K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2006年7月16日 銀座若菜 御膳とうふ

先月17日朝日新聞の「逸品!お取り寄せ」のコーナーで紹介されていたのが、銀座若菜製もめん豆腐の味噌漬け「御膳とうふ」です。
記事を読んだ瞬間から食べてみたくなり、その部分を早速切り抜いて保存して置きました。
先日デパートの食品売り場をウロウロしていた時、ふと視線を落とした先に偶然これが並んでいるのを見つけました。
当然のごとく、即!購入です。
お店の方からは、『切る時には包丁を少し温めると良いですよ』とのアドバイスをいただきました。
f0039281_0154036.jpg

お味は二種類あって、「お江戸御膳とうふ」は信州赤味噌ベースで、また「尾張御膳とうふ」は“あの”カクキューの八丁味噌ベースで漬けてあります。
お豆腐自体たんぱく質分の高いフクユタカを使って作られているそうで、それにお味噌の味が絡まってこっくりと深い旨みが楽しめます。ワインにも合うかもしれません。
そもそもこの「御膳とうふ」は、江戸時代中期1782年に出版されて当時のベストセラーになったという豆腐料理100品のレシピ本『豆腐百珍』の中のレシピを生かしているそうです。(「お江戸御膳とうふ」パッケージ説明より)
f0039281_017147.jpg

私は「お江戸御膳とうふ」も「尾張御膳とうふ」も両方すっかり気に入りました。
おすそわけした実家の母からは、わざわざ『美味しかった~!』と電話がかかってきました。
日本酒にも、炊きたてご飯にちょんとのせていただくにも、どちらにも相性の良い美味しいお品です。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-07-16 23:59 | おうちのお食事