2008年4月 山種美術館 桜さくらサクラ・2008ー名所の桜・ものがたりー

過ぎてゆく桜の季節を惜しんで、三番町の山種美術館に“桜さくらサクラ・2008ー名所の桜・ものがたりー”という絵画展を見に行きました。
いつも割とゆったり鑑賞できる山種美術館も、企画が企画ゆえ、“静かな盛況”と言う感じ。(そしてこちらもまたシルバーラッシュで有りました・・・
f0039281_9392366.jpg
いにしえからの桜の名所と言われる場所を描いた作品や、桜に所縁の物語を題材にした作品を取り上げて、丁寧な解説とともに展示がされています。
桜といえば、東山魁夷氏の「宵桜」が当代随一と思っていた(usakoの極めて個人的評価です)のですが、今回こちらで初めて見た作品の中に、とても好きなものを見つけてしまいました。
それは、石田武氏の「吉野」という作品です。
霞みのように薄紅の桜が咲き誇る吉野山の遠景に映える、吉野杉。
その深い緑色をした木の色と、天に向かって真っ直ぐに伸びる円錐形の木の形が、桜の柔らかさと相まってとても魅力的な一枚でした。
その他、見る者に迫るような屏風絵の稗田一穂氏「惜春」
朧満月が夜桜を照らす様子が、とても優しく感じられる、石田武氏「春宵」。
そして、川端龍子氏の「さくら」は、桜の古木の幹の途中の、若葉と花房をスポット的に描いた作品で、その視点の定め方に、とても心惹かれました。

帰ろうと外へ出ると、この時期にしては高めの気温に心地よい風が吹いていました。
その風に誘われて国立劇場の方までちょっとお散歩。
皇居のお堀端の桜も、イギリス大使館の桜も、青空に向かって気持ち良さそうに若葉を伸ばし始めている卯月の午後でした。
[PR]
by oomimi_usako | 2008-04-16 09:35 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/7858057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ