2006年7月20日 梅雨明けを待つ庭

梅雨前線が日本列島の真ん中を上がったり下がったり…梅雨明けが待ち遠しい毎日ですね。
今日のお空は、厚い雲や薄い雲、黒い雲や灰色の雲などと、雨雲のオンパレード。
でも時々薄日も射したりするお天気で、雨に濡れずにお空を見上げたり、お庭を散策して過ごすことが出来たりする一日でした。
梅雨の前(梅雨を待つ庭)(続梅雨を待つ庭)とはまた、お庭もだいぶ様子が変わってきています。
f0039281_0395191.jpg

そろそろ茗荷のつぼみが顔を出し始めました。
真夏になると、もっとたくさん出て来るようになりますので、お食事の前に庭に出て、一つ二つずつ収穫しては、お味噌汁や冷たい麺類、冷奴などのお薬味に刻んで使います。
私は茗荷は大好きです。
特に、しば漬けの中の茗荷は、それだけ引っ張り出して先に食べてしまう程、好き!
でも「東海道中膝栗毛」にあるように、たくさん食べると本当に物忘れをしそうな気がしてしまうので、気持ちだけ量をある程度で加減したりして…。
f0039281_041422.jpg

ささ百合のつぼみです。
小ぶりな可愛らしい百合の花が咲きます。
f0039281_0415985.jpg

毎年入谷の朝顔市に出向かれて、お土産に朝顔の鉢を届けてくださる方があります。
今年は、こんな可愛らしいピンク色のお花が咲いています。
早起きして撮った写真ではないので、今日の花はもう、元気がなくなってきていますけれど、毎日次々と綺麗に咲いています。
f0039281_0431713.jpg
朝顔と共に可愛らしい風鈴も。
風に吹かれて、澄んだ音色を梅雨明けを待つお庭に響かせています。
『ちりん、ちりん、夏よ来い』
ふと、そのように聞こえました。
f0039281_044481.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-07-21 00:09 | 日々の生活


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ