K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年12月 東京宝塚劇場 花組公演

11月16日から12月24日まで、東京宝塚劇場は花組公演
公演を重ねるごとにどんどん素敵になっていく、ただいま売り出し中(?)の真瀬はるか(まなせはるか)さんを、今回もまた拝見しに伺える機会をいただきました。
ところがこの公演、トップの春野寿美礼(はるのすみれ)さんの退団公演なのです。
お世話になっているヅカお友達MsTKに春野寿美礼さんの以前のDVDをたくさんお借りして拝見していた為か、私もご退団の話を日経新聞で発見した時には“あ~、ついにこの日が来てしまった”という残念な思いに見舞われ、さらになぜか春野寿美礼さんに非常に大きな哀愁を感じてしまったのでした。
あの流れるような視線、優しくのびやかな歌声・・・それが見納めだと思うと、寂寥感あふれるものがありました。
f0039281_931222.jpg私ごときでさえそんな風に思うのですから、オサさんファンの方々のご心中は察するにあまりあるもの。何だか劇場も、いつもと雰囲気が違うような感じさえいたしました。
ロビー階段横のクリスマスツリーもちょっと寂しげ・・・。
公演は、いつものようにお芝居と、レビューの二本立て。
ミュージカルピカレスク“アデュー・マルセイユ”は、ストーリーは“水戸黄門”的な展開で、ハラハラしながらも最後は安心。なかでもタンゴコンテストの場面では気持ち良いダンスシーンも楽しめました。(かつて競技舞踏をやっていたusakoはタンゴ好きです)
グランドレビュー“ラブシンフォニー”は、妖艶かつ明るく楽しいダンスが続きます。退団されるのがウソのように、春野寿美礼さんは、いつものようにキラキラ輝いておられました。そう、私には、まだ次回公演があるかのようにすら感じられたのでした。
f0039281_9335090.jpg

そして私も・・・感傷に浸る余裕などなく、ひたすら『はるかちゃん(こう呼ばせていただいてます)頑張ってダンスしているわねえ』『あっ、はるかちゃん目立つ!』『はるかちゃん、ロケット可愛いい~』などと、すっかり楽しませていただいてしまったのでした。
談笑する演技をしているはるかちゃんの笑顔が、“お母様そっくり~”とは、ぴょんこちゃんの弁。
きびきびしたダンスは、その一生懸命さが何とも可愛く思えて、眼がクギ付けになってしまいました。オサさん見納めにもかかわらず、オサさんとはるかちゃんが一瞬ニアミスする場面以外は、ずっとはるかちゃんを見続けていたわけで・・・この時ほど“おととの眼”が羨ましく思えたことはありませんでした。
でも本当に、はるかちゃんには、早く私の大好きな“花組男役さんのエンビの群舞”に加われるようになって欲しいなあと、その日が今から待ち遠しくてたまりません。

終演後、“最後の公演には実はこれを観たかった”と私が思う、大好きな“エリザベート”DVDをサヨナラの記念に購入するつもりでした。(はるかちゃん入団前の公演なのが残念ですが)
でも、いつものようにすっかりのぼせた私は、完全に忘れて帰宅。
あ~また売店に行ってこなくちゃ!
[PR]
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/6987336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coed at 2007-12-04 18:32
あらっ、usakoさま。
素敵なおみ足が上がっておいでではないですか?
いいなぁ~、観劇。ばたばたの毎日で、少々ストレス溜り気味の日々です。
でも、一緒に観て来た振りして、私も踊っちゃおうっと!
Commented by oomimi_usako at 2007-12-05 14:03
☆coedさまったらどこから覗いておいででしたか?是非是非ご一緒に踊りましょう~。
私・・・観劇やあれこれ御用をクリアしていく毎日で、年末の必須事項がひとつも捗らず(リースもまだ作ってません!)逆にストレス溜り気味の日々です。
やるべきことは先にやらなければなりませんね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-12-03 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(2)