日本橋三井記念美術館 河鍋暁斎の能・狂言画

場所が場所ゆえ、美術展を見終わったらいつものように、
三越でお買い物しましょう、とか、
千疋屋でパフェを食べましょう、とか、
場合によっちゃぁ銀座でも寄ろうかしら、などと、
俗な企みを持って出掛けました。ところが、

 ー 千疋屋の パフェにも勝る 河鍋暁斎  usa子 ー
                   
見事な作品の数々に、とても感動しました。
たくさんのことを学んで吸収出来たあとは、大きな充足感に満たされて。
別腹にさえも余裕がなかったのは、私にしては珍しいことです。
f0039281_1213311.jpg

狩野派の絵師河鍋暁斎(かわなべきょうさい)と言ったら、
おどろおどろしい化け物の絵を描く人、と言う認識でした。
でも、自身が能や狂言を愛し、たしなんでいたこともあり、それらに因む作品がとてもたくさん残されているようです。
そんなことは、今回初めて知りました。
また、かの有名な建築家ジョサイアコンドルも、この河鍋暁斎に弟子入りして暁英と号し、絵を学んでいたということです。

展示では、屏風、扇、掛け軸はもとより、その元となる下絵やデッサン(ネタ)帖の類いまで、見応えのある作品が並びます。
散逸させずに収集されているのもまた、素晴らしいことで、
河鍋暁斎記念美術館を設立されたご曾孫の功績は、大いに評価されるべきものだと思いました。
f0039281_12135961.jpg


さて、ここからは印象に残ったものを覚え書。

“狂言面 白蔵主” 
最初の展示室の薄明かりの中、入るとすぐにお部屋の奥の方に置かれているこの狂言面が、なんとも言えぬ空気を漂わせながら、おいでおいでと呼んでいます。
この展示室は、往時をしのぶ重厚な木の壁に囲まれていて、三井記念美術館の中ではもっとも雰囲気のあるお部屋(大好き!)です。

“紋画帖”
白蔵主のお隣りに展示されています。
着物の端布を帳面に貼り付けてありますが、その柄は、作品を描くには大事な情報であったことが、このあとの展示を見ていくとわかります。

“能 狂言扇面貼交屏風”
扇の形の中に、能狂言の場面を描いているもの。
その構図のデザイン性と描きこんだ衣装の柄、着物の折り目など、細密画のようで素晴らしいものです。

“鬼女図”
鬼女に重ねて描かれた狐の姿が、今にも動き出しそうな体勢で見事。
気のこもった歌舞伎役者の舞台を見ているときに、ふと幻のように見える“ジツハ”の姿などが、まさにこれ。
自ら舞台に立った暁斎が、追い求めた役者姿なのかもしれません。

展示作品の中には、暁斎の娘、暁翠の作品もあります。
暁斎とは、少し雰囲気が異なっていて、私はやはり暁斎のほうが好きです。


関連企画である狂言の会(国立能楽堂)が、野村万作さんや萬斎さんのご出演でありますが、当然満席。出遅れました、ざんねん。
関連展も、太田浮世絵美術館(表参道)で開催中だそうです。
こちらは、かつて急な休講の折などに、ぶらり出掛けたところですが、最近だいぶご無沙汰しています。
新緑のけやき並木散策がてら、行ってみたいものです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

また、イイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-05-09 12:11 | 展覧会 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/19357532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ドンカンはツミである at 2013-05-09 12:39
タイトル : 河鍋暁斎の能・狂言画@三井記念美術館
多種多様な作品を残している暁斎ですが、今回のテーマは、能・狂言にちなんだ作品。 暁斎は、狂言を習っていて、免状も持っていたそうです。 そのためか、描かれている人物が、身体のどの部分に重心を置いているのか、身体をどのように動かしているのか、よくわかります。 見ている私も、その部分にチカラが入っちゃう(^^; 暁斎の絵は、「目で見る」というよりも「身体で見て」しまいます。 面白いのは『道成寺図(鐘の中)』。 能『道成寺』の、鐘の中の鬼女が、手鏡を見ながら身なりを整えている様子を描い...... more
Commented by june_h at 2013-05-09 12:46
コメント&TBありがとうございます♪
usakoさまの充足感、よくわかります。
私も、暁斎を見ると、とっても幸せな気分になります。
こちらが受け取るものが、多いんですよね。
娘さんの暁翠さんもお上手ですが、やはり暁斎ですよね♪
私は、この美術展を見た後、大手町のパレスホテルで、友達とアフタヌーンティーをいただきました(^^)
気持ちもお腹もイッパイでした(^^;
Commented by bossma30 at 2013-05-10 19:51
>別腹にさえも余裕がなかったのは
圧倒的な感動で、普段はイチバンの欲が失せるとことありますヨネ
Commented by oomimi_usako at 2013-05-11 22:16
☆juneさま、TB&コメントありがとうございます♪
かなりの満足感で、どうしてかしら~?と考えているのですが・・・未だ謎です(^^;)
あの細かい描写が、ツボであるのは確かなのですが。
中世ヨーロッパの聖書を見たときにも好きだなあと思ったのですが、それと少し似ていると思います。
お友達とのパレスホテルでのお茶タイム、ご一緒に余韻を楽しめて素敵~!
Commented by oomimi_usako at 2013-05-11 22:24
☆bossmaさま、ふつふつ湧いてくる静かな感動・・・と言う感じでしたv
連休明けで空いていたので、気が散らずにゆっくり鑑賞出来たのも、一因かもしれません。
Commented at 2013-05-13 00:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mituamikko109 at 2013-05-13 08:14
私ね、河鍋暁斎って?と一瞬思って(^^;)
そういえば、こういう絵があったかなという認識しかなかったの、お恥ずかしい。
美術の世界は広いですね~
油絵を観るのが多いのでジャンルを隔てていろいろ観ないといけないなぁと思ってます。
千疋屋でパフェを食べなくても、芸術でお腹がいっぱいになるってやっぱり素晴らしかったのよね♪



Commented by oomimi_usako at 2013-05-13 14:34
☆2013-05-13 00:50 の非公開さま、ご丁寧にいたみいります。時節柄、どうぞお身体大切にお過ごしください。
Commented by oomimi_usako at 2013-05-13 14:37
☆mikkoさま、私も詳しく知らなかったので、本当にたくさん勉強できました!
でも・・・一週間経ったら、やっぱり千疋屋のパフェが食べたくなってきましたよ(^^;)えへへ。
Commented by 2005-1127 at 2013-05-13 16:45
こんにちは~♫
素敵な時間を過ごされたようですね!
usakoさんいろいろな事にお詳しくて、お話を聞くと勉強になります^^
Commented by oomimi_usako at 2013-05-13 18:07
☆モンスーンさま、こんばんは♪
美味しいもの抜きで、珍しく満足してました(^^;)

いえいえ、まだまだ知らないことばっかりですよ。
でも、アンテナ(みみ?)は立てておいて、?と思ったらその都度調べることにしています。
モンスーンさんもご一緒にお勉強いたしましょ~♪
Commented by まりりんまま at 2013-05-17 20:00 x
ご無沙汰です~。
洋裁・・・実家の母も被服科卒。
母方のおばたちは洋裁やら和裁、編み物などをみんなしていました。
でも、うちの専属コーチは厳しすぎて(苦笑)

一枚目のお写真を見て「え、柄合わせは?」と思ったらやっぱり。
頑張って!

Commented by oomimi_usako at 2013-05-20 17:38
☆まりりんままさま、こちらこそご無沙汰しております!
お変わりないですか??
厳しいコーチ陣特訓のもと、まりりんままさまの腕前はさぞや~・・・(^m^)
母くらいの腕があったら、好きなデザインのお洋服がたくさん作れるのになあと思うのですが、そこで努力をしないのが三代目です、おほほ。
三年計画くらいで仕上げようと思います。
その方が、体型を変えない努力をすると思うので・・・あっ努力しない三代目だった!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ