K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

歌舞伎座八月納涼歌舞伎 第三部

歌舞伎ビギナーではありませんが、
楽しい演目は大好きですので、
もちろん今月も、観劇に出掛けました。
f0039281_1517036.jpg

お目当ては第三部。
今年春に亡くなった十代目坂東三津五郎丈が、
振付をなさって復活された演目がかかるからです。

一幕目 芋掘長者。
こちらの舞踊が、それ。
“十世坂東三津五郎に捧ぐ”という副題が、
今回は特につけられています。
復活上演されたのは、ちょうど十年前の平成十七年。
この年は、ちょうど十八代中村勘三郎の襲名の年でした。
お二方とも、もうこの世の方ではありません。
歳月の流れは、早いのだか遅いのだか・・・。

今回は、踊りの下手な芋掘籐五郎という役を、中村橋之助丈。
その友人で踊りの上手な治六郎を、三津五郎のご子息巳之助丈がなさっています。
橋之助丈は、きびきびと気持ちよい舞い姿。
さすが!と思わされますが、それもそのはず。
若手が集う今月の舞台においては、すでにかなめのお立場です。

巳之助丈、奮闘しておられました。
お声も良く通り、りっぱなお姿。
どうぞ迷われていた時間を、少しでも早くキャッチアップなさいますように。
そうして、踊りの名手と言われたお父様とは、
また違った個性を発揮されるように、精進していただきたいと思うのでした。

国生丈、なかなか素敵。
技量までは、わかりませんでしたが、お顔が整っていて、
まるで、お内裏様みたいです。
お母さま、三田寛子さんに、似てる?

お芝居上手と見たのは、鶴松丈。
さすが十八代勘三郎の部屋子さんだなあと感じました。
f0039281_15173549.jpg

二幕目 祇園恋づくし

こちらは、お芝居です。
京都の祇園祭りを見物に出掛けた、江戸の指物師が出会う、
京の人々とのあれこれを、楽しくお芝居にしてあります。 
祇園さんに浮き立つ京の街の人々の様子が表現されたり、
お祭りのお囃子が流れたり、
とにかく、勘九郎丈演じるべらんめえ調の江戸っ子以外は、
みんな京のお人。
耳慣れない京言葉が飛び交うので、一生懸命聞いていないといけません。

扇雀丈、大津屋次郎八とその女房おつぎを二役でこなされます。
巧いっ、とにかく巧いお芝居。
いつの間に?と思いましたが、主役級で活躍される舞台を、
いままであまり拝見してこなかったので、今後はもっと積極的に、
拝見したいと思います。

勘九郎丈は相変わらず、間合いも良くて楽しいお芝居。
七之助丈や、巳之助丈、鶴松丈との掛け合いも、
アドリブたくさんで、客席は大笑い。

めでたしめでたしとなる結末も手伝って、
ただただお芝居の面白さを楽しむことのできる、
良い幕でした。
f0039281_151876.jpg

さてさて、来月は、古典がかかります。
今月のように、大笑いする場面はありません。
でも、眉間にしわを寄せつつ、歌舞伎ワールドにじっくり浸る時間もまた、
楽しみです。

usako補足>二列前で、NHKの古典芸能解説でおなじみ、
葛西聖司アナウンサーが御観劇でした。
どんなご感想を持たれたでしょうか、伺ってみたいものです。

今回もまた、美味しいもののお話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/24380619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷう at 2015-08-20 13:47 x
そうですよね~。
usakoさんが、ご覧にならないはずはないと
思っていました。
ベテランの役者さんが出演しないと、
中堅や若手の方が活躍する場面が増えて、
思いがけないスターを発見出来たりするとおもいます。
私もこの納涼と、お正月の浅草が、結構楽しみだったりいたします。
Commented by oomimi_usako at 2015-08-20 20:44
☆ぷうさま、
もうおいでになりましたか?
橋之助さんや、勘九郎さん、それと再発見(?)の
扇雀さん、どなたもとっても良かったので、ほかの部も観に行きたいなあと思いつつ、残すところあと一週間。
なかなか叶いません・・・。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-08-26 16:39
こんにちは
昨日(8月25日)に納涼歌舞伎を観てきたので、初コメさせていただきます。
私の場合は松竹の株主優待で、1年に3・4回、末席に座らせていただいてるだけの、歌舞伎素人です。
昨日は第一部を観ましたが、巳の助の踊りのうまさと華やかさにびっくりしました。
「棒しばり」では、先輩の勘九郎を超えてました。巳の助は非凡な才能を持ってますね。
第3幕でも巳の助が奮闘してたとうかがい、嬉しくてついコメントを書かせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by oomimi_usako at 2015-08-27 13:45
☆tabi-to-ryokouさま、
はじめまして!
良い御観劇をなさったようで、その嬉しさ覚めやらぬところ、こうして拙ブログをご覧いただき、またコメントも頂戴いたしましてありがとうございます。
わかります、わかります♪良いお芝居や役者さんに出会えた後の嬉しさ。
巳之助さんは、良い役者、良い踊り手となる伸びしろをまだまだ隠し持っていらっしゃると思いますよ。
これから、ますます楽しみですね!
年に数回でも、それが重なれば、いつしかtabi-to-ryokouさまも歌舞伎ツウ。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by june_h at 2015-08-29 14:54
着々と世代交代が進んでいるようで、若手のご活躍、なによりでございます。
秀山祭、昼の部がイイんですけど、なかなか日程が合わず・・・・・またusakoさまのレポ頼みにさせていただくかもです(T_T)
Commented by oomimi_usako at 2015-08-30 22:21 x
☆juneさま、
思わず、目を細めてしまいます~♪
おじさま世代好きだったため、今までお若い世代については、チェックが甘く・・・。
結果、どなたがどなたやらさっぱりわからなくなってしまったので、現在、若手の役者さんの勉強中ですv
観劇解禁になりましたか!
せっかくの秀山祭、うまくお日にちの合う日が見つかると良いですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2015-08-19 15:15 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)