2008年6月 フラワーアレンジメントのレッスン

実家でレッスンしている、母のフラワーアレンジメントのお教室。
今月も長くお越しくださっているベテランのお二人が、綺麗な作品を仕上られました。
まず、日本の六月といえば、紫陽花と双璧を担う花、芍薬。
f0039281_11364869.jpg

リョウブとの取り合わせで和風にもなる花材は、伸びやかな広がりを感じるこんな艶やかなお作品に仕上がりました。
活けた方も、この芍薬のような方なのです。
そしてもうひとつ、遠くイギリスの六月を思わせるかのようなバラ。
f0039281_11372619.jpg

そのままブーケになりそうな可憐なアレンジメントは、梅雨らしい水色が差し色となって、落ち着いた大人の雰囲気が見え隠れするお作品に仕上がりました。
こちらを活けられた方も、まさにこのアレンジメントのような方なのです。

それぞれに、その方のお持ちになる雰囲気が良く出ていますので、拝見させていただいて『あら~、○○さんらしいわ~』と思ってしまいました。
皆様お疲れ様でございました。
[PR]
by oomimi_usako | 2008-06-24 10:32 | usakoのお教室 | Comments(4)
Commented by hikomama at 2008-06-24 20:45 x
素敵ですね。
暫く、ちゃんとお華を活けていない私、・・・花は、心にユトリがないと映えませんね。お友達から、『月桃』の種を頂きました。 『月桃』というと、我が家では、近所にある焼肉屋さんになってしまうのですがー。 この種を植えてみたい・・・駄目にしてしまうかも・・・(ヒコママの葛藤の日々・・to be continued)
Commented by jakky123 at 2008-06-25 01:49
お二人を存知あげないのに、、、
お二人のお人柄やお気持ちが現れている気がしてしまいます。
書でも絵でも陶芸でも、心の鏡ですよね~
Commented by oomimi_usako at 2008-06-25 09:05
☆hikomamaさま~ありがとうございます、と代わってまずは御礼申し上げます。
お花は気持ちを平らかにしてくれますよね。
華やかで豪華なものでなくても、ホンの小さな一輪でもその利き目は大きいと思います。
月桃とは、めずらしいですね。咲いているのをライブ(?)で見たことがありません。
ましてや種とは!
関東地方で育てる時にはきっと、箱入り娘の温室育ちにすれば大丈夫なのではないでしょうか?
是非是非お花を咲かせて鑑賞会をしてくださいね♪
Commented by oomimi_usako at 2008-06-25 09:06
☆jakkyさま、本当におっしゃるとおりだと思います。
活けたお二人も、こちらのコメントをご覧になってきっと、喜ばれると思います。
ありがとうございます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ