カテゴリ:おうちの調味料( 30 )

美味安心のマヨネーズを使って。

美味安心ブランドは、素材にもお味にも、そして価格にもこだわった商品を作っている株式会社美味安心が作っています。
こちらのクリームチーズを使ったレシピは、以前にご紹介しました。
今度は、マヨネーズを使った、チャチャッと作れるレシピをひとつ。
f0039281_23553287.jpg

急いでお夕食の支度をしなければならないときに、
私が良く作るお料理の一つです。

のせて蒸すだけ、鮭のクリーミー蒸し

ホイルの上に具材を重ねてマヨネーズをたっぷりのせて包みます。
あとは蒸すだけ。
加熱されて、一層とろりクリーミーになった美味安心マヨネーズに、
ひと垂らしのお醤油で、お味を引き締めたら
柑橘果汁をたっぷり絞って、香りを立てて召し上がれ!

一人あたりの量。

旬の鮭切り身 一枚(約80g)
えのきだけ  普通株半分
にんじん   5cm位を千切り
細ねぎ    4本くらいを5cm位にカット
酢橘、かぼすなど 適量
美味安心マヨネーズ 大さじ2
醤油     小さじ1

1アルミホイルをA4~B4位の大きさで一人分一枚ずつ用意する。
2ねぎの1/4量程度をホイルの中央に置く
3その上に、鮭→にんじん→えのきだけの順にのせていく
4マヨネーズを具材の上にまんべんなくかけるようにのせ、細ねぎをさらに上にのせる。
f0039281_2359226.jpg

5ホイルで具材を包む。汁が出るので、それが洩れないようであればどんな包み方でもOK.
f0039281_23592797.jpg

6蒸気の上がった蒸し器で15分蒸す。
7蒸しあがったら汁も一緒にお皿に移し、お醤油を全体に回しかけ、柑橘類の絞り汁もまわしかけて完成です。
f0039281_23595551.jpg

他の白身のお魚でも応用可。
上にのせるお野菜も、お好きな具材でどうぞ。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
恒例お誕生月毎日更新も、あと3日。
ボーイング787が飛んでくるのは、いよいよ明日。(・・・?)
お励ましのクリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-09-27 23:50 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(10)

横浜 岩井の純正胡麻油 ふりかけ

f0039281_2391332.jpg

鰹のたたきは、時々中華風にしていただきます。
盛り付けた鰹の大皿に(盛り付けすぎて鰹が見えませんね)最後の仕上げに使うのが
岩井の濃口純正胡麻油 ふりかけ
f0039281_2393083.jpg

愛用している胡麻油の横浜・岩井が出している、胡麻油の濃縮版。
大皿なら、ぐるりぐるりと、二廻しほどかけてみますと・・・
琥珀色の香気が芳しく立ち上ります。

本日もお立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-06-11 23:07 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(2)

2010年8月 煎り酒とコリンキー

さて、スライスしたコリンキー
和風マリネのお味付けをするために、使いましたのは、煎り酒です。
f0039281_18292544.jpg

私は、銀座三河屋の煎り酒を、日本橋三越デパ地下の調味料売り場で買い求めて、愛用しています。
先日、六本木ミッドタウンをウロウロしていた(また?!)時に、DEAN & DELUCAでも、発見しました。
もちろん全く同じものなのですが、三越の、ピンクとブルーと紫のおなじみの袋に入れて貰ったものと、DEAN & DELUCAのおサレな感じのする袋に入ったものとでは、なんだかお味が違うように思えてしまうのは、とても不思議なことです、これは余談ですが。

この煎り酒。
皆さま御存知とは思いますが、念のため記しておきます。
日本酒に梅干と花がつおを加え、じっくり煮詰めて作る調味料。
江戸時代から作られ、便利に使われてきたものです。
お醤油を使うより塩分が控えられ、代わりに旨みが加わるため、いろいろ便利に使いまわせます。
よく、煮物に梅干を一つ入れて隠し味に、な~んてレシピがあったりしますが、それは要するにこの原理です。(なお、三河屋の煎り酒は、梅干ではなく、梅酢を使っています。)
f0039281_183076.jpg

スライスしたコリンキーに千鳥酢をたらりとまわしかけ、少しなじませてから、煎り酒をやはりひとまわし。
良く混ぜてそのまま冷蔵庫に。
30分もあればお味が付いて美味しくいただけます。
さらに2日後、煎り胡麻を捻ってパラパラとかけていただいてみましたら、ますます美味なコリンキーでした。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-24 18:25 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(15)

2010年3月 京都 山田製油 へんこごまねりねり

練りごまも、いろいろありますが、最近続けて使っているのがこちらのもの。
京都西京区の山田製油の練りごま。
へんこごまねりねり。
可愛いネーミングですが、お味はかなり優れもの。
ごまの油分にくせがなく、さっぱり美味しいお味です。
f0039281_21393781.jpg

あたりごまから作っている時間がないときには、
このごまねりねりに、お砂糖お醤油を“適当に”加え混ぜて、和え物に使います。
おだしで割って調味すれば、しゃぶしゃぶのごまたれに。
お味噌と混ぜれば、和風ドレッシングに。
デザートに、ごまプリンも作れます。
そんなこんなで、一瓶は、あっという間になくなります。

usako補足>山田製油のHPでは、ごまを使ったレシピがたくさんご覧になれます。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2010-03-11 21:29 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(8)

2010年2月 横浜 岩井の胡麻油

f0039281_14555719.jpg

東急のフリーマガジンSALUS2月号を見ていて、見つけてしまったものです。
岩井の胡麻油

創業は安政四年(1857年)、大河ドラマで旬の時期。
以来、昔ながらの伝統的製法で、安定剤など添加物をまったく使わずに作っているそうです。
いままで、ちょっと遠方の老舗の胡麻油を愛用しておりましたが、
こんなお近くに良い胡麻油が作られているとは、存じませんでした。
お味は、美味。
香り、良し。
これから愛用していきたいと思います。

usakoの補足>お教室へお越しの皆さま、今度いらしたときに是非お味見なさってくださいね。
ランキングに参加しています。
本日も、応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2010-02-17 14:54 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(14)

2009年9月17日 シーズニングのこと

日々のお料理をする時に、仕上げのちょっとした味の変化をつけるのにとても役に立つのがシーズニングスパイスです。
いろいろなお味のものが出ているので、ドライハーブと共にいくつか揃えて使っています。
f0039281_20465813.jpg

先日、トマトナイフと共にお土産に頂いた、あちら(=欧州)のBIOタイプシーズニングは、ハーブの香り豊かでとても美味。
アフタヌーンティのサンドウィッチにも、活用させていただいています。
いつも使っているのは、マスコット社のサラダエレガンス
こちらも、セロリの香りをメインに、各種ハーブの香りが効いているので、隠し味に愛用しています。
ローストやムニエルや揚げ物の下味、
手作りドレッシングの味付け、
マヨネーズのお味に一ひねり、
ピラフ、
スープ、
パスタ等々、何でも御座れです。
f0039281_2049452.jpg

能書きによれば、天ぷらにかけたりしても良いそうな。
洋風のシーズニングスパイスだけでなく、和製シーズニングも含めて、いろいろ取り揃えておいて“塩、胡椒”の工程をそれらに置き換えてみるだけで、不思議や不思議、お料理のレパートリーがどんどん増えていくのです。

貴女のお気に入りは、なんですか?

☆お誕生日月につき、毎日更新挑戦中。
2008年9月17日の記事は→こちら

↓本日も、おひと手間ではございますが、クリックをよろしくお願いいたします。(別ウインドウでブログ村ランキングが開きます)
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-09-17 20:42 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(4)

2009年9月16日 ハインツのホワイトソースで作る“ ロールレタス”

レシピブログの宿題第二弾。
今回は、ハインツホワイトソース缶を使ってのレシピです。
「ロールレタス
f0039281_2044010.jpg

そのまんま、という感じのネーミングは、イマ10歩ですが、熱を加えて綺麗な緑色になったレタスと、フィリングの赤色が、ソースの白色が映える一品です。
マレーシア料理からヒントを貰いました。

<材料>二人分
レタスの葉 6枚(綺麗にはがし取った大き目のもの)
えび    大10尾(殻と尾を取って、半分位に切っておく)
にんにく  ひとかけ(皮をむいて半分位に切っておく)
たまねぎ  中半個(皮をむいて四片位に切っておく)
赤ピーマン 中1個(ヘタと種を取り四片位に切っておく)
オリーブオイル 大さじ1
パセリ   みじん切り大さじ山盛り1
ハインツホワイトソース 1缶
ミルク   ホワイトソース缶の約半分量
塩、胡椒、ナツメグ  適量

<作り方>
f0039281_20443376.jpg

①レタスの葉は、鍋に沸騰させた湯で一枚ずつ湯がき、芯の部分が柔らかくなる位で氷水に取る。
②①の粗熱が取れたらざるにあげて水気を切っておく。
③えび、にんにく、たまねぎ、赤ピーマンをフードプロセッサにかけ、大き目のみじん切りにする。
④フライパンにオリーブオイルを入れてあたため、③を炒めて海老に火を通し、最後に塩、胡椒で味をつける。
f0039281_2044591.jpg

⑤レタスの葉を拡げ、④の1/6をスプーンなどで掬ってのせて巻き、楊枝で留め付ける。(写真ご参照)
(葉の付け根部分に具をのせたら、その部分を巻き込む)
f0039281_20452032.jpg

(さらに左右を中央に向かって折り、あとはクルクル・・・)
f0039281_20453789.jpg

⑥④のフライパンを洗わずに、そこにハインツホワイトソースを開け、さらにミルクを加えて軽く混ぜてから中火にかける。
⑦煮立ってきたら弱火にして、ナツメグを加え、⑤を並べ入れ、ソースを大きなスプーンでかけながらソースが6割ほどになる位まで煮詰めていく。(焦げないように時々フライパンを揺すりましょう)
f0039281_2046751.jpg

⑧お味をみて、足りなければ塩胡椒で調えて最後にパセリをふり入れる。
⑨楊枝を取って、お皿に盛り付ける。(楊枝を取ることは絶対に忘れないように!)
f0039281_20462742.jpg

*ハインツホワイトソースは、それ自体にすでに塩味がついていますので、なるべく胡椒やナツメグでお味を調えます。
*ミルクの変わりにお水でも充分美味しく仕上がります。
*赤ピーマンでなく赤パプリカを使用する場合は、分量は半個程度で良いと思います。


☆お誕生月につき、毎日更新挑戦中。
2008年9月16日の記事は→こちら
[PR]
by oomimi_usako | 2009-09-16 20:40 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(8)

2009年9月7日 ハインツデミグラスソースで作る三代目のミートスパゲティ

宿題第一弾です。
いただいたハインツ製品のうち、70gずつに小分けされた“ちょっとだけデミグラスソース”を使って作りましたのはこちら。
“三代目のミートスパゲティ”
f0039281_2025968.jpg

小さい頃から食べてきたグランマチャコ(=祖母一代目)、そしてマダムチイ(=母二代目)の作るミートスパゲティは、挽肉とそしてニンジンがたっぷり入ったスパゲティ。
ミートソーススパゲティではなく、ミートスパゲティというその名のとおり、お肉でいただくスパゲティです。
今は更に三代目、つまりぴょんこちゃんと私が、それぞれのおうちで再現して作っています。
時々思い出しては、食べたくなる懐かしい味。
今回は、トマトケチャップの分量をいつもより抑え目にして、デミグラスソースの風味を生かしたレシピにしてみました。

<材料と分量>(二人分)
・牛挽肉 100g
・にんじん 100g(細かく切る、賽の目とみじん切りの中間位)
・たまねぎ 100g(みじん切り)
f0039281_20252813.jpg

・ハインツ  ちょっとだけデミグラスソース 1袋(70g)
・トマトケチャップ 大さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・塩 胡椒 それぞれお好みの量
・パセリ(仕上げ用) 大さじ1~2 (みじん切り)
・粉チーズ (仕上げ用)大さじ2(一人分は大さじ1ずつ)

・パスタ 二人分
・オイル 少々

<作り方>
0 パスタを茹でて、お好みのオイル(我が家では香りの良いオーフスカールスハムン社のピュアスウィートアーモンドオイルを使用)少々で和えておく。

1 ボールに挽肉をいれ軽くほぐす。
2 1にハインツデミグラスソースとトマトケチャップを加え、全体をなじませるようにへらで混ぜる。
f0039281_20255124.jpg

3 ニンジン、たまねぎも加えて更に軽く混ぜる。
4 フライパンにオリーブオイルをのばし、3を入れてから、中火に掛ける。
5 ほぐしながら炒めていると、汁気が出てくるが、更にその汁気が引くまで(この間にすべての具材に火が通ります)炒め続ける。
f0039281_2026399.jpg

6 塩、胡椒で味を調える。
7 お皿にパスタを盛り付け、その上に6をよそう。
8 パセリ、粉チーズをかけて、さあ、召し上がれ!
f0039281_20312624.jpg


レシピブログのランキングにも参加中です。




☆お誕生月につき、今年も恒例の毎日更新挑戦中。
2008年9月7日の記事は→こちら
[PR]
by oomimi_usako | 2009-09-07 20:21 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(8)

2009年8月 鎌田醤油 の さしみ醤油

夫婦揃ってお魚好きの我が家で、美味しいお酒をいただく時に欠かせないのは、同じように美味しいお刺身です。
“日本酒を楽しむ食卓シリーズ”(?いつの間にかシリーズ化?)を、じーっとご覧いただいている方は、すでに気がついておいでですよね、きっと。
よく見かけるパック入りのお造り一人分だと、量が足りずに争奪戦になってしまいます。
かといって、あれを何パックも買うと割高な上に、必要以上のツマとなぜかパセリが大量に残ってしまい、とても不経済
それゆえサクか一尾を出来るだけ入手するようにして、エンゲル係数の上昇を防いでいます。
楽しい宴を迎えるにも、それなりに苦労があるわけです。

そうして用意したお刺身は、やはり美味しいお醤油でいただきたいもの。
f0039281_13551379.jpg

いつも常備しているのは、鎌田醤油(香川)のさしみ醤油です。
お使いのおうちも多いのでは?
一度搾ったお醤油で、もう一度麹を仕込む“再仕込み”のお醤油をベースに作っているお刺身用のお醤油。
赤身のお魚に・・・と言われていますが、白身もこくが出て美味しくいただけると思います。
そうそう、赤身の中でも、よりコッテリ度が高いものには、鹿児島キンコー醤油の“かんろ”という甘口醤油がベストマッチ。
こちらのお醤油は、今年三月鹿児島を旅した時に、出会ってからの贔屓です。

いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-08-27 14:00 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(10)

2009年6月 長野善光寺 八幡屋礒五郎 七味唐辛子

f0039281_17285163.jpg
七味唐辛子は、どちらのものをお使いですか?
我が家では、八幡屋礒五郎のものと、やげん堀からしや中島徳右衛門のものを、交互に使っています。
どちらも、お味がよくてマイルド。
いまは、後者のほうを使っています。
このいずれかであれば、唐辛子ちょっと苦手な私にも、大人のお味(?)が楽しめます。(辛子明太子スパゲティで胃痛が起きる不慣れさです)
f0039281_17292591.jpg
信州は善光寺の御開帳にお出かけになった方から、頂いたのがこちら。
御存知、八幡屋礒五郎の七味唐辛子・・・ですが、“御開帳缶2009年イヤーモデル”仕様です。(写真不鮮明はご容赦ください)
パッケージからして、とてもご利益がありそうな有り難い絵柄。
ついつい沢山かけたくなったりしそうです。

Thank you very much, Ms KY !
[PR]
by oomimi_usako | 2009-06-03 17:30 | おうちの調味料 | Trackback(1) | Comments(2)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ