K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2010年7月 日本酒を楽しむ食卓ー土佐のお酒ー

大河ドラマ龍馬伝は、いよいよ来週からシーズン3へと進んでまいります。
区切りの良いところで・・・(?)
我が家の食卓にも、極上の土佐の日本酒に御登場願いました。
f0039281_951954.jpg

純米吟醸 吟麓(ぎんろく) 土佐市 亀泉酒造 
お水も、酵母(CEL-19)も、そしてもちろん酒米(吟の夢)も、土佐のものを使用して醸したこのお酒は、まさしく、生粋の土佐ん酒ぜよっ!といったところ。土佐らしく、ちょっとハードなお味の日本酒です。
でも、グラスをお口に運ぶ前に、3秒ほどお鼻の前で止めてみると・・・
嬉しくなるほどの華やかな香りが楽しめます。
f0039281_9512472.jpg

醸造元の亀泉酒造にある場所には、昔から旱魃の時にも枯れない湧き水が採水出来たそうで、なんでもそれで亀泉という名をつけたとか。




お供には、やはりかつおの土佐造り
土佐旅行で学習した“造り”方が、いまではわが家の定番です。
きゅうり、みょうが、おかひじき、玉ねぎ、わけぎ、わかめを、かつおと一緒にてんこ盛りにして
たっぷりの柑橘類(今回は同じ四国は徳島産のすだち)の絞り汁を合わせたお醤油に、おろししょうがもたっぷり添えていただきます。
土佐の鰹は、東京では殆どお店に出ませんので、近場で揚がったかつおの、生サクを入手。
表面を強火でグリルして、仕立てたものでいただきました。
f0039281_9515065.jpg

これに、鰹の酒盗を用意したら、
あれよあれよという間に、お酒もお肴もすすんでしまい、
折りしも外を吹く強い風に
桂浜の波音が、一緒に聞こえるようでした。

Special thanks to Ms NK !!

usako補足>記事中にリンクしている亀泉酒造さんのHPを眺めていて気が付きました。
先日の日本酒フェアの高知県ブースで、とってもハイテンションで私に亀泉をお注ぎくださった方のお顔が載っていました。
それは、こちら亀泉社長の西原さんとおっしゃるかたでした。
社長さま御自らお注ぎ頂いたお酒が美味しいのは、もちろんですが・・・
なんとも明るく楽しい方でしたので、きっと蔵の酵母も元気で美味しいお酒が出来るのね・・・と、妙なところに納得したusakoでした。

お立ち寄りいただきましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
お手間をおかけいたしました。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/14172256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chojiiro at 2010-07-12 21:05
こんばんは。
実は私もあれからうろうろと遊びにきていましたよ。

土佐の純米吟醸といい、かつおの土佐作りといい、
>あれよあれよという間に、お酒もお肴もすすんでしまい
まさにまさに、すすむこと間違いなしですね。
素材といい、添えたお野菜といい、手をのばして、いただきたくなるくらいです。
郷土料理にはその地のお酒が最高に合うのでしょうね!


Commented at 2010-07-12 21:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coed at 2010-07-12 23:28
あ~ぁ、いつか暖簾をくぐりたい、割烹usako・・・。
Commented by peko-nanamama at 2010-07-13 08:31
おお いいですねえ
私も今日は冷しておこう♪←朝から呑むこと考えてる^^;
Commented by ぷう at 2010-07-13 16:33 x
こんにちは。
冷酒が殊のほか美味しく感じられそうな今日この頃。
私も冷やしておこうかな~♪・・・あっ、いまからでは、遅いでしょうか??
↓お教室も綺麗なビタミンカラーで素敵ですね。
そのうちぜひ私も伺わせてくださいまし!!
Commented by oomimi_usako at 2010-07-13 21:00
☆chojiiroさま、コメントありがとうございます。
いらして頂いていたなんて、本当にとても嬉しいです。
重ねて御礼申し上げます。
ご覧になってお分かりいただけます通り、日本酒には、目がございません~♪
昨年からは、飲めなかった焼酎もクリアして、なんでもござれ状態となりました。
おウチで頂く場合には、お料理とお酒の出身地を出来るだけあわせるようにして楽しんでおります。
お酒の方はいかがでいらっしゃいますか??
またお目にかかりましたときには、そんな方面(!?)のお話もさせてくださいね!
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by oomimi_usako at 2010-07-13 21:00
☆7-12 21:15の鍵さま、お許しいただきありがとうございます。
近日中に、上手に実行に移します!
まあ、いろいろな考え方がありますものね。
私も当初は、それに近かったのですが、一枚壁を壊してみたら(というより壊してくださった方がありました)結局は自分の“見る目”なのではないかと思えるようにもなりました。
こちらこそ、お願いしても、引き続きお世話になりたいですわん♪♪
Commented by oomimi_usako at 2010-07-13 21:08
☆coedさま、へぃ、いらっしゃい!
Commented by oomimi_usako at 2010-07-13 21:08
☆nanamamaさま~朝からなんて、手ぬるい!手ぬるい!!
鹿児島の人々の正しい焼酎の飲み方は、
前日の晩酌終了後、空いた黒じょかに、翌晩用の焼酎をお水で割って仕込んでおく。
・・・だそうです。
日本酒にも、前の晩からの“仕込み”は不要ですが、
“意気込み”は、必要です♪♪
Commented by oomimi_usako at 2010-07-13 21:11
☆ぷうさま、日本酒は、お酒の種類によっても違いますが、1時間もあれば良い温度にすることは可能です。
でも、意気込みはやはりもっと早くからお願いいたします♪
まあ、ぷうさまにいらしていただけるなんて!
とても嬉しいことですが、こちらの方がキンチョーしてしまいそうです!!
Commented by jakky123 at 2010-07-14 06:16
土佐のお酒は未踏です。
+5 があるんですね。今度味見してみよっ♪
Commented by oomimi_usako at 2010-07-14 08:49 x
☆jakkyさま、え~!!未踏のお酒がお有りでしたなんて~(^m^)
日本酒好きにとって、土佐のお酒の濃い旨みは格別でございます。是非是非、お味見とおっしゃらずに、ぐぐ~っとお召し上がり下さい。
Commented by minako-catlogy at 2010-07-15 11:04 x
usakoさん、お久しぶりです!
コメントなどもいつもありがとうございます。
実は一年ぶりに風邪をひき、二週間ほど禁酒しました。
これは自分の人生でもかなりの記録だと思います!?
そのせいか、以前より酔いが早くなったような…。(人並みになったともいう)

記事も5月末分ぐらいからじっくり読ませていただきました。
利き酒会も行かれたんですね~♪取材されませんでしたか?
夏場は酒器もきりっと冷やして冷たいお酒を頂くと至福ですよね。
今夜は黒猫を侍らせて晩酌はやはり日本酒かなぁ~。
Commented by oomimi_usako at 2010-07-15 18:45
☆minakoさま、どういたしまして、それより、もう大丈夫ですか?
私の周りにもお風邪の方がとても多いのです。
そういう気候だったのでしょうか、夏風邪は治りにくいといいますので、どうぞ油断なさらずお大切になさってね。
二週間の禁酒が記録とは!minakoさま、すごいわ~。
やっぱり、私の百倍の酒豪ちゃんだわ~。
次回飲み会からは“師匠”と呼ばせていただきます。
美味しい御酒情報も、どうぞご伝授くださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2010-07-12 09:45 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(14)