K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

国立劇場初春歌舞伎は見逃したけれど。

国立劇場の今年の初春歌舞伎公演は、
40年ぶりの上演叶った通し狂言「しらぬい譚(ものがたり)」でした。

観たい、観たいと思いながらも、結局観られず一月は終了。
とても残念に思ったのも束の間で、なんと千秋楽から数日後の二月の初めに、
NHKBSのプレミアムシアターで、舞台録画が放映されました。
これは、ちょっと珍しいことです。

f0039281_22113728.jpg
もちろん録画しました。
ちょうど、時期的にお教室が忙しい時期で、
録画もできた安心から、しばらく寝かして置きましたが、
このたび、ようやく観ることが出来ました。


江戸の終わりから明治にかけての時代、“合巻”と呼ばれる長編小説が庶民に人気でした。
今でいう連載ものみたいな感じですね。

なかでも、最長を記録したのが、
1849年(嘉永2年)から1885年(明治18年)までの長きに渡り刊行された、
「白縫譚(しらぬいものがたり)」全90巻です。
原作は、柳下亭種員(りゅうかていたねかず)。
この人気小説は、河竹黙阿弥の脚色により「志らぬひ譚」として、
もちろん当時の歌舞伎舞台にも上りました。
こういう経緯は、いつの世も変わらないのですねえ。

舞台は人気となり、歌舞伎だけでなく、講談や浮世絵、のちには映画なども制作されたそうです。
国立劇場では、1977年(昭和52年)に「志らぬひ譚」として76年ぶりの復活上演をしているようですが、今回は尾上菊五郎丈を中心に、原作だけでなく今までの舞台化作品や講談などからもヒントを得て、脚本を新たに起こして製作されたということでした。


ストーリーは、江戸時代初期の筑前国黒田家のお家騒動を、主な題材にしていて、
黒田家は菊地家として登場します。
滅ぼした豊後国大友家の残党が、菊地家をお家存亡の危機に陥れようとするところを、
菊地家の執権である鳥山豊後之助が、智略を尽くして阻止していくというお話。
妖術を使う大蜘蛛や、
復讐に燃える大友家の若菜姫の怪しい力、
暗闇で目を光らせる大化け猫。
筋交いでの宙乗りやら、
屋体崩しやら、
大立ち回りなどなど、黙阿弥得意のスペクタクルフル(?)な展開は、
TVで観ていても楽しいものでした。


尾上菊五郎丈、菊之助丈、時蔵丈、松緑丈、團蔵丈など役者も勢揃い。
三時間に及ぶ上演でも、きっとお客さまは目の前の舞台に引き込まれて行ったことでしょう。
こいつぁ春から縁起がよいわぇ…と、少々遅ればせながらの、隼人町の初芝居を楽しみました。


途中演出で、通人の亀蔵丈が、“ピコ太郎”の扮装をして登場するところがあります。
これも、黙阿弥お得意の演出で、その時流行るものを自由に取り入れるというお約束の場面。
録画では、普通に面白かったのですが、どうやら千数楽も間近い1月23日には、
ピコ太郎氏ご本人がサプライズで舞台に登場されたらしく、
当日観劇のお客さまには良いお年玉になったことでしょう。
固いイメージのある国立劇場ですが、随分思い切ったものだとちょっと感心しました。


国立劇場開場50周年記念公演は、今月三月公演の千秋楽(27日)と共に終了します。
これから先の50年後、そしてまたそのさらに先の50年後、
歌舞伎は一体どんな風になっているのでしょう。
日本の代表的な伝統芸能として、良い意味で変わり、良い意味で変わらず、
賑々しく続いていってほしいと、そんな風に思っています。


[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/27666821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-24 22:47
こんばんは
豪華な役者がそろい踏みで、ストーリが良くて、舞台演出もこっていて、
楽しい舞台だったようですね。
私は、舞台も見れず、録画もできずでしたが、実際に初春歌舞伎を
観た友人たちは、素晴らしかったと言ってました。
ピコ太郎がサプライズ・ゲストですか。会場も盛り上がったでしょうね。
私はトランプ相場で値上がりした松竹株を売ってしまったので、
今後は座席を確保するのが難しくなってしまいました。
今さら、「松竹友の会」というのも億劫ですし、困りました(笑)
しばらくは、テレビ録画で頑張ります。
Commented by chee-mama at 2017-03-25 15:12
usakoちゃん♪
こんにちは!
歌舞伎ファンであるうさこちゃんにとっては
どう思われるのかな~と興味津々なのですが
5月にフィギュアスケートとのコラボがありますよね。
私は出演者のファンということもあって出かけてきますね!
Commented by oomimi_usako at 2017-03-25 22:42
☆tabiさま、
こんばんは。
お友だちのみなさま、ご覧になれて羨ましい~!
録画さえとても見応えがありました。
黙阿弥のお芝居は、現代に通用するおもしろさがあるので、志のある歌舞伎役者の皆さまには、是非復活上演に取り組んでほしいと願っています。
松竹関係の劇場しかお出でになれない株主ご招待から卒業(?)なさったなら、これからは国立などにも是非お出ましくださ~い♪
Commented by oomimi_usako at 2017-03-25 23:00
☆chee-mamaさま、
こんばんは♪
染五郎さんのですよね。
うふふ、興味津々ですか?
そうですねえ・・・スケートイベントという観が強くて、あまりピンと来ていないのでした…。
染五郎さんは、ベガスでも歌舞伎をご披露されたりして、いろいろなところで歌舞伎を宣伝しようと頑張っていらっしゃるようです。
どうかどうか、温かい目でご覧になってあげてくださいませ。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2017-03-24 22:09 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)