K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2010年9月14日 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと31ヶ月!ー

三島由紀夫の歌舞伎戯曲に、鰯売恋曳網(いわしうりこいのひきあみ)という作品があります。
坂東玉三郎さまと中村勘三郎丈のコンビでかかるのが、歌舞伎座ではお馴染み。
それなので、ご覧になった方もあると思います。
これを人形浄瑠璃に脚色して(曲は豊竹咲大夫と鶴澤燕三が作曲、人形の振り付けは藤間勘十郎)、いま国立劇場小劇場で上演されていますので、良い機会なので見に行きました。
といいますのも実は私、人形浄瑠璃(文楽)は今までホンの数回しか観たことがありません。
前回というのは同じく国立劇場小劇場でしたが、十数年前!
それゆえ今回は初心者の気持ちで見てまいりました。
f0039281_22461529.jpg

いまどきの文楽劇場は、字幕が出るんですね、なんて親切なの!(遅い?)
場所が微妙なので、ずっと見ていられるわけではないですが、“ん?いま何て語ったの?”と思ったときに、サッと確認できるのはなかなか便利だと思いました。

劇場には、歌舞伎よりも、客層も客質も落ち着いた雰囲気がありました。
また劇場の大きさは、もちろん人形に合わせてあるわけですが、その結果のこじんまり感と、大夫や三味線との距離感がとても心地よいものでもありました。
人形の細やかな動きは、役者のそれに全く劣らず、歌舞伎の舞台を楽しむのと同じように楽しめました。
人形浄瑠璃もとても面白いと思いました。
歌舞伎に惹かれたのと同じように、このままちょっとハマる方向に進んで行きそうです。
どうして好きなのか?
何が好きなのか?
歌舞伎との違いは何なのか?
そんなことを考えつつ、舞台に魅入っていました。
f0039281_22463136.jpg

一つだけ思ったことが有ります。
それは、この舞台から感じられる心地よさのわけ。
スターがいないのです。
というよりも、スターが必要ない舞台なのです。
その結果、私を見て!という強力なオーラ(これ苦手)がなく、逆に、大夫も三味線も人形遣いもそして、人形も、下座音楽の人たちも、とにかくすべてが一つの方向に向かって動いているために、バランスが良く、見ていると気持ちが平らかになるのだと、私には思われたのでした。

パンフレットには、なんと床本がついていました。
これを読み返しながら、舞台の余韻に浸りたいと思います。

usakoメモ>上演内容
良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)
 志賀の里の段
 桜宮物狂いの段
 東大寺の段
 二月堂の段
鰯売恋曳網(いわしうりこいのひきあみ)
 五条橋の段
 五条東洞院の段
 三島由紀夫=作、織田紘二=脚色・演出、豊竹咲大夫・鶴澤燕三=作曲、藤間勘十郎=振付   
(主な出演)
 竹本住大夫、竹本綱大夫、鶴澤寛治、鶴澤清治、吉田簑助、吉田文雀

毎日更新頑張っております。
今日も、食べられるもののお話ではありませんが、励ましのクリックを、おひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/14598451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soleil at 2010-09-15 07:45 x
私も文楽は2回?1回?くらいです。そっちまで手が回らないというのが、実際のところで。
でも侮って行くと、意外と楽しいので驚きですよね^^

私は時に役者さんの「どうだ、うまいだろう」オーラが苦手です(笑)
Commented by suzu-kinako at 2010-09-15 20:44
usakoさんの御趣味の幅の広さにいつも感心しております。
毎日の更新、立派です!
私は複雑事情の真っ最中で、無理しない更新に切り替えました。
食わず嫌い・・・のような物で一度人形浄瑠璃も鑑賞して見るのも良いかもしれませんね。ただし、眠くならなければ・・・
Commented by oomimi_usako at 2010-09-15 22:52 x
☆soleilさまもなの?
それどころではないというのは、よ~くわかります。
それゆえ私も、歌舞伎座の閉まっている間に、他のものをいろいろ体験しようと思いましてね。
>役者さんの「どうだ、うまいだろう」オーラが苦手・・・
きゃ~嬉しい♪同感同感!
ついこの間、勘☆郎が某TV番組で、“お客さんには、歌舞伎じゃなくて、オレを見て欲しいわけ”と口走ったのを聞いて、やっぱり・・・と思いました。
だから私、彼が苦手なのよね。
あと、海☆蔵も、同じオーラを感じるので、だめなの。
Commented by oomimi_usako at 2010-09-15 22:52 x
☆きなこの母さま、いや~お恥ずかしい・・・。
あっちこっちに広く、でも浅くなので、もっと掘り下げないといけないと思うのですが、なかなか・・・。
でも人形浄瑠璃は、お人形をみているだけでも面白いので、一度ご覧になってはいかがでしょ♪
ちなみに、今回、私、寝ました・・・ほんのちょっとだけ(^^;;)
次回からは、気をつけようと誓いましたが。
更新は、なんとかやっております。
Commented by june_h at 2010-09-20 21:00
私も国立劇場で文楽を見たことがあるのですが、イヤホンガイドも借りたので、字幕見て、舞台見て、イヤホンガイド聞いて・・・・・とやっていると、集中できないわ疲れるわで、消耗してしまいました(^^;
今度見るときは、字幕とイヤホンガイドは、どっちかにすべきかなと思っております。
Commented by oomimi_usako at 2010-09-21 14:53 x
☆juneさま、あの字幕、ちょっと場所が悪いですよね。
常用と言うよりは、ちょっと見用という感じがします。
床本を斜め読みしておく方が、もしかすると、いいかもです。
イヤホンガイドも今回、初心者気分で借りようかと思いましたが、やっぱり思いとどまりました。
実は私、イヤホンガイド苦手!
“わが道驀進派”だからでしょうか、あちらのタイミングで耳元でしゃべられるのが、好きじゃないんです(^^;)
それによって、落としてしまう、ブラスアルファの知識もあるとは思うのですけれどね。
いずれにせよ、なんにも無しで、しっかり楽しめるくらいの知識を身につけたいなあと思います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2010-09-14 22:42 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)