2008年10月1日 日本酒の日に見たもの飲んだもの

今日、10月1日は「日本酒の日」です。
せっかくなので、日本酒の日に因んで“たばこと塩の博物館 四大嗜好品に見る嗜みの文化史”(渋谷 公園通り)を見に行ってきました。
f0039281_21225686.jpg

今回の展示は、開館三十周年記念の特別展。
四大嗜好品、すなわち“茶”“酒”“コーヒー”“たばこ”それぞれの発生から伝播の歴史を、パネルや資料、収蔵品、映像などとともに、詳しく紹介展示しています。
とても判りやすい展示で、見応えがありました。
“茶”のところでは、日本茶だけでなく、私がお勉強したばかりの紅茶のことにも触れていました。
スクールの授業の中で、スライドなどで見せていただいたものと同じ資料なども展示されていて、良い復習となりました。
また、身近なこれら嗜好品は、古今東西問わず、絵画(浮世絵なども含む)の中にも案外たくさん書き残されていることもわかり、今後絵画鑑賞などするときにも、気をつけて見て行きたいと思いました。
f0039281_21232968.jpg

さて、いろいろお勉強も出来てすっかり御機嫌になった私。
次はいよいよ、日本酒の日の宴のための御酒選びです。
向かった先は、東急東横店フードショーにある御酒売り場。
こちらは、日本酒の品揃えが素晴らしく、珍しいものや変わったものを見つけることができるので、とても好きなところです。(日本酒だけでなくビールや焼酎、そしてワイン、リキュールなど、どれもかなり充実していると思いますので、ご参考まで。)
足取りも軽く、日本酒の冷蔵ケース(我が家の冷蔵庫と思っているフシも若干有り)に向かおうとすると、通路際でPR中の“あさ開”が目にとまりました。
『試飲なさいませんか?』
今朝の新幹線でいらしたとおっしゃる蔵元のご担当の方に、結局5種類も試飲させていただき(どれも美味でした)、いろいろためになるお話も伺って、選んだのはこちら。
“あさ開 純米大吟醸 原酒生もとづくり 木桶ひやおろし”です。
酒米には、岩手のお米“吟ぎんが”を100%使用して、東急からの注文で特別に作ったという“東急限定酒”で、現地でも手に入りにくいお品なのだそうです。
実は、10日ほど前、おなじ“あさ開”の純米吟醸ひやおろし酒米=いわてっこ100%)を一本空けておりましたが、それとは、本当に全く違うお味です。
f0039281_2124244.jpg

“今は少なくなった木桶と昔ながらのきもと作りにて醸したお酒を、ひと夏の間、蔵の中でじっくりと貯蔵いたしました。程よく熟成し、ちょうど飲み頃です。生の独特の味わいと、木の優しさを感じられ、飲み応えのある限定の純米大吟醸酒です。”(店頭の説明文をそのまま引用させていただきました。蔵元のご担当の方に許可を頂いて掲載しています)

まさにご説明の通り、木桶の芳香に、なんともいえない旨みとコクが感じられました。
あわせたお肴はこちら。
蔵元のご担当のかたのアドバイスに従って“ハッキリした味の濃いもの”をあわせました。
f0039281_21255852.jpg

秋刀魚の醤油豆煮。
お一人さまずつの湯豆腐鍋。
焼白茄子のおかか風味。
いかの塩辛。
でも、一番のお薦めは、ちょっとしたおつまみだけでグビグビ…いえ、チビリチビリといただくのが一番美味しいようです。
明日…銀座若菜の豆腐の味噌漬、調達してきましょうか♪(合いそうなんですもの
良い、日本酒の日になりました。
f0039281_21263244.jpg

usakoの補足>古来中国の暦では、収穫された新米を使って新酒を作りはじめる月に因み、暦のこの月に、酒壷の形をあらわす象形文字「酉」を当てはめていました。
日本でも、1965年以前の酒造年度は“10月1日から”(現在は7月1日から)と定められていて、各酒蔵ではこの日を「酒造元旦」として祝っていたそうです。(その風習は今でも残っているところもあるそうです)
そして、酒造年度が変わってしまっても、古くから存在するこの“酒造元旦”を残すべく、日本酒造組合中央会が1978年から10月1日を「日本酒の日」と定めたというわけです。

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-01 21:11 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ksweetk.exblog.jp/tb/9238355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by emiemi at 2008-10-01 22:22 x
「5種類の試飲」に、笑わせていただきました!
これはもう「試飲」ではないように思われます・・・きっと、担当の方がusakoさんの飲みっぷりにうっとりして、気持ちよく勧めてくださったのでしょうね。usakoさんの日本酒に対する【愛】もビンビンと伝わったのだと思います。
それにしても、御酒に合わせてメニューを考える(その逆もありますよね)usakoさん、素晴らしいです。なかなかマネはできません。尊敬!!!
Commented by jakky123 at 2008-10-02 01:51
たばこと塩の博物館かァ。。。懐かしいなァ。。5年くらい前に行きました。
実は昨日、usakoさんの影響で、jakkyも「ひやおろし」買ってきたの。
金曜にとってあるんだ♪
Commented by oomimi_usako at 2008-10-02 08:48
☆emiemiさま、『さすがプロは、のんべえを見極められるんだねえ』とは、主人の感想。
確かに最後には、おつまみが欲しくなりました。
でも、本当に美味しいお酒ばかりだったのですよ~!!
emiemiさまも、きっと全種試飲可能でいらっしゃることかと思いますっ♪
Commented by oomimi_usako at 2008-10-02 08:48
☆jakkyさま、まあ、何を入手されたのでしょう!
ブログに書いて下さいね、楽しみにしています~♪
Commented by ぷうざ at 2008-10-02 13:50 x
ごめんなさ~い!!バタバタしておりましたら、すっかり旬を逃してしまいましたが、お誕生日おめでとうございましたぁ~!!
いつもブログを拝見すると、知らなかったたくさんのことを読ませていただけるので、とっても感謝しています。
これからも素敵なブログで楽しませてくださいね。
そしてまたまた、usakoさんらしさ炸裂の日本酒話。
試飲の量に私もびっくりしています.
Commented by oomimi_usako at 2008-10-03 10:13
☆ぷうざさま、ありがとうございます~♪いつも読んで下さってありがとうございます。
試飲というと何となく、あのプラスチックの小さいカップいっぱい、ついでもらうような印象があるかもしれませんね。
そういえば、私が試飲させてもらっているときに、隣りにいらした同い年位の奥様が、蔵元さんがついで下さった量をみて、『もっと入れてくださいっ』とおっしゃったのを聞いて、もしや酒豪でいらっしゃるかしら?驚きましたが、その後の会話を聞いて、日本酒に詳しくない方だとわかって安心(?)しました(^^;)
通常は、一回5ml位(小さじ一杯程度)なんですよ。(これ、お紅茶も一緒です)
だから計25ml。
ね、大したことないでしょ???
なので、5種類も大したことないのです!!(←しつこい?)
Commented by まりりんまま at 2008-10-03 13:30 x
うふふ、10月1日は絶対に日本酒の記事をお書きになるわ!と思っていましたら、やっぱり!
伯母も、10月になると凄く忙しくなるのよ!と言っていましたっけ。
で、冬になると母が酒粕を配りまくると、もうそういう季節なのですね~。
お魚も脂がのって美味しくなり、お酒も進みますね。
今後も美味しいお酒におつまみ、の情報もお与え下さいね。
(茄子好きにはたまらない、おかか風味、やってみます)
Commented by oomimi_usako at 2008-10-03 17:51
☆まりりんままさまには、お見通しでしたか~。降参です!(?)
いろいろな蔵元さんの御酒をいただいてブログに綴るうち、やがてある時突然まりりんままさまに“そのお酒ですよ”と、おっしゃっていただく日が来るのを楽しみに盃を重ねております。
お茄子は絶対白茄子をお使い下さいね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ