2010年10月 たまに失敗もございまして。

初トライのお料理を作るきっかけは、たいてい、美味しそうな映像や画像をみて、食べてみたいと思うことから。
そのため、レシピがないことのほうが絶対的に多くなります。
そういうときには、
 まず、じっくり見る
 次に、味を想像する
 最後に、作り方をシュミレーションする
の三本立てで頭の中でお料理を作ってみて、よしっと思ったら取り掛かる。
そんな風にして、お口に運べるものを作ります。

滅多に失敗はありません。(これ、プチ自慢
それは、シュミレーションの過程で、“こうしたらダメだ”という想像もつくからです。
でも、今回は、やってしまいました。
f0039281_22383651.jpg

あの方のブログで拝見したのは、ソテーものの食感をよりカリカリにするために“少量”お使いになったと言うクスクス。
それはなかなか面白そう。
多めに作った、鮭とホタテのクリーム煮に同量の蒸かしジャガイモをマッシュして合わせたものをコロッケにしたついでに、懸案の“クスクスまぶし”も作製しました。
食感に関して一抹の不安はあったのですが、予感的中、これではクスクスの付け過ぎです。
美味しかったけれど、あごが疲れました。

失敗でないものも、お口直し・・・いえ、お目直し?にお一つどうぞ。
休日のお夕食は、“簡単だけどボリュームがあり見栄えのするもの”を作るようにしています。
綺麗なイトヨリに出会いました。
f0039281_22385616.jpg

尾びれの先も綺麗です。
f0039281_22391059.jpg

シンクも、自分自身も、キラキラのウロコにまみれながら下処理をしたら、殻付き海老と一緒に香草を加え、オイルを振り掛けてオーブン焼きにしました。
f0039281_2239284.jpg

野田琺瑯の大きい白いパッドは、食材を仕込んだらそのままオーブンに入れて。
焼き上がったら、またそのまま食卓に乗せても、夫婦二人の食卓なら全然へっちゃらです。
白ワイン片手に、ゆるゆると骨をとりながら身をつつく。
“あれ?髪の毛にうろこついてるよ”
とか言われながら。
秋の夜長のビストロusako(?)の風景です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-10-11 22:36 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/14771148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coed at 2010-10-11 22:49
まあ、サルも木から落ちる?ですか??
っといっても、クスクス沢山のコロッケ、きっと私は大好きです♥あごが疲れるくらいの固い物、大好き人ですから、どうぞ、いつでも、お呼び下さいな♪(お顔付きのイトヨリ君は、ちょっと無理かも・・・)

↓頑張れ~っ!!!といいつつ、私も近づいて見ちゃおう!
フムフム、自分が気に入らないとどうしても嫌なのよねぇ、こういうのは・・・。思う存分、やり直してください!
Commented by doremi730 at 2010-10-12 03:50
おお!私もやってみようと思っていたので、こういう体験談は貴重です♪
つけすぎに注意!とメモメモ・・・
中がクリームコロッケより、魚とかしっかりした食感にした方がベターね。
usakoさん、失敗レポートありがとう(^^)V
Commented by suzu-kinako at 2010-10-12 15:36
あちらのmamaさんのブログの時にクスクス笑ったんだけど、
こちらでもクスクス笑ってますよ。
usagiも木から落ちる事?あるのね。
イトヨリ美味しそうね。
Commented by yukkolin at 2010-10-12 19:43
usakoさん、私もコロッケを作ったの!ごくごく普通のですが・・・
次にupしようと思っていました^^
クスクス美味しそうですよ。
私も今度やってみよう!
イトヨリって綺麗なお魚ですね~尾びれがすてき。
白ワイン片手に、髪についているうろこを殿が取ってくださったの?
浮かんできましたよ~ビストロusakoの風景が・・・(*^^)v
Commented by oomimi_usako at 2010-10-12 22:05
☆coedさま、サル?よりは、弘法・・・いえここはお台所仕事のことなので、上手の手から水が漏れる・・・ってことでお願いします。
イトヨリ君の写真掲載については、coedさまのために、moreを使おうかとも考えました。
でも慣れていただかないとねっ!と思いましたもので。
愛の鞭ざんす(?)。
そして、刺繍の応援ありがとうございます。
おっしゃるとおり。
これで良しとするかしないかの基準は正しく本人にあり。
私は、それほど根気がございません。
Commented by oomimi_usako at 2010-10-12 22:06
☆doremiさま、たっぷりつけたかったので、こうなってしまいました。
二つだけクスクスにして、あとは普通のパン粉にしておいて良かった。
次回は食べられる状態にしたクスクスをくっつけてみようと思いました。
Commented by oomimi_usako at 2010-10-12 22:06
☆きなこの母さま、クスクスクスクスたくさん笑ってくださいね。
笑う角には福来る。笑う口にも福来る・・・かな?
このイトヨリ、身もジューシーで程よい脂のノリ加減がとても美味でした。
Commented by oomimi_usako at 2010-10-12 22:11
☆yukkolinさま、クスクスでなさる時には、本当にホンのちょっとで、どうぞ。
イトヨリ一尾をスーパーで売っているって、ちょっと珍しくて、思わず買ってしまいました。
今、旬なのかな?と思う位、美味しくジューシーな白身でした。
で、ですね、
我が家は、“あ~んのお宅”(また出た!)とは違いますゆえ、殿から指摘を受けた後は、ブルブルッとするか洗面所に走るかして自分でナントカするusakoなのですよ。
Commented by peko-nanamama at 2010-10-12 23:00
あら おいしそうですけれどね
私がお店で食べたものにはお魚の皮にびっしりとクスクスがついていました
あれは軽く戻してあったのかしら
お湯に浸したクスクスでも揚げればかりっとなるのかもしれませんね
でも何事も「やってみる」 失敗は成功のもとですから(^.^)
Commented by sanpomichikara at 2010-10-13 16:37
“あれ?髪の毛にうろこついてるよ”
の後は、お口に「あ~ん」ですか?
Commented by mituamikko at 2010-10-13 21:49
ビストロusakoも、お呼ばれしてほしいです♪
あっ、でも。。。
>“あれ?髪の毛にうろこついてるよ”
このムードに、私、邪魔かしら^^
Commented by oomimi_usako at 2010-10-14 01:13
☆nanamamaさま、あっみつかっちゃった。
いつもたくさんのヒントをいただき、ありがとうございます。
オーブン焼きにしたのがいけなかったかも?とも思うのですが。
まあ、試すこともこれまた楽し。
。。。
ということで、まだクスクスは充分あるので、いろいろ試してみようと思います。
Commented by oomimi_usako at 2010-10-14 01:13
☆Yoshimiさま、それはY大お姉さまのおうちの専売特許っ♪
Commented by oomimi_usako at 2010-10-14 01:15
☆mituamikkoさま、ぜんぜ~んそんなことありません。
もう大歓迎です。
右から左からお酌させていただきますわよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索