北海道 六花亭マルセイバターサンドの由来

有名な、北海道六花亭のマルセイバターサンド。
レーズンサンドの中では、一番濃厚さが美味しいと思うこのお菓子は、
大好きで、一体今まで幾つ食べたか・・・それは数え切れません。
でも、なぜマルセイバターサンドというのか、
あまり疑問を持たずに食べ続けていました。
f0039281_22505310.jpg

ちょっとレトロな感じのするパッケージデザイン。
美味しくおやつに頂きながら、良く良く見ると、
MARUSEI BUTTER (マルセイバタ)
MADE AT YODA BOKUJO (依田牧場製)
TOKATI HOKKAIDO JAPAN (北海道十勝)
と書かれています。

また、パッケージ裏には、このデザインについての説明が書かれていました。
“明治30年代、十勝開拓の祖、依田勉三が経営した依田牧場でバターを発売した当時使用したもの”と。
f0039281_22511475.jpg

なるほど、なかなか興味深い話です。
でも、これだけでは何故“マルセイ”というのかが解りませんでしたので、
おやつを食べ終わってからちょっと調べてみました。



依田勉三(よだ べんぞう)は、甲州武田氏の流れを汲む伊豆松崎の豪農依田家の三男として、1853年に生まれた人物。
地元の私塾に学んだのち慶応義塾に学び、福澤翁らの影響でその頃に北海道開拓の志を持ったようです。
同じ志を持つ人々と共に、郷里静岡で1882年(明治16年)“晩成社”を設立し、同じく静岡で募集した移民と共に、政府から払い下げをうけた帯広の未開地を開拓するために北海道へ渡りました。

当初、開墾は上手く進みませんでしたが、やっと軌道に乗ってきたのは、10年後の1892年。
その年に勉三は、兄と共に、開墾の業績から緑綬褒章を受章したことから、更に奮起して、当別村に畜産会社を、函館に牛肉店を、帯広には木工場を、そして音更町に牧場を開いたそうです。
さらに、帯広の地に創業させたのが、バター工場。
ここで作られたバターを、1905年に初めて商品化した時に使われたのが、お馴染みの、“晩成”の“成”の字を丸で囲んだ“マルセイ”印のパッケージだったというわけです。
六花亭では、北海道のバターを使用するバターサンドに、開拓の祖に因み、往時を偲ぶ気持ちも込めて、このパッケージデザインを採用しているのです。

帯広市の祖依田勉三は、のちの1954年には北海道開拓神社に祭神として合祀されました。
また、2002年(平成14年)には、その生涯を綴る映画『新しい風ー若き日の依田勉三ー』が製作されて、第38回ヒューストン国際映画祭でグランプリを受賞しているそうです。
ちなみに勉三役は北村一輝だそうです。

なぜか今くらいの時期になると、あちらこちらで北海道フェアが開催されていますね。
もし、六花亭のマルセイバターサンドを入手されたら、
そのパッケージに秘められた北海道帯広の開拓の歴史に、
思いを馳せながら、お茶の時間を過ごすのもまた宜しいかと思います。

読み物としてご覧になるなら、
『第61回ー三田評論 2011年10月号 北海道の開拓者(上)ー依田勉三
(加藤三明氏著 慶應義塾幼稚舎長)
なども、お薦めです。



[PR]
by oomimi_usako | 2012-09-09 22:47 | あまいもの | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/17951088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 2005-1127 at 2012-09-10 06:08
なるほど~。
疑問に思った時にすぐに調べるusakoさん、さすがですね!
バターサンドを出している会社は沢山ありますが、
私もこちらと小川軒が好みです^^
Commented by suzu-kinako at 2012-09-10 07:46
美味しい物が続いていますが、usakoさんの探究心には感心します。
北海道ならではのブランドお菓子・・・・
今度、北海道展があったら覗いてみるわ♪
Commented by hpeach at 2012-09-10 09:48
私もマルセイのバターサンドが大好きで、今まで何個食べたかわからないくらいたくさん食べました。
が・・・渡米して以来、食べていないです。(寂し。。)
なんだかパッケージも懐かしく感じました☆
帯広の開拓の歴史が秘められていたのですねぇ。。。
Commented by doremi730 at 2012-09-10 12:21
大好きなマルセイバターサンド!
マルセイが〇成なことも、由来も歴史も初めてしりました。
ありがとう!
Commented by oomimi_usako at 2012-09-10 17:40 x
☆モンスーンさまもお好きですか♪
こちらが一番濃厚な感じがしますし、たぶん初めて食べたのは、小川軒のものより先だったと思うので、私も馴染み深くて大好きです。
私、ちょっとしたことを、こうしてツラツラ調べるのが、結構好きなのですv
だから学生時代には、レポートを書くのが一番好きでした!
Commented by oomimi_usako at 2012-09-10 17:41 x
☆きなこの母さま、是非是非じっくり堪能なさってください。
もしかしたら、相模大野の伊勢丹の各地の銘菓コーナーにあるかも♪
Commented by oomimi_usako at 2012-09-10 17:43 x
☆hpeachさま、こんにちは~♪
やはりお好きでしたか、バターサンド。
こちらは、冷蔵品だからやはりなかなか召し上がる機会はないですよね。
次回帰省なさる時は、どうぞお忘れなく、懐かしのお味を再び体験なさって~♪
Commented by oomimi_usako at 2012-09-10 17:45 x
☆doremiさま、どういたしまして。
やはり、doremiさまも、こちらお好きでしたか♪
パッケージもじっくり見ていると、いろいろ発見があって楽しいなと思いました。
六花亭さんの想い入れも感じました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ