K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年6月 日本酒を楽しむための食卓 竹鶴

たくさん入手した安芸のお酒の最後を飾るのは、竹原の竹鶴酒造(ニッカの創始者竹鶴さんのご実家です)の“竹鶴 純米吟醸生酒”。
これは、蔵元で数種類試飲をさせていただいた中から選んだ一本で、抱えて一緒に飛行機に乗ってやってきた愛いやつ(!!)です。
辛口ですが純米酒独特の旨みと、吟醸酒の芳香が、お口いっぱいに広がって、先ずひと口目で『う~ん、美味しい』と思わず声に出てしまうお酒でした。
f0039281_12473839.jpg


併せたお食事
◎やりいかの甘辛生姜煮(写真)
◎銀鮭の幽庵焼き
◎いろいろきのこのごま油炒め
◎かぶと高菜漬けの和え物

ところで、美味しい日本酒を仕入れたいけれど、さりとて蔵元を訪ねて旅にでかける時間もない・・・そういう時に我が家では、デパート(日本橋高○屋、○越本店、横浜そ○う、○急東横店など)の日本酒売り場に行く事にしています。
出来れば“自分達でこだわって選びたい”派なので、品揃えも良く、偏りも少なく、自由に選ばせておいてくれるデパートは最適なのです。
運がよければ、蔵元さんが宣伝も兼ねていらしていて、説明もしていただければ試飲もさせていただけるという事もありますしね。

要するに・・・ストックが少なくなったので、そろそろまた日本酒を仕入れに行かなくてはならない、とまあそういうことなのでした。
[PR]
Commented by kyoko at 2007-06-09 18:36 x
拝啓 のん兵衛様

どこかで日本酒フェアというのがあったようで
そちらにはおいでにならなかったのでしょうか?
えっ?行かなかった?
それはそれは。主催者側も救われましたね。のん兵衛様がいらしたら
会場中の日本酒の樽がカラになってしまいますもの。あ~よかったわ。
Commented by oomimi_usako at 2007-06-09 22:50
☆kyoko様、一時は夫婦揃って500種利き酒に挑戦しようかと計画しました。
しかし残念ながら、諸々の都合により、今回は見送りとなりました。
たぶん私たちが行かなくても、もっと年季の入った多くの先輩のん兵衛様方がカラの樽をたくさん作られたことでしょう。
来週新宿伊勢丹でも日本酒フェアがあるそうで、そちらにも現在チェックが入っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-06-08 23:59 | おうちのお食事 | Comments(2)