K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:おそとでお酒( 76 )

まるで、舞台セットのような風情ある佇まい。
神田司町の居酒屋、みますやです。

f0039281_23421788.jpg
正統派と言うべきか、由緒正しきと言うべきか、
創業1905年の老舗中の老舗です。
f0039281_23422760.jpg

このお店のような居酒屋さんに出掛けるのは、
ワクワクするような楽しさがあります。

扉を開けると、
思い思いに御酒を楽しむ老若男女の呑兵衛の皆さまが
大勢おいでになります。

日本酒の種類も多く、大きな冷蔵庫の前のお席に通されでもしたら、
それを見ているだけでも良いお肴になるというもの。
(あれ?このシチュエーションどこかでもありましたね)

f0039281_23423742.jpg

その上、メニュー…いえ、お品書きにならぶ墨書きのお料理の数々は、
お酒意外になにをか合わせん、と見えない注意書きが添えられているかのようです。

雰囲気と言い、御酒のラインナップと言い、そしてもちろんお料理と言い、
私も呑兵衛友達も、みんな気に入っているので、
リピート率の高いみますやさんです。



[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-28 23:28 | おそとでお酒
ホテルオークラの本館は現在改装中ですが、別館だけを使って営業は続けられています。
もともと別館が出来た時からあるバーハイランダーでは、
オークラ風のフィッシュアンドチップスや、ラム肉のシェパードパイが頂けますので、
ビールと併せて軽いお食事をしてきました。
f0039281_21491101.jpg
スコティッシュバーという店内は、赤と緑が基調の内装が素敵です。
これは、別館の貴賓室(入ったことはありませんわ~)や、
フレンチレストラン、ラ・ベル・エポックと共に、
イギリスのデザイナー、ケニルワース男爵が手掛けたものなのだそうです。
f0039281_21491939.jpg
テーブルも、スコットランドの進軍太鼓を使って、トップにガラスを置いてある面白いもの。
そこにヘンドリックスというジンのカードがディスプレイされていました。
f0039281_21492531.jpg
お店の方に、面白いですねとお話すると、勧めて頂いたのがこのジンのカクテル。
柑橘系の香りのほかに、きゅうりと、薔薇の香りのジンを、シャンパンで割って…。
f0039281_21500064.jpg
想像してもピンときませんでしたが、
百聞は一見、いやいや一飲にしかず。
作って頂いて、その美味しさにびっくり。
飾りもラブリーで、その清々しい爽やかなお味が、
なにやらとてもクセになる、そんな感じがいたしました。



[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-11 22:00 | おそとでお酒

またひとつ、御酒の品揃えの良いお店を見つけました。
田町の駅近く。
正確に申せば、“日本酒好きのお友だちに教えて貰った”のではありますが。

f0039281_22583853.jpg
日本酒だけでなく、焼酎もいろいろ取り揃えられていますし、
お伴にするお肴も、間違いなく御酒によくあう美味しいものばかり。
まさに、呑兵衛のためのお店と言っても間違いありません。
f0039281_22584694.jpg
次に飲むものを探すときは、メニューを眺めても良いのですが、
目の前の冷蔵庫の中の一升瓶から、あれこれとお願いするのが、これまた楽し。
f0039281_22585332.jpg
ふと気づきました。
日本酒を頂く時には、もちろん美味しいお肴があれば、いうこと無しですが、
ずらり並んだ一升瓶を眺めながらというのが、何よりのお肴になることに。


日本酒のおつまみに日本酒を…。
果てさてこれは、次なる境地に差し掛かったということでしょうか。


[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-05 23:00 | おそとでお酒
酒蔵を見せて頂いたご縁で、松江の米田酒造さんから、
今年出来た御酒の、試飲販売をなさるとのお知らせをいただきました。
f0039281_18243658.jpg

場所は、日本橋島根館。
夫婦揃ってイソイソ出掛けて、お披露目となった御酒を
ぜ~んぶ、お味見させていただきました。
米田酒造さんの醸す日本酒は、正に島根の日本酒らしいお味です。
軽くて呑みやすいけれど、爽やかな旨みがお口に残り、
宍道湖の幸が、するするとたくさん頂けてしまうのです。

とはいっても、店頭での試飲販売。
その場で、御肴をつまむわけには行きません。
杜氏の方に、秋の元気な再会をお約束して、
私たちは、お隣の島根料理のお店、主水へと移動しました。
f0039281_1825540.jpg

島根の日本酒を、地元の食材と共に楽しむなら、
何といってもこちら主水です。
今回も美味しい食材を堪能しました。
こちらは、真鯛とキカナのお造り。
鯖を甘辛い胡麻醤油で和えたもの。
f0039281_18252617.jpg

宍道湖しじみの酒蒸し。
f0039281_18254550.jpg

f0039281_1826164.jpg

私からは遠い側にセットしてもらったので、
殿が取り分けてくれました。
これは貴重な画像です。
お家では、お食事に関することは何にもなさいませんので、
こうして取り分けていただけるのは、十年に一度位です。
f0039281_18263789.jpg

f0039281_18272268.jpg

烏賊に、あおさの玉子焼き。
そして、島根産の岩牡蠣。
f0039281_182743100.jpg

あらまあ、だめだめ、お行儀悪い。
f0039281_1828525.jpg

どこかの都市の首長さんのように、指をさしてはいけません。
・・・見事な岩牡蠣の大きさがお分かりいただけるように、
私の小さな指を出してみましたの。
平にご容赦。
f0039281_18285813.jpg

そして、もちろん出雲そばをいただいて、
島根の宴を〆ました。

いただいた日本酒は・・・
島根のメジャーどころを、二人でほぼ網羅いたしましたので、
銘柄については、省略させていただきます。



    ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-06 18:23 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)
ー南三陸町は、東北は、おいしい。
みんながつながれば、うれしい。ー

…をコンセプトに、あくまでも東北にこだわって、美味しい日本酒や食材を、
同郷の取り合わせで楽しむことのできるお店が、コレド日本橋の裏通りにあります。
それが、日本橋わたすカフェ
f0039281_10593631.jpg

f0039281_10595642.jpg

白い内装に、木のカウンターは、かわゆらしくお茶とケーキが登場しそうではありますが、
そう見せておいて、この日本酒のラインナップ。(もちろん他の御酒も豊富です)
f0039281_1101451.jpg

直送のお刺身から始まって、
お料理もバラエティに富んでいました。
f0039281_1103052.jpg

気仙沼の鱶のフライ。
f0039281_1104853.jpg

海苔の佃煮は、御酒のお伴に最適。
f0039281_111793.jpg

可愛いポットの蓋をあけると…
f0039281_1112673.jpg

f0039281_1114634.jpg

酢だこ登場。

一階はカウンターで、二階はテーブル席。
コテコテの居酒屋さんで、 豪快に 楽しむ日本酒はもちろん美味しけれど、
こんなカフェのような可愛いおみせで、 くいくい 楽しむ日本酒も、
また、美味しいものです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-17 10:55 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(10)
秋のお彼岸は、入りからずっとお天気に恵まれています。
夏を越すと、草取りという仕事も加わりますので、
思いがけない時期に、思いがけない場所で、日焼けの心配が必要になるほどでした。

墓参のあとは、いつもお疲れさま会。
今回は、下北沢の居酒屋さん“とぶさかな”に立ち寄りました。
f0039281_2102876.jpg

暮れ方の下北沢の路地に、こんな道しるべが現れたら、その先がお店です。
お魚をいろいろお願いして、日本酒で乾杯して楽しみました。
f0039281_211262.jpg

白エビ、かんぱち、あなご、青鯛、干しホタルイカ、それと、
そろそろお月見も近いので、きぬかつぎなども。
f0039281_2114028.jpg

f0039281_212323.jpg

f0039281_2122293.jpg

f0039281_2124174.jpg

f0039281_213996.jpg

f0039281_2132835.jpg

〆には稲庭うどんをいただきました。
そして、御酒は、ちょっと珍しいものを三種類。
まずは、長野戸隠神社の湧水を使用して、長野県産美山錦100%使用の、
戸隠(長野・高橋助作酒造店)は、特別純米生原酒の秋上がり。
廣戸川純米の秋上がり(福島・松崎酒造)。
金宝(福島・金寶自然酒醸造元仁井田本家)の秋あがりなどをいただきました。

今ちょうど、美味しい秋上がり(ひやおろし)が楽しめる短い期間。
でもこれからさらに、日本酒の美味しい季節が到来です。
…もちろん私にとっては、春夏秋冬いつでも、日本酒は美味しいのですけれど。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-23 20:47 | おそとでお酒 | Trackback
f0039281_22141891.jpg

少しお年上のお姉さま、いつも素敵な憧れのマダムに、
お食事に誘っていただきました。
マダムのお友だちもご一緒に、自由が丘で待ち合わせして、
向かった先は、カフェドイシス

自由が丘の住宅街に、まるでその中の一軒のお家のように佇む、
瀟洒な建物がありました。
白い清潔なフロアに、居心地のよいレストランフロアがあり、
そこで京料理をいただくことができます。
グリーンのグラデーションのお庭も、なんて美しい…と思ったら、
それもそのはず、ガーデンデザイナー吉谷桂子氏による
イングリッシュガーデンでした。

黒い折敷に、次々と供されるひと皿ひと皿は、目にもお口にも嬉しい和のお料理。
お年上の皆様とご一緒でしたので、いつものように
“ちょっと待ってね~”と言って、
写真を撮ることが出来なかったのが、とても残念でした。
お味だけでなく、意匠を凝らした盛り付けは、
それはそれは楽しいものでした。
(詳細は、お店のHPをご参照ください)
f0039281_22144557.jpg

お料理をひととおり頂いた後は、
お席を移してデザートタイム。
座り心地のよいソファーに、少し明るさを落とした照明が気持ち良い、
書斎のようなコーナーです。
綺麗なプレートに盛り付けられたデザートと、飲み物を頂きながら、
お話の続きに花を咲かせました。

お年上のお姉さま方のお話は、
どんなお話もとてもためになります。
お年を召されたご両親さまのこと。
歳を経て改めて気づく、若い頃にはわからなかったこと。
あるいは、思いがけず遭遇した大きな病のこと、などなど。

でもね、今回私が一番“ほぅっ”と思ったのは、
“三光町の学校”の良き時代のほんもののお嬢さま方が、
「“ZARA”のお洋服って、案外使えるのよね~」と、
口をそろえておっしゃっていたことです。
そうなの?
帰宅して、思わずZARAのある場所をネット検索してしまったのでした。


usako補足>こちらのカフェドイシス、以前に伺ったことのある成城学園前の
きた山
の姉妹店だということが、いまHPを調べていて判明しました。
折しも、それも9月のことでした。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-18 22:08 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(2)
恵比寿にある日本料理店「賛否両論」のご店主、笠原将弘さんが、
先だって南麻布に、そのお料理をテイクアウトできるお店をオープンされました。
f0039281_001449.jpg

お店の名前は、賛否両論THE DELI
オープン初日、そういうお店とは知らずに前を通りかかると、
立っていらした長身の男性に、“どうぞご覧になってください”と、
にこやかにお声をかけられました。
どこかで拝見したことのあるような方だと思いましたが、
その場ではわからず。
中に入って、店内をぐるりと拝見し、置いてあった料理本の表紙を見て、
はじめて、“ああ…”とわかりました。
f0039281_02556.jpg

今日のお昼、
ちょうどムッシュマロ(=usako父)がお出かけで不在。
ならばランチはお弁当を買って、簡単に済ませましょうということになり、
マダムチイ(=usako母)と二人、賛否両論THEDELIのお弁当を
いただきました。
f0039281_01918.jpg

買ったのは二種類。
家庭のお惣菜に、ちょっとひと捻り加えたお料理を、
自由に選んで詰め合わせに出来るお弁当(上)は、
ご飯も白米と雑穀米が選べます。
f0039281_023630.jpg

ぴょんこちゃんお勧めの豚カツは、単品でも購入できますが、
せっかくなので丼仕立てのお弁当で。
こちらは、おソースではなくて、お醤油ベースのたれでいただくのが、
特徴なのだそうです。
そのたれと、大根おろしは、別添えになっているので、
掛けても、ちょんちょんとつけながらいただいても、それはお好み次第。
食べやすい豚カツの下には、ボイルキャベツとおかかが敷かれ、
それがお醤油だれと御飯と一緒になったのはとても良い組み合わせです。

どのお料理も実に美味しく、
笠原氏のお料理に人気がある理由が、
こうして実際いただいてみるとよくわかります。
他のお料理も是非、お味を試してみたいと思いました。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-15 23:57 | おそとでお酒 | Trackback
アメリカ東海岸での夏休みを楽しんだお友だちから、
旅の楽しいお話を伺おうと、ランチをご一緒しました。

アメリカ料理の続いた後ですので、
ここはやはり和食でしょう、ということになり、
美味しい焼きごま豆腐のいただける、銀座のお店を選びました。
f0039281_20385489.jpg

会席膳の上に、次々と登場するお料理は、
見目麗しいだけでなく、
そこに至るまでに、存分に手を掛けられていることが、
頂いてみるとわかります。
和食の美味しさは、素材の生い立ちや鮮度、ということ以上に、
どれだけ手を掛けられたかが、如実に映されていくものなのだと、
しみじみ感じました。
f0039281_20391664.jpg

〆のお食事は、鯛茶漬け。
胡麻たれでいただくのと、お出汁を注いでいただくのと、
どう配分するかを思わず無口になって、真剣に悩んでしまいました。
f0039281_20394492.jpg

NYのお話には、
“そうそう、そうよね。”と相槌を打ち、
ワシントンD.Cのお話には、
“まあ、そうなの。”と未踏の地ゆえに興味津々。
美味しいお料理と一緒に、旅のお話もあれこれたくさん拝聴出来て、
楽しいランチタイムになりました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-08 20:36 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(4)
夏の初めの軽井沢滞在が、すでに遠い季節のことのよう。
すっかり、秋雨前線に居座られている、ここ東京ですが、
遅ればせながら今年も恒例の、軽井沢兄弟ゴルフ反省会を行いました。
f0039281_2213567.jpg

場所は、自由が丘AEN(あえん)にて。
今回もAちゃんセレクトの、ちょっと綺麗な雰囲気の居酒屋さんです。
f0039281_22135195.jpg

お料理は、“瑞”というコースをいただきました。
f0039281_22141269.jpg

日本酒でも、ビールでも、ワインでも、焼酎でも・・・何でも合いそうな、
お料理の数々が登場しました。
f0039281_22143526.jpg

長野の御酒大信州も置いてあったので、もちろんいただきました。
なんといっても軽井沢反省会ですもの。
f0039281_2215790.jpg

f0039281_22154026.jpg

f0039281_22163465.jpg

こちらは野菜の五点盆盛り。
f0039281_2217250.jpg

f0039281_22172677.jpg

全体的にお野菜料理が多くて、バランスが良いように感じました。
f0039281_22174526.jpg

f0039281_22261597.jpg

桜山豚と季節の野菜のグリル。
本当は、大江戸スカッシュという太めのズッキーニが登場するはずでしたが、
入荷せずで、ちょっと残念。
f0039281_22184235.jpg

f0039281_22213840.jpg

デザートは、クリームチーズのババロア。
さっぱりといただけました。
f0039281_22215728.jpg

食べてばかりですが、肝心の反省は、と申しますと、
“来年は、ゴルフもうちょっと上手になっているといいなあ。”
これ、毎年同じ猛省です。
ちっとも上手にならないのは、はて、どうしてかしら?


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-01 22:10 | おそとでお酒 | Trackback