K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

歌舞伎座 七月大歌舞伎昼の部 

今月は昼の部を観劇しました。
夜の天守物語の玉三郎さまにも惹かれましたが、
前回見た記憶がまだ新しかったし、
先日の高師直でなかなか良いなあと思った海老蔵丈の、
団七を見てみようと思ったための選択です。
一か八かの賭けでもありましたが。
日経新聞の劇評では、海老蔵丈の団七が不調と書かれていたので、
少々心配しながらの観劇となりました。

一幕目は、正札附根元草摺
市川右近丈は相変わらず口跡よく、
笑三郎丈も踊りのメリハリが効いて、決めるところでピタッと決まるのが気持ちよく、
汗を拭き拭き出掛けた暑さが、いっきに涼やかになる最初の幕でした。
…紅白梅が飾られる季節のお芝居なのは、ちょっとしたご愛嬌ですが。

二幕目は、夏祭浪花鑑。
お芝居にかけて、古市庵の“浪花寿司”をお弁当に持参しました。
こういうことは、自分だけのひそかな楽しみ。
f0039281_19231850.jpg

このお芝居は、並木千柳と三好松洛合作の江戸世話物。
先代勘三郎さん(七之助さんのおじいちゃまのこと)、団十郎さん…と、今は亡き方々のものも見てきて、
それぞれの役者さん方の個性溢れる仕上がりに、何度も出会ったお芝居です。
特定の幕を上演することが多いのですが、今回は鯛茶屋から屋根上まで。
やはりいつも言うように、細切れでの上演よりもわかりやすくなるのが良いところだと思いました。
随所随所に見せる、大阪の夏の日差しをお扇子で遮る役者さんたちの仕草が、
今の時季にあっていて、趣がありました。

で、団七。
これではちょっと軽い感じです。
声のせいかなと思いました。
まるでオペラのように、歌うような高音の台詞回しがちょっとNG。
でも、セリフなく、お祭りの灯りの前での殺しの立ち回りの場面は美しくて、
それを拝見している分にはとても良いと思いました。
f0039281_19233695.jpg

三婦内の場面から登場するのが私のお目当ての玉三郎さまです。
姿が良いのは、相変わらず。
地味なお衣装にも緋色の煙草入れが粋な雰囲気を醸し出します。
良く通るお声が気持ちよく、その存在感がこのお芝居自体をキュッと〆ます。
同じく、若手を引率する先生のような存在が左団次丈。
この方がお出になっておられるから、この幕、持ちこたえているといっても過言ではありません。

中車(香川照之)丈は、三河屋義平次。
お芝居は大変うまいのですが、ここだけ歌舞伎じゃないなあと感じました。
こんなに写実的にやる必要はないと思います。

尾上右近丈、可愛いけれど、お声がキンキンしてもう少し頑張って欲しいなあと思いました。
f0039281_19235290.jpg

近年、夏祭浪花鑑は、いろいろな方が、様々な演出方法で舞台に載せておられます。
あっちでウケたから、ここはそれをマネしてみよう…というような中途半端な志向ではなく、
歌舞伎としてやるか、演劇性を強めるのか、どちらかで筋を通してほしいなあと思います。
そうでないと…
結局どっちつかずの仕上がりなってしまい、
私の見たのはなんだったのかしら?と思われる危険が生じてしまうのです、今回のように。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/22593249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by doremi730 at 2014-07-23 02:58
玉さま-海老蔵コンビの天守物語は舞台でもう3回目、映画も、、
迷いましたが、飽きせず、夜の部へ日曜に行ってきました(^^;
今回のusako解説で、昼の部の様子が手にとるようにわかり
ニヤニヤしながら拝読しました♪
Commented by 2005-1127 at 2014-07-23 06:12
おはようございます。

usakoさんの感想を読んでいますと・・・
やはり歌舞伎というのは奥が深いですね。
Commented by mituamikko109 at 2014-07-23 14:47
歌舞伎のことは、よくわからないのですが、
usakoセンセの解説はわかりやすいです。
でも、もっとわかりやすいのは、いつもの今日のお弁当ですね^^
浪花寿司、きっちりきれいに詰められていますね。
Commented by oomimi_usako at 2014-07-23 18:41
☆doremiさま、私も天守物語にすればよかったですぅ~
高師直が良かったから、それなら♪と思ったのですけれど
たぶん、団七役者じゃないんですよ、エビちゃんは。
ぴたっと決まるこれぞというはまり役を、じっくり見つけてほしいなあと思っています。
Commented by oomimi_usako at 2014-07-23 18:41
☆モンスーンさま、
好き勝手申してますでしょ?
文句もいろいろ申してますが、
でも、これも大好きだからということでお許しくださいませ。
歌舞伎は、知れば知るほど楽しいものです!!
Commented by oomimi_usako at 2014-07-23 18:41
☆みっこさま、解説などという立派なものではなく、
あーだこーだ言っているばかりでございます~。
お弁当、いいでしょ?いいでしょ?
色どりもきれいだし、一口サイズの詰め合わせで、
観劇のお弁当にはぴったりでした。
Commented by june_h at 2014-07-25 09:39
やはり『天守物語』にお出ましになられましたね!
今回、usakoさまが書かれていたこと、同感です。
歌舞伎や演劇などのフィクションを見るとき、序盤で「これくらいのウソでやりますよ」みたいな作り手のスタンス(枠?)をお客さんが感じとって、以降は、そのスタンスに沿って楽しむものだと思うのです。でも、そのスタンスから外れている役者さんがいたり、お芝居自体が、そのスタンスを無視し始めたりすると、戸惑ってしまいますよね。
8月は圓朝物ですね!
まだ乳房榎は歌舞伎で拝見したことがないので、レポお待ちしています♪
Commented by oomimi_usako at 2014-07-25 23:26
☆juneさま、
天守物語…にしておけばよかった…
と後悔するばかりの今月の観劇でした。
お弁当はおいしかったのですけれど~。
8月は納涼でもありますので、雰囲気で涼しい思いが出来ればいいなあと思っています。
Commented at 2014-07-28 09:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oomimi_usako at 2014-07-28 17:22
☆2014-07-28 09:35の非公開さま、
万事了解でございますよ~v
お仕事とはいえ、すてきなところへお出かけでしたね。
私の大好きなところです♪
ただ、気温差湿度差は相当なものとお察しいたしますので、
どうかくれぐれもご自愛くださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2014-07-22 19:21 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)