K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年1月 壽初春大歌舞伎夜の部

今月の歌舞伎座は、千秋楽に近い夜の部を観劇しました。
f0039281_1725175.jpg

一、廓三番叟
昼夜共に最初の幕は、初春に相応しいお祝いの舞踊です。
街は、もうとっくにお正月気分は抜けきって、節分すら通り越して雛祭りまで進んでいますよね。
でも、そう言えばまだ一月のうち。
少しゆっくり、残る睦月を楽しみましょう・・・そんな気持ちにさせてくれる演目でした。

二、祇園祭礼信仰記 金閣寺
玉三郎丈の雪姫、拝見するのは何年振りでしょう!
私にとっての今月のメインはこれです。
玉三郎丈のお姫様姿を観るたびに、手弱やかで可愛らしく、でも心強く才気に溢れる(=普段は女らしいけれどイザとなったら強くガンバル)そういう女性でありたいと、いつも思うのですが・・・まあそれは“理想”ということで。
この演目の一番の見どころは、どうしても縛られた縄目を切りたかった雪姫が、降り積もった花びらをつま先で集めてネズミを描く所です。
それが本物のネズミとなり、縄目を噛み切ってくれるので、雪姫は戒めから解き放たれる、という段取り。
悲しみと恨みと無念さが、やがて決意に変わり、不思議な力を発揮するまでの豊かな表現力は、見ているものも一緒に一喜一憂してしまうほどです。
玉三郎丈ならではの魅力だと思います。
f0039281_1726210.jpg

花道を通り抜けた玉三郎丈が、落として行かれた花びらが、今日のお土産です。
薄桃色で一枚一枚、きちんと花びらの形なのですよ。

そういえば、その豪華で美しいお衣装を楽しむのも、歌舞伎の見所なのではないかと思っています。
雪姫の桃色の打ち掛けの、優しげで可愛らしいこと!
吉左衛門丈演じる此下東吾の、黒地に金糸銀糸で刺繍された瓢箪柄の裃も見事でした。
f0039281_17263928.jpg

三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
前シテと後ジテの対比が楽しい鏡獅子は、これも、大きなお鏡餅の飾られたお正月らしい舞台。
メリハリのある華やかな舞踊です。
ちょうど今回のお席は、花道のすぐ内側で、行き来する役者さんがつぶさに拝見できます。
前シテの引っ込みの時の勘三郎丈は汗びっしょりで、大奮闘のご様子がよくわかりました。
お客様の反応も良く、あんなに喜ぶ観客席の様子を見るのは、久しぶりな気がします。

お正月のNHKの放送時から思っていたのですが、登場する時向かって左に居る胡蝶役お子ちゃま、大変お上手。
これからが楽しみ~と言う印象です。 

四、処女翫浮名横櫛 切られお富(きられおとみ)
最後の幕は切られお富。
福助丈は、初役のお富だそうですが、何だかしっくり板についています。
この方、ちょっとワルめの女の人役が似合うと思います。
この演目は、夜の部の前三つの演目とは打って変わっての世話物で、グッと今様に近付きます。
夢の世界を楽しんだお客様が、終演後、銀座の街にホイッと出られても、戸惑わないためのご配慮だったのかしら??などと思いつつ、家路についたのでした。
[PR]
Commented by emiemi at 2007-01-24 23:01 x
気付いたら、もう20年ぐらい歌舞伎を観ていない・・・。びっくりです。
歌舞伎好きの先輩に誘われた事がきっかけで観るようになったのですが、その先輩が北陸地方に引っ越されたのを機に、すっかり疎遠に。
usakoさんの影響で、久しぶりにからだがムズムズしてきました!
再デビューしてしまいそうです。
Commented at 2007-01-24 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coed at 2007-01-25 00:05
明日、新春浅草歌舞伎に行ってきます。浅草公会堂は始めてなので、楽しみです。
でも果たしてusakoさんのように、理解して観ているのか。・・・反省です。
でもね、超楽観的で超ポジシンなうさぎは、楽しければ全て良し!!!と、お弁当ねぇ、終演後にどこでお茶しようか、っとるんるんです。
Commented by oomimi_usako at 2007-01-25 15:49
☆emiemi様、20年ご覧になっていない歌舞伎は、役者さんの世代交代もすすんでいて、また新たな気分でお楽しみになれると思いますよ~、お忙しい毎日でしょうけれど是非是非“21世紀”の歌舞伎をご覧になってください!そして感想などを語り合いませう♪(注:私はミーハーでございます)
Commented by oomimi_usako at 2007-01-25 15:51
☆coed様、よろしいですねえ♪一月の浅草は若手がたくさんですものね♪愛之助さんにどうか宜しくお伝えくださいまし(←ファンの戯言とご解釈ください)。して、coed様のご贔屓は?
観劇のご様子、お弁当とお茶の詳細も♪ブログで拝見出来るのを楽しみにしております。
Commented by yuko at 2007-02-02 00:35 x
usako様の歌舞伎のコメントをいつも楽しみにしています。
1月は玉三郎丈の雪姫ですか…。私もずっと前に拝見しましたが、玉三郎丈は鷺娘とか雪姫とかすこし悲しげな感じだと余計美しさが増すような気がします。おみやげの花びらもいいですね。
勘三郎丈の鏡獅子もいいですね。私は襲名されてからの舞台は拝見していないのですが、襲名後はやはり演技に変化が現れているのでしょうか?
福助丈に関しては私も同意見です。赤姫より似合うと思います。切られお富は拝見していませんが、悪い役柄で少し低めの声や意地悪そうに笑うところがうまいですよね。
コメントを書いているうちに歌舞伎が見たくなってうずうずしてきました。引越したら東銀座日帰り観劇ツアーに行きたいなぁ…と思ってます。
Commented by oomimi_usako at 2007-02-03 00:12
☆yuko様、そうおっしゃっていただくと歌舞伎のコメントも書き甲斐があります、ありがとうございます。
かなり“usako的”発言多数・・・ですが、それはそれとしてご容赦くださいませ。
勘三郎丈はね・・・一言で表現するとすれば・・・“大人になった”って感じでしょうか~~~(^0^)
この感覚、おわかりいただけます??
もうすぐお引越し、御身体に気をつけてご無理のない様になさってくださいね。
そしていずれまたご一緒に観劇出来る日が、早く来ますように♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-01-23 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(7)