K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2010年10月 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと30ヶ月ー

 1993年10月 芸術祭十月大歌舞伎 昼の部 (於:歌舞伎座) 
一幕目 関取千両幟
 澤村宗十郎 岩井半四郎 片岡我當
二幕目 三国伝来玄象譚(夢枕獏氏作)
 坂東玉三郎 中村勘九郎(現勘三郎) 坂東弥十郎 
三幕目 人情噺文七元結
 坂東玉三郎 中村勘九郎 澤村藤十郎 中村浩太郎 松たか子 中村橋之助 
四幕目 鷺娘
 坂東玉三郎
f0039281_8331696.jpg

少年が大志を抱くなら、
少女よ、夢を抱け!
と、希望に燃える女子高生の歌舞伎観劇感想文は、先日お目に掛けました通りでございます。
しかし
直に、世の中の現実を知るようになれば、志も、夢も希望もどこへやら。
歌舞伎観劇感想文も、このように変化いたします。 

↓ ↓ ↓

やっぱり歌舞伎観劇というと、朝からワクワクします。
十月歌舞伎昼の部を見に行きました。
銀座ショッピングも計画していたので、おニューのお洋服を着て行きました。
観劇の前には、お昼のお弁当用に日乃出の隣にある懐石寿司の“伊まさと”で折詰を買いました。
これがとても美味しかったので、早速、お祖母ちゃまにも教えてあげるつもり。
f0039281_8341351.jpg

 ( ↑ 保存してある伊まさとのしおり)
さて、お芝居は四つの出し物。
どれも良かったです。
夢枕獏の舞踊劇も、玉三郎さん美しかったし、文七元結も、玉三郎さんの粋なおかみさんが綺麗。
幸四郎のお嬢さんの出来も上々。(*注:松たか子さんのことです。)
藤十郎の三枚目の演技も珍しくて良い。
勘九郎は世話物の汚い役をやらせると天下一品。
ちなみに、世話物の色男の似合うのは菊五郎。
時代物の色男(貴公子)は、やっぱり梅玉。
最後の鷺娘は、相変わらずお美しい玉様の魅力全開。
すっくと立った姿の美しさ。
番傘の陰からのぞく目線のはこび方。
鷺の羽ばたきの振りをする時の優しげな指先。
白い衣装も、赤のお着物も、ピンクの着物も、どれもその綺麗なお顔を充分に引き立てていました。
何度でも見たい!
やっぱりビデオを買おうっと。(*注:まだビデオの時代です)
ところで今日、斜め前の席に沢口靖子が座っていましてびっくり。
本当に綺麗です。
透き通るようなお肌も綺麗だし、TVで見るよりずっとほっそりしているし、まるでお人形のようでした。
さてお芝居のあとは銀ブラ・・・(以下省略)

・・・と、あとは銀座でのお買い物の様子が続きます。
玉三郎さまと・・・、
沢口靖子と・・・、
おべんとっのこと、しか把握できない、観劇記録でした。
もうちょっとマシな感想書けなかったのでしょうか?
こんな時期を経て、usakoの現在の、観劇の日々があるのでございます。

最近のusakoの観劇記録と読み比べていただき
“よくぞ、ここまで立ち直った!”
と、思ってくださった方、どうぞクリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
ありがとうございます~。
これからも真面目な観劇記録目指して頑張ります。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/14824086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by june_h at 2010-10-20 12:55
チラシを拝見すると、団十郎さんも玉サマも、お若いですね!この時代の玉三郎をご覧になっているなんて、本当にうらやましいことです♪
私も、何年後かに、今の自分のブログを見て、赤面しながらのたうちまわる自信があります(^^;
Commented by coed at 2010-10-20 22:03
いやいや、今の私の観劇日記そのものです(^3^)/
ってえことは、私ももう少し修行すれば、憧れのusakoさま観劇日記が書ける???
(でも、読むほうが好きなので、無駄な精進はやめときます!)
Commented by oomimi_usako at 2010-10-21 09:58 x
☆juneさま、こんなええ加減な観劇日記でも、なぜかいとしく大切に感じるのは、きっと歳のせいでしょうね・・・(しみじみ)。
もっと遡れますよ~♪歌舞伎座お休み中を良いことに、このさい、秘蔵のあれこれをおめにかけていきますわ。
ところで・・・團十郎さまは、ご出演ではなかったのですが、juneさまがみまごうたのは、いったいどなたかしら??
Commented by oomimi_usako at 2010-10-21 10:01 x
☆coedさま、えっそうなの?
ってことは、私より17歳も下?・・・ということではございませんよね。
年の功ではないはずですから。(絶対に違うわよねっ、ねっ)
Commented by soleil at 2010-10-22 00:38 x
>勘九郎は世話物の汚い役をやらせると天下一品。
ぷぷぷ。この1行に1票!!

團十郎さんと見間違えたのは、右から3番目の写真では・・・?
髪型が、そんな感じします。そして、運悪く?藤十郎さんの名前があった由・・・

松たか子の文七元結、私も見ています。これ、16歳のデビューのときですか・・・?何だか記憶が(^^;;
Commented by sanpomichikara at 2010-10-22 07:49
“よくぞ、ここまで立ち直った!”
パチパチ~♪
人情物の汚れ役が天下一品の勘三郎さまも勘九郎さまだったころですね。
usakoさまにとって待ち遠しい30か月ですね。
Commented by peko-nanamama at 2010-10-22 08:53
どちらも素晴らしい観劇日記です
ちょっとばかし生意気なことを書くのは中高生の特徴ですしそれがおもしろいんですよ
こちらの歌舞伎の記事はいつもフムフムとたのしく読ませていただいていますがコメントするのははじめてかも
だって何も知らなくてバカなこと書きそうで^^;
今回も「へ~松たか子だって 女の人が出ることあるんだ~」と思ったり
同じ曲を違うオケや指揮者で何度も聴くことがおもしろいように同じ演目を何度も観るということはとても面白いことなのでしょうね
Commented by oomimi_usako at 2010-10-22 18:35
☆soleilさま、ちょっと辛口(?)の発言になってしまうところは、師匠譲りなのでしょうか?
学科で年に一回発行されていた冊子に、歌舞伎への招待とかなんとかいうタイトルで寄稿したときに、仁左衛門さんのことを辛口で書いたら(悪口じゃないのよ)、すんごいファンの上級生方が怒っておいでだとの噂が流れてきました。
もちろん、知らん顔しておきました。
松たか子が舞台に上がったときには、たしか一騒ぎあったような記憶もありませんか??
私も定かではありませんけれど。
Commented by oomimi_usako at 2010-10-22 18:36
☆Yoshimi先生、お褒めいただきましてありがとうございます。
これからも、観劇と、その帰りの銀ブラは、ブログ記事を分けるようにしたいと思いますっ!(←そうするかっという感じですね、えへへ)

勘三郎さんをいまだに勘九郎と呼んでしまう私。
かつて、前の名前で役者さんを呼んでしまう祖母に、“だめねえ~襲名したのに”と言っていたはずが、いまや自分がそうなってしまいました。
幸い孫が居ないので、指摘を受けずに済んでいます(^^;)
Commented by oomimi_usako at 2010-10-22 18:36
☆nanamamaさま、歌舞伎記事へのお初コメント、ありがとうございます。
あーだ、こーだと、かつては(いまでも?)生意気の総本山のようでした。
そして、“アラ、恥ずかしい”とあとから気がつくんですよね~。
そう、この時の松たか子の出演は、なにか話題になったような記憶があります。
本当におっしゃるとおり、音楽でもお芝居でも、表現者が10人いれば、10通りの作品が楽しめますよね。
だから、ず~っと同じような演目がかかっても楽しんでみていられるのかもしれません。
nanamamaさまにも、もっと歌舞伎記事コメント入れていただきたいから、これからも頑張って書きまーす!
Commented by 2005-1127 at 2010-10-22 21:11
usakoさんは、多趣味で
日記を読むのが本当に楽しいです❤
歌舞伎は初心者の私に、色々教えてください~
Commented by oomimi_usako at 2010-10-23 12:28
☆モンスーンさま、ありがとうございます♪
お楽しみいただいているなんて、嬉しいメッセージ、ますます張り切っちゃいますよ~!!

歌舞伎は、私もまだまだ、まだまだお勉強中ですが、大好きな楽しみごと。
それゆえ、あーだこーだと書く記事で、これからもモンスーンさまもご一緒に歌舞伎をお楽しみいただけたら良いなあなんて思います。
以下舞台挨拶風に・・・
これからも宜しくご贔屓の程、御願いもうしたてまつりまするぅ~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2010-10-20 08:28 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(12)