K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年2月 お庭の美味しいもの

一昨日朝のニュースで、“ふきのとうの収穫が最盛期”といっていました。
農家さんで栽培するふきのとうは、一株で20個位、ごっそり顔を出す品種。
それを一つ一つ丁寧にかきとって、収穫作業をされてました。
お店でも、パック詰にされたコロコロと良く太ったふきのとうが並んでいるのをみかけますよね。
f0039281_23274245.jpg

実家のお庭にも、ふきのとうが出てきました。
さすがにこちらは、ここに一つ、あそこに一つ・・・と遠慮がちに顔を出しています。
f0039281_23284153.jpg

私たち姉妹にもお裾分けがあるのですが、蕗味噌を作るには、ちょっと少量なので、お味噌汁の吸い口か、あるいは他の春の味覚もいろいろあわせて天ぷらのお膳を作るとか、そんな感じで毎年楽しんでいます。
お庭に、美味しいものがもう一塊。
到来物の立派な深谷ねぎです。
f0039281_23292987.jpg

一箱ごっそり届けていただくので、お庭の一角に穴を掘り、畝を作っていったん植えて、そこから毎日使う分を引っこ抜いて来るのです。
こうすると、長くもたせることができるとか。
この作業、得意な父が担当です。

深谷ねぎも、お裾分けがあったので、お夕食に早速使いました。
鶏もも肉のねぎ味噌がけ。
厚みを均等に整えた鶏もも肉は一枚そのままで日本酒をパラパラとふりかけておきます。
ねぎは、青い部分まで一緒に5cm位の筒切りにしてからさらに半割りに。
そして、両方ともグリルでこんがり焼きます。
焦がさないように気をつけながら、焼いている間に、ボールに白味噌・八丁味噌・白練り胡麻・みりん・出し汁をあわせます。
鶏ももは焼けたら三等分位に切り、そのままお皿に盛り、ねぎは熱いままお味噌を合わせたボールにドサッと全部入れて豪快に混ぜ合わせてから、鶏ももの上に天盛りにします。
f0039281_2331418.jpg

熱が入ってトロリと甘くなったねぎとお味噌の競演に、適度に脂の落ちたもも肉とパリパリに焼けた鶏皮が合わさると、自作ながら『ん~っおいしいっ!』とにっこり。
お好みで七味唐辛子をふりかけても美味です。
いただきながら主人が一言。
『また、居酒屋メニューだなあ~』
そっ、そおですかぁ??
[PR]
Commented by coed at 2007-02-11 13:36
ほんとうだ!
日本酒が、するすると進みそうです(^3^)。
Commented by oomimi_usako at 2007-02-11 13:44
☆coed様・・・やっぱり、そっそおですかぁ??
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-02-09 23:25 | おうちのお食事 | Comments(2)