なんて思ってはおりますけれど、個人的趣向からいうと、苦手ということになります、はい。

宴のあと、ね。
なんだか解るわ。
満開の桜が散ったあとみたいな・・・。
恋が終わったような・・・(??)。
お願い、少しの間そっとしておいて、みたいな感じね。
可能ならば、大阪の方に行きたかった私と、もしや同じ心境でおいでかも?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ