K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年9月11日 歌舞伎座 夜の部

今月の歌舞伎座は秀山祭。(昨年の秀山祭観劇記録は→こちら
二代目中村吉右衛門丈のご活躍を拝見できます。
しかしやはりなんと申しましても、“私”なので、メインは夜の部
お目当ては一幕目『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』の三段目である『阿古屋(あこや)』にて玉三郎丈演じる“阿古屋”です。
ゆえにお席も、花道から数えて内側三番目に陣取りました。
f0039281_0203155.jpg

伊達兵庫の綺麗な飾りのたくさんついた大きなかつらや、豪華な打掛の刺繍一つ一つまでもがしっかり見られるようにと・・・。
吉右衛門丈の秩父庄司重忠は、漆黒に金糸銀糸の縫い取りの裃姿が凛として素敵。
初役とのことで、当然私も初めて拝見したわけですが、任に合っているというか、もうすっかり馴染んだお役に見えました。
段四郎丈演じる岩永左衛門は、人形振りで、“竹田奴”と呼ばれる家来達と共にちょっと変わっているので、楽しめます。
琴、三味線、胡弓の三つの楽器を実際に舞台上で弾く玉三郎丈の手元、指先にうっとり見惚れる一幕なのでした。
二幕目は、打って変わって可笑味のある狂言『新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)』です。右京役の團十郎丈が先ず登場されると、“こんばんわ~ご無沙汰してます”と、思ってしまいました。あちらは私の事などご存知無いのに、全くゲンキンなものでぇす。(←助六調)
役者も揃って楽しいひと幕です。(拝見しながら、これって團十郎丈の“地?”みたいな気もするのですが、気のせいかしら?)
f0039281_0211993.jpg

三幕目は、秀山十種のうち『二條城の清正(にじょうじょうのきよまさ)』です。
筋立ては日本史でも学んだことなので難しい話ではありません。
秀頼と彼を守る加藤清正が、二条城で家康に対面する場面とその前後のお話。
初代吉右衛門が「清正役者」と言われるほど得意としていたのが、この清正の役だったそうです。
二代目さんも奮闘されるも、もう少し演出が何とかなると、面白いお芝居になるのにと思うのでした。
それはまあともかく、玉三郎丈の阿古屋にすっかり満足した今日の観劇でした。

usakoの独り言>阿古屋を得意にしたのは、十二代目片岡仁左衛門だったそうですが、記憶にあるところでは“阿古屋と言えば今は亡き六代目中村歌右衛門”。“阿古屋といえば坂東玉三郎”と思う人々の割合が、いつか逆転するのでしょうけれど、それは淋しいような嬉しいような・・・考え出したらなんだかちょっぴりフクザツな心持ちがしました。
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/6327440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ドンカンはツミである at 2007-09-27 20:20
タイトル : 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 『新古演劇十種の内 身替座禅..
勘三郎が、高校の体育館で演じたことでも話題になった人気演目。 そんなわけで、あらすじは知っていたので、とても楽しみにしていました。 今回、奥さんのシリに敷かれているダンナ役は、團十郎さんです。 ・山蔭右京:市川團十郎 ・太郎冠者:市川染五郎 ・奥方玉の井:左團次 どうして男って、浮気がバレたとき、デキの悪い見えすいたウソをつくのでしょう。 正直に白状したほうが、奥さんの怒りも早く収ま・・・・・うーん、そんなわけないか(^^; 奥さんも奥さんで、ダンナに騙されたとわかったとき...... more
Commented by emiemi at 2007-09-12 14:16 x
usakoさ~ん、またまた歌舞伎観劇ですね! usakoさんのおかげで歌舞伎の知識が増えてきました。 まるで実際に見ているかのような錯覚も・・・。ありがとうございますm(._.)m
それにしても、書き込み時間「23:59」にはびっくり!!! もしや、毎日の更新を期待していま~す、とのお気楽なコメがプレッシャーに!?
でも、やっぱり楽しみ(^0^)
Commented by coed at 2007-09-12 20:19
私はお正月の浅草で、獅堂ちゃん=玉の井の身替座禅を。
騒動がまだ記憶に新しい時でしたので、笑うに笑えないぞ!!って、倍楽しめました。
玉様、やはり素敵なんでしょうねぇ~。
Commented by oomimi_usako at 2007-09-12 21:07
☆emiemiさま今日はお休みですね♪
“またまた歌舞伎”う~む、確かに・・・。でも上には上がおいでになるんですよ~(^^)(と何故か弁解)。
毎日更新自体は何でもないことなのですが、“その日の事をその日のうちに書く”のは帰宅が遅くなった時にかなり厳しいと、実は昨晩も思いました。まあその点も工夫しながらご期待に添えます(?)ように頑張りますので、またお立ち寄りくださいませ。
Commented by oomimi_usako at 2007-09-12 21:12
☆coedさま、あははっ、獅堂ちゃんねぇ。。。真面目に頑張って欲しいですねえ。今月は左団次さんでしたので、文句なしに面白かったです。玉様、素敵です。もううっとりです。そして、翌日はまたもやちょっとおしとやかなusakoでございます。
Commented by doggy at 2007-09-13 13:26 x
私も新春浅草歌舞伎で勘太郎くんの右京、
獅童さん(昼の部)、愛之助さん(夜の部)の玉の井で身替座禅を観ました!
とっても楽しいお話ですよね?

それからご報告です!
来月の“錦秋演舞場祭り 中村勘三郎奮闘 十月大歌舞伎(昼の部)”の
チケットをゲットしましたぁ!
母を誘ったら二つ返事で「行きたい!」と言ってくれたので、
お店の定休日に(私はお休みをもらうのですが)、観に行きま~す(^o^)/
Commented by usayamama at 2007-09-13 23:19
わあ〜行かれたのですね。羨ましいです!
玉三郎さんの「阿古屋」はすごく観たかったんです。
いつかかるか、じ〜っと待っていましたがついに来ました!
私も早く行かなくちゃ♪
Commented by oomimi_usako at 2007-09-14 00:21
☆doggyさま、身替座禅はおっしゃる通り楽しく解り易いので、歌舞伎を観始める方に私がお薦めするもののひとつです。この手の演目から引きずり込めば、あとは蟻地獄・・・!!・・・?
お母様とご一緒のご観劇、楽しみですね。
勘三郎さんだから間違いなく期待出来ますね。
またご感想を伺えますのを楽しみにしておりますよ~♪
Commented by oomimi_usako at 2007-09-14 00:23
☆usayamamaさま、是非是非お早く観にいらして~!
もう何度みても、いつ観ても、ため息の出てしまう阿古屋です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-09-11 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback(1) | Comments(8)