K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年4月 いつもの下北沢 魚真

外出していて帰宅が遅くなり、お夕食は食べて帰りましょうか!となった日は、決って“魚真”さんに立寄ります。
このブログにも、既に何度も書かせて頂いていますので、『またあそこで飲み会か・・・』なんてお思いの方もお在りでしょうねぇ。
日本酒好きの私たちには、ここほどしっくり来るお店は他にはあまりありません。
その上都合の良いことに、移動経路の中に“魚真”さんの姉妹店が数店あるので、こちらが混んでいたらあちらへ・・・ということも可能なのです。

今日はまた、初めて頂く美酒と、新鮮で美味しいお肴をたくさんいただきました。
最初はもちろん酒盗マスカルポーネから始まって・・・
f0039281_1073886.jpg
日本酒は四種類。
福島 金澤屋(特別純米辛口)
千葉 福祝(特別純米)
この二つは、サラサラといただけてしまう呑み易い御酒。
揚げ物やサラダ風のお料理に合いそうです。
福井 神力(純米吟醸かすみ雫)
こちらもその名の通り春霞みのように白濁した原酒のわりには、さらりと飲める御酒でした。
以上三種は初トライ。
そして、ちょっと旨みの強い濃い目の御酒がいただきたくて、定番メニューから
山口 獺祭(純米吟醸)
を選択しました。
f0039281_1082339.jpg

生しらす、目抜け、奥のお皿は天然物の桜鯛。こくのある目抜けは、珍しいので頼みました。
思った通りの美味しさ。もう少しトロリと重めの日本酒が似合ったかもしれません。今度はそうしましょう~♪
f0039281_1091158.jpg

生桜海老、まこかれい、のれそれ
そろそろ時季だし食べたいなあと思っていた生桜海老は、時期が限られる上に、東京の普通のお魚屋さんではなかなかお目にかかれません。
迷わず注文しました。
のれそれは、あなごの稚魚。これも大好物です。
同じように時季が限られるので、お目にかかったら迷わず注文です!
土佐の御酒と併せたかった・・・。
f0039281_1010287.jpg
活ほたて、活たこ
本当は主人は活牡蠣をいただきたかったのですが、sold outでホタテへ変更。
活たこは、私の好物。塩とレモンでいただく活たこのにぎりなど特に好きです・・・今日は違うけれど。
f0039281_10124036.jpg

そして可愛らしい姫ホタテとあさりとセリの蒸し物

そろそろ帰りましょうか・・・と言う頃に、カウンターに座っていた私たちの後ろから、
『あの・・・』
と、お声を掛けてくださったのは、お顔馴染みの可愛らしい女性の店員さん。
『私、あと数日で退職するんです』
伺えば、新しいお仕事(全く違う分野の、でも大きなやりがいを感じるであろうお仕事でした)に就かれるのだとか。
f0039281_10144027.jpg
一年半ここで働かれての転職だそうですが、テキパキと働かれていたご様子を思い出すにつけ、新しいお仕事も、きっとまた、しっかりきっちりこなされるだろうと思いました。
心機一転、また頑張ってくださいね、と夫婦揃ってエールをおくりました。ふと思えば、新しい環境が始まった方も多いであろう、四月。
私自身は特に、新しいことを始める予定はありません。
でもここはひとつ気持ちも新たに、日々の暮らしの中の“いつもの事柄”も、あらためて一つ一つを丁寧にすすめて行きたいと思った、の宵でした。
f0039281_10134430.jpg

[PR]
Commented by yuko at 2007-04-14 16:09 x
美味しそうですね…。最後の「塩とレモンでいただく活たこのにぎり」に反応してしまいました。一緒に金沢旅行をしたときに食べたのがとても美味しかったですよね。のれそれも大好きです。近くにこういうお店があるってうらやましいです!
Commented by oomimi_usako at 2007-04-15 16:24
☆yuko様、塩とレモンの活たこにぎりは、あの時以来の大好物です。いつか魚真さんへご一緒に行きたいですね~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-04-11 10:01 | おそとでお酒 | Comments(2)