K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

ウエッジウッドのジャム

f0039281_13592678.jpg

ジャムの瓶というものは、
食べてしまったそのあとも、
ついつい取っておきたくなる、
可愛いものが、いろいろあります。

ウエッジウッドは、洋食器だけでなく、
近頃はお紅茶やジャムも出しているもよう。
f0039281_13594727.jpg

ひとめでそれと分かる、ワイルドストロベリーシリーズの
パッケージがとてもラブリーです。

朝食のお伴にあけたのは、
ブルーベリー&ブラックカラント。
f0039281_140524.jpg

軽い酸味と、爽やかな甘さ。
ブルーベリーの実もそのままに楽しめて、
美味しい朝食となりました。

今朝はトーストだったけれど、
焼き立てスコーンに合わせたら、
無敵の朝食になってくれそうです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/24570002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 2005-1127 at 2015-10-14 15:46
こんにちは!
WWの紅茶、引き出物にしました(*^^*)
あ~、懐かしいです♪
ジャムも美味しいですよね。
Commented by suzu-kinako at 2015-10-14 15:59
やっぱりusakoさんはお洒落な物を見付けますね♪
私も可愛い物をとって置くんですけど、最近は天然酵母の種お越し用に瓶を使ってます。
朝のトーストにジャム、スコーンにジャム・・・・・いいねいいね♪
Commented by rui-studio at 2015-10-14 16:02
こんにちは~
認知症予防にアプリコットが良いということを
小耳にはさみ以来、
私はジャムはアプリコットになっています。
マーマレードよりアプリコットの方がおいしとおもうのですが。数十年前に行ったフンザが長寿国として挙げられていました。アプリコットを干して、オイルを採って、勿論生でも。
で、杏とひよこ豆との生活が長寿の源とイギリスの博士が証明したということが思い出されます。
身体に良い=杏 の図式が私の中で出来上がってます(笑
Commented by まりりんまま at 2015-10-15 09:56 x
イギリスはお食事はいまひとつですが、やはりお茶とジャムとスコーンは最高ですよね。
ちょっとお安くても、はずれがないし。
懐かしく思うのは、スーパーにベリー類が沢山お安く置いてあったこと。ドライフルーツも専門のお店がいくつもあったわ~遠い目になってしまった。
Commented by oomimi_usako at 2015-10-15 22:44
☆モンスーンさま、
まあ!すてき♪可愛らしいお引き出物になさったのですね。
私のイメージするモンスーンさまにぴったり~♪
ごく最近から?と思っていましたが、
では、ジャムも少し前から登場していたのですね。
お紅茶は、ピクニックというお味が、とても好きです。
Commented by oomimi_usako at 2015-10-15 22:45
☆きなこの母さま、
ブルーベリーのジャムをいただきながら、
きなこの母さまのブルーベリーを思い出していました。
ウエッジウッドのブルーベリージャムも逸品ですが、
きなこの母さまのお手製は、それを超える美味しさなのでしょうね~って。
Commented by oomimi_usako at 2015-10-15 22:51
☆ruiさま、
アプリコットは、とても身体に良いと私も聞いたことがあります。
アプリコットブランデーや、アマレット、それから杏仁霜など。
種を使ったものも良いそうなので、お菓子用に常備して使っています。

でも、そういえば、わが日本も、十分長寿国でしたね。
どこかの学者さんが、証明してくれるとすれば、
お米と発酵食品との生活が源・・・?なんてことになるのでしょうか!!
Commented by oomimi_usako at 2015-10-15 23:07
☆まりりんままさま、
そうですそうです!
マーケットでもスーパーでも、可愛い紙パックにたっぷり入ったベリーは、とてもおいしそうでした♪
早くスコーン焼かねばなりません。
ジャムをたべきってしまう前に。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2015-10-14 13:57 | あまいもの | Trackback | Comments(8)