K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2006年5月3日 もうすぐ端午の節句

桃の節句の時には、家族の中の“お嬢ちゃん”“昔のお嬢ちゃん”“大昔のお嬢ちゃん”のために毎年お雛様を飾って楽しみますが、端午の節句の時に飾るものがわが家にはありませんでした。
でもそれでは、“昔の坊ちゃん”がちょっと可哀相なので、私は毎年この時期、以前自分で作った木目込み人形の『連獅子』を飾ることにしています。(ちなみに製作したのは高校の家庭科の選択授業の時です!)
f0039281_842247.jpg

歌舞伎の演目でも有名な『連獅子』は、獅子の子落としの場面と、紅白の長い毛を豪快に振り回す毛振りの場面からなる長唄の舞踊で、親子の情愛が描かれているものです。
“現役の坊ちゃん達”が、「丈夫で元気に育ってネ」という願いを込めた飾り物をして貰うのであれば、“昔の坊ちゃん”には、「厳しさも優しさもずっと大切に持っていてネ」という想いのこもったこの『連獅子』などが、もしかするとピッタリなのかもしれない…と思うのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-05-03 06:44 | 日々の生活