歌舞伎座 六月大歌舞伎 第二部

f0039281_8284080.jpg

歌舞伎座の六月大歌舞伎は、義経千本桜を三部制で上演。
珍しくそれぞれの部に、サブタイトルも付けちゃいました!
第一部が“碇知盛(いかりとももり)”、第二部が“いがみの権太”、
第三部が“狐忠信”。
これらすべて登場人物の愛称で、それぞれがその部分のストーリーの
メインキャストという意味で名付けたそうです。
私は、第二部を観に行きました。
長編の時代物であるこのお芝居の、ちょうど中間部“木の実(あるいは
椎の木とも呼ばれる)”“小金吾討ち死”そしてこれを見ると柿の葉寿司が
食べたくなる“すし屋”という幕です。

お話のあらすじは、もうみなさん周知のことなので、ここでは割愛させて
いただき、いつものようにミーハーな目で見たあれこれを。
f0039281_8295152.jpg

まずはやはり、いがみの権太を演じた松本幸四郎丈。
悪人の顔、子を想う親の顔、そしてある意味で親に孝行する子供の顔。
それぞれの場面で、別人と言っても良いくらいのキャラクターの違いを
見せ乍ら、全場面に渡って扇の要となっておいででした。
第二部を締めていたのは、やはりこの方でした。

それから、大活躍だったのが尾上松也丈。
TV番組にもお顔を出されているようですが、ここのところ舞台でも
奮闘されているお姿を良く見るようになりました。
端正なお顔立ちで惹きつけた多くのファンを、更に演技を磨いて
虜にして欲しいものです。

お里が、市川猿之助丈。
襲名以来初めて拝見、というより、そもそもこの方の舞台は、
お若い頃のを数回しか見たことがありません。
丸顔が可愛らしく、とても良いお里。
この方、立女形というより、女形一本で行ったほうが良いんじゃない
かしら?という感じ。
でも、さすが当代の人気役者だけあって、昼下がりの長丁場である
“すし屋”の段で、ご見物をぐいぐいひっぱって、
惹きつけていらっしゃいました。
まっ、お里がキツネチックに動くのが、若干気になりましたが。

そして、終盤首実検の場面には、梶原景時で、坂東彦三郎丈がご登場。
少しだけの出演ですが、こういう役者さんが出ると、
座がますます締まります。
f0039281_8322855.jpg

さてさて・・・。
三人の人物をそれぞれに描き出す、という趣向(?)で、
三部に分けられたこのたびの義経千本桜。
ストーリーを把握している人間からみれば、
ブツブツ切られて却ってわからんっ…
と、言いたいところをぐっと我慢して。
ビギナーの皆々さまが、この三人の人物を取っ掛かりにして、
義経千本桜をどのように受け止められたか、じっくり伺ってみたい気が
いたします。




                         ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-25 08:26 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/25370781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-06-25 15:51
こんにちは
ビギナーの1人ですが、私も今月は三部制の第二部を鑑賞しました。
役者も、演技も素晴らしくて、3分の1でもじゅうぶん楽しめる舞台でした。
贔屓の役者が、どの役を、どう演じたかですが、幸四郎、松也、猿之助の
それぞれが持ち味を発揮してたように思います。
そうそう、おっしゃる通り、坂東彦三郎は存在感がありましたね。

ただ猿之助は第二部のお里だけでは、ちょっと物足りなく、第三部のが、
本来の猿之助らしい演技を観れたのかなと、ちょっと残念でした。
猿之助の父上、四代目段四郎は、私の昔からの知り合いですが、お子さんの
猿之助(当時亀治郎)が、大学卒業と同時に、義経千本桜に出演し
(確か18年前)やはりお里を演じたのを、つい最近のように覚えています。
昨年のスーパー歌舞伎「ワンピース」は、観る機会を逃してしまいましたが、
もし再上演があれば、駆け付けたい。
歌舞伎は詳しくありませんが、新しい歌舞伎に挑戦を続けるのが「澤瀉屋」。
猿之助は歌舞伎界をしょって立つ役者として、今後も頑張ってほしいです。
Commented by oomimi_usako at 2016-06-27 21:19 x
☆tabiさま~
きっとコメント下さると思っておりました、熱烈歓迎~!
第二部、楽しまれましたか?それは良かったです。
ほんとうに見応えがあって良い舞台でしたよね。

歌舞伎を見始めた方々には、最初の取っ掛かりは何でもよいけれど、やがて、その戯曲そのものを、ものがたりとして楽しめるところまで、進んで行っていただきたいと、静かに願っております。
義経千本桜も、最初から最後までこのお話を通してご覧になっていただいて、ものがたりの趣旨を見出していただきたいなあと思うのです。

歌舞伎の世界における、澤瀉屋さんのお役目というのがありますね。
特に猿翁丈がまとめ上げた四十八撰…それを、大変だけれど、猿之助さんを
中心にして、澤瀉屋一丸となって、しっかり守り育てていってほしいと思います。
学業を終えて舞台に上られた亀治郎丈をご覧になったのですね!
私、初舞台を拝見しました。
当時、楽屋で“ボク亀ちゃんよ~”と元気に愛嬌を振りまいていた…という話を、
オンタイムで聞いて、それがとても印象に残りました。
未だに猿之助さんの顔を見ると、それが浮かんでしまい、可愛いボクに見えちゃいます!!
Commented by ぷう at 2016-06-28 13:08 x
今月のご観劇記録も、へ~っ、ほ~っと
読ませていただきました。
なるほど確かに、歌舞伎を見るときには、
いつも行ってから筋書など買って内容を知ります。
そうではなくて、お芝居の内容をあらかじめ調べてから出かけることも大事ですね。
そうすれば、前後関係もよくわかって、より深い見方ができるでしょうね。
来月まいります。
お勉強して、お出かけしたいと思います・・・出来ましたら~。
Commented by oomimi_usako at 2016-06-29 10:13 x
☆ぷうさま、
七月御観劇、いいですね~楽しみですね~。
若手・・・いや壮年の皆様が活躍される面白い舞台になりそうですよね。

“歌舞伎を観る”と申しましても、
いろいろな観方が出来ますし、もちろん正解なんてありません。
せっかく機会があるならば、国立でやっている鑑賞教室のように、
プラスアルファのことがいろいろわかるとより楽しめるのは、事実。

ぷうさまは、どんなところを深掘りなさるのでしょう~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆きなこの母さま、 銀..
by oomimi_usako at 17:44
☆ぷうさま、 ぷうさま..
by oomimi_usako at 17:41
☆モンスーンさまのように..
by oomimi_usako at 17:35
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 17:31
女史会・・・・・・なるほ..
by suzu-kinako at 22:40
こんにちは。 女史会!..
by ぷう at 14:55
こんにちは♪ 女子会で..
by 2005-1127 at 17:30
わあいいなあ。 こちら..
by marucox0326 at 17:21
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 16:48
☆ぷうさま、 ま~早速..
by oomimi_usako at 16:44

記事ランキング

タグ

(194)
(183)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ