心華やぐ歌舞伎座初春大歌舞伎。昼の部は初詣気分。

f0039281_16212895.jpg

今年の観劇初めに出掛けてまいりました。
歌舞伎座初春大歌舞伎昼の部。
一年間通してみると、やはりお正月の歌舞伎座がいちばん好きです。
ご見物のみなさまのお召し物も、ひときわ美しく、
それを拝見しているだけでも、楽しい気持ちになります。
客席に入ると、真っ白に雪を頂いた霊峰富士の緞帳が目前に。
そして、幕が上がり、今年最初で最初(?!)の幕が始まりました。

ひと幕目は、廓三番叟。
黒地に鶴の舞う、豪華な打掛の掛けられた舞台。
奥に、雪吊りの松の書割、襖には、竹梅の描かれたところへ、
孝太郎丈の千歳大夫と、種太郎丈の新造松ヶ枝が、朱の酒器を持って登場します。
おめでたさ満載のひと幕にうっとりしました。

ふた幕目は、義経千本桜から鳥居前のひと幕。
京の伏見稲荷の鳥居前です。
紅白の梅の吊りものの下に、門之助丈の義経の白いお衣裳、
児太郎丈の静御前の赤のお衣裳、逸見の陣羽織、忠信のお衣裳なども含めて、
黒、金糸の刺繍が施された着物のお役の方が多く、華やかさを感じられます。
歌舞伎は、その様式美の中に、衣装の美しさが占める割合も大きく、
それが、見ていて楽しいと思う理由の一つにもなっています。
f0039281_16235383.jpg

三幕目。
梶原平三誉石切。
鶴ケ岡八幡社頭の場。
幕が上がると、八幡様のお社が正面に見えています。
この前幕が、伏見稲荷の前でしたので、まるで歌舞伎座で、
あちらこちらの初詣をさせてもらっているかのようです。

この幕も紅白の梅の吊りもの。
舞台上にも紅梅白梅が配置され、季節感がマッチしているので、
なんとなく観ていてもストレスフリーな印象。
最近特に観る機会が多くなりました、吉右衛門丈のこの梶原景時。
舞台上には、歌六丈、又五郎丈、歌昇丈、種之助丈と、
兄弟親子が揃って、さながら播磨屋スペシャルです。
六郎大夫と娘梢のやり取りの間、静かに淡々と刀の準備をする景時の様子が、
とても美しく、こういうお役は、吉右衛門丈にぴったりだと思いました。
f0039281_16242110.jpg

四幕目。
松羽目ものの舞踊、茨木。
初春から坂東玉三郎丈を拝見出来て、とてもうれしいこと。
夜の部の美しい夕霧と、どちらにするか悩みましたが、
敢えて老婆から茨木童子に変身する玉さまを選びました。

お囃子に十三世田中傳左衛門が出ておられました。
ちょうどこの方が、七世田中源助から今の名に襲名された舞台が、
やはり玉さまの茨木の、小鼓でした。

この幕も、親子出演があり、松緑丈と左近君。
今回の松緑丈、拝見していて、まるで人形浄瑠璃の頭のようだと思いました。
とても見映えがして品があります。
この方は、こういう姿が似合うのだなと。
この線でご活躍なされば良いのにと、思いました。

気配を消して、玉さま花道よりご登場。
ただ綺麗なだけではない玉さま。
様々なお役をなさるとき、それをどう演じられるのだろうかと、
想像する楽しみもある役者さんです。
このお姿を見られただけで、この日、観に来た甲斐があったと思うのでした。
後シテの茨木童子の玉さまも、圧巻でした。
f0039281_16244684.jpg

f0039281_1625689.jpg

usako補足>
来月は、夜の部の、菊之助丈の揚巻にこころ惹かれましたが、
でも、夜の観劇は寒いからねえ。
ということで、昼の部、吉川英治の新書太閤記を通し狂言でみてまいります。
秀吉を菊五郎、へ~。
信長が梅玉、ほぅ~。
光秀が吉右衛門、ふ~ん。
・・・観劇後の感想や如何に!!!
[PR]
by oomimi_usako | 2016-01-23 16:12 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/24890954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-01-24 08:12
こんにちは
つい最近のニュースで見ましたが、歌舞伎座は1日3部制の興業を8月だけでなく、他の月にも広げるそうですね。
現在の長い上演時間も短縮する方向とか。
観客のメリットとしては料金が安くなり、席が取りやすくなり、座席でお弁当を食べなくてもよくなる(笑)
外国人観光客の増加に対応するためらしいですが、大賛成。もっと早くやってくれてもよかった。

来月の菊五郎、梅玉、吉右衛門は楽しみでしょうね。
私は年に2・3回しか観に行けませんが、3部制で席がとりやすくなったら、毎月でも見に行きたいくらいです。
Commented by oomimi_usako at 2016-01-24 11:40 x
☆tabiさま、
はんたーい!だいはんたーい!
ですよ、私は。
もし、いまのままただ単純に三部制にしてしまったらね。

だって、三回出入りしたら三階席でさえ観覧料が余計にかかりますもの!一等なら現在三部制一部あたり15000円。二部制一部あたり19000円ですからねぇ。

そしてまた、いまでも細切れにされて、何を見せられているのかわかりにくいことこの上ない演目が、さらにブツブツになったら、面白くなくなっちゃう。
私はそう思うけれど、tabiさまのように捉える方も多いでしょうから、ただ時流に乗るだけでなく、価値を高めるような改革をしてほしいなあと思っています。

そうそう…二階の桟敷席は私のお気に入りですv
Commented by ぷう at 2016-01-26 11:26 x
いいですね~。
お話し伺っているだけで、
わくわくしてしまいます。
綺麗なお姿ではない玉三郎さんをも、
一生懸命ご覧になるうさこさまは、
ほんとうにファンなのね、と感心いたしました。
Commented by oomimi_usako at 2016-01-26 21:29 x
☆ぷうさま、
ん十年前は、ひたすら綺麗な玉さまを、たくさんたくさん観ていました。
それから歌舞伎以外にも、新派や現代劇を拝見して、役者としての演技力もとても魅力に感じつつ今に至ります。
歌舞伎の演出をされているときには、玉さまがどのように解釈されているのかを理解するのも楽しみです。
・・・というわけで、玉さまが絡むと、なんでも嬉しく楽しく感じてしまうのでありました・・・v
Commented by june_h at 2016-02-02 17:54
1月は、2日の皇居の一般参賀の帰りに歌舞伎座を通りかかり「本日初日」の垂れ幕を見ました。
吉川英治原作ということは、台詞はわかりやすいのでしょうね。
確かに興味アリです。
今年は特に忙しいので、観劇できるかわかりませんが(^^;
Commented by oomimi_usako at 2016-02-02 22:14
☆juneさま、
私も初めて(たぶん)観ると思うので、
どんな風なのか、楽しみにしています。
ただ、観劇日が千秋楽間際なので、
先遣隊というわけにはいかず、
juneさまのお役に立てそうにないのが、残念です。
私は、昨年ちょっとサボり気味だったので、
今年は、国立などももっと見たいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

よろよろ〜っとテンション..
by kumama47 at 21:07
☆きなこの母さま、 銀..
by oomimi_usako at 17:44
☆ぷうさま、 ぷうさま..
by oomimi_usako at 17:41
☆モンスーンさまのように..
by oomimi_usako at 17:35
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 17:31
女史会・・・・・・なるほ..
by suzu-kinako at 22:40
こんにちは。 女史会!..
by ぷう at 14:55
こんにちは♪ 女子会で..
by 2005-1127 at 17:30
わあいいなあ。 こちら..
by marucox0326 at 17:21
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 16:48

記事ランキング

タグ

(194)
(183)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ