花吹雪を浴びておうちに帰ろう

f0039281_17173176.jpg

うさこさん、お出掛け、お気をつけて。
あたくしは、ここでお花見しておりますわ。 by リヤドロ夫人(?)
                  
朝、出掛ける前の戸締り確認中の窓辺で
ちょっと面白い構図かもしれない、と思って、撮影。
f0039281_17174922.jpg

この小さな桜のブーケは、
週末の大風で千切れた、実家の桜の小枝を拾い集めて持ち帰り、
飾ってあるもの。 

静かなおウチの中で、
静かにリヤドロ夫人は、お花見を楽しまれたことでしょう。

一方、
予定外の撮影に時間を使い、
行きは、
駅までの道を、ちょっと早足で辿った私。

南の風にのって流れる、桜の花びらの中を歩きたくて
帰りは、
駅からの道を、大きな桜の木のあるポイントを廻って、ジグザグ戻りました。

   人恋し 灯ともし頃を 桜ちる (加舎白雄)
f0039281_1718572.jpg

おウチに帰ったら、
あら、
こちらでも花びらが散って・・・風もないのに。

今年の花吹雪には、
儚さと哀しさを想うのでなく
次への希望と、潔さを感じつつ、
桜の季節を見送りたいと、私は思います。

ところで・・・
再び大きい余震が頻繁に起きています。
“あれ?揺れている??”としきりに思われて
せっかく治った地震酔いが、ぶり返しそうではありませんか?
でも私、負けないわっ!(?)
こちらをみて気のせいでないことを確認して、自分を納得させています。
 → 日本気象協会HP 地震情報 

もうひとつこちらも、
お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-04-12 17:10 | 草花 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/15802484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xiangpian at 2011-04-12 17:29 x
ご実家でお花見が出来るなんて、素敵だわ~
うちの実家には、八重桜があるのですが、やっぱりあの儚い感じには程遠いのです。
リアドロ夫人、uwako家の夫人は、頬杖ついちゃって、アンニュイな表情していますね 笑
あ、何気にリアドロ人形の表情って、こういうの多いです。  
加島屋、しょうゆ漬けのイクラが好きすぎて、ヤバイです。 鮭フレークも、加島屋さんのは、ちょっと味が高級ですもんね~   
Commented by oomimi_usako at 2011-04-12 17:50
☆あらxiangpianさま、いまそちらへ伺っていましたの!
自分の実家の桜を褒めるのもなんでしょうけれど、でもこの時期は、なんと言われようとも(!)“うちの桜!”と騒ぎまくってしまいます。許してね・・・。
八重桜は、もう存在自体が華やかですものね。
儚さではちょっと負けるけれど、でも私は好きですよ!八重桜も♪
持っているリヤドロのなかでは、この夫人が一番大きいのです。地震で落ちないで本当に良かったと思っています。
で、加島屋さんのキングサーモンコロッケお薦めですv
Commented by coed at 2011-04-12 23:28
リヤドロ夫人、素敵だわ♥
お腰の曲げ具合なんかも、たまりません!
そのお色気で、桜も参ってしまった?
そうですね、桜が散っていくのも、来るべき季節への準備と思って見送ることにします。
Commented by yukkolin at 2011-04-13 00:42
あら、素敵!usakoさんかと思いましたわ~♪
“花吹雪を浴びておうちに帰ろう”・・・私も同じ^^
るんるん幸せ気分で歩いています♪

加島屋さんのキングサーモンコロッケ、おいしそうです!!
高級なコロッケという感じがしますね。
Commented by sanpomichikara at 2011-04-13 08:05
リヤドロ夫人はusakoさまがモデルですかぁ?
usakoさまも↑も↑も桜満開!
私は今、筆を相手にじっとこもっています。。。
Commented by モンスーン at 2011-04-13 19:15 x
満開の桜も散りゆく桜も、違った美しさがありますよね。
今年は、長く桜が咲いていて嬉しいです☆

私は、地震酔いが復活です(>_<)
Commented by oomimi_usako at 2011-04-13 21:57
☆coedさま、おほほ、ありがと by リヤドロ夫人。
リヤドロのお人形たちって独特のシナの作り方がありますよね。
まねしてみると、女性らしさが学べたりして♪
ただし!決してお店ではマネをしないでください。
Commented by oomimi_usako at 2011-04-13 21:59
☆yukkolinさま、リヤドロ夫人に見間違えていただくなんて・・・そのままそういうことになさっておいてください。
私は、もうお目にかかれません(^m^)
今日もとても良いお天気だったので、また一日、花吹雪と共に桜を愛でられましたね。
加島屋さんのキングサーモンコロッケ、いまちょうど日本橋三越で売っているという情報を入手しました!!
Commented by oomimi_usako at 2011-04-13 22:01
☆Yoshimiさままで、そんなことおっしゃってっ!
個展のお知らせ拝見しました。
書き下ろし?の新しいお作品も展示なさるのですね。
筆がサラサラと進んで、素敵なお作品がもっとたくさんになりますように。
Commented by oomimi_usako at 2011-04-13 22:02
☆モンスーンさま、今年は咲くまでに時間がかかりましたよね。
そして、もしかすると近年では一番皆が待ち望んだ桜だったかもしれませんね。
結局、咲いてからもお天気にも恵まれて長く楽しめたことは、自然からの恵みと思って感謝しつつ、しっかりたっぷり愛でてあげたいと思いました♪
地震酔いお大事になさってください。
気になさらないのが(=可能な限り)、一番かと思います。
Commented by ぷう at 2011-04-15 16:17 x
うさこさんこんにちは。
リヤドロ夫人と桜、綺麗ですね、
私もリヤドロ好きで、ちょっとずつ集めています。
大きいのはまだ手が出ないのですが、そのうち欲しいなあと思っています。
桜のことは、今年もいくつか書かれていますが、どれもうさこさんらしい感じで格調が高くて、楽しませていただきました。
特に、俳句をいくつかご紹介していただいたので、一生懸命覚えてみました。(知らないものばっかりでした)
来年は桜を見ながら、覚えた俳句を(覚えていられたら!ですが)ポロリと口に出せるとかっこいいなあと思っています。
Commented by oomimi_usako at 2011-04-16 11:00 x
☆ぷうさま、リヤドロに桜に・・・その他いろいろありがとうございます。
リヤドロは、こういう夫人ものも好きですが、子供や少女の方がより、しぐさや表情が愛らしくて好きです。
ぷうさまのお気に入りは?今度教えてくださいね。
私、お菓子を作ることも食べることも、お料理も、日本酒も、そうそう歌舞伎も好きですが、実は一番すきなのが文字や言葉にかかわること(読書とか文章を書いたりすること)・・・のような気がしています。
どうやらこのことが一番気持ちが落ち着くようなので、ここひと月ばかり、その方面に逃避(?)している時間が多くなりました。
むか~し、学校でも、そっち系を専門に勉強しましたからね、少しはいろいろ思い出さないと・・・v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ