カテゴリ:おそとでお酒( 75 )

2007年2月 下北沢 魚真

御用があって主人と一緒に外出していました。
帰りが夕方6時を回ってしまったので、お夕食を食べて帰ることに。
そんな感じで、お夕食を外食することが急に決った時は、美味しいお店を調べたりする時間もないので、大抵“魚真”に行く事になります。
この日は、下北沢店に行きました。
私たち、日本酒党でございますゆえ、『取り敢えず・・・』と言ってイキナリ日本酒からスタート。
お伴は美味しいお刺身です。
f0039281_205091.jpg

こちらは健康優良児のわかさぎの唐揚げ。
f0039281_20504387.jpg

今日は、高知“仙頭酒造”の“土佐しらぎく(特別本醸造)”があり、さらにお肴には“のれそれ”(穴子の稚魚,高知の春のお味)や“鯨ベーコン”がありましたので、当然のごとくそれらを併せて注文しました。
f0039281_2052256.jpg

f0039281_2053336.jpg
他には・・・山形“小嶋総本店”の“日本響(純米無ろ過生原酒)”、トロリ濃厚で金色が綺麗。
それから・・・岡山“利守(としもり)酒造”の“酒一筋(純米吟醸しぼりたて)”日本酒らしい日本酒で、サラサラとした心地よい口当たり。
そして・・・山口“旭酒造”の“獺祭(特別純米)”旨みと香りが大好きなお酒。去年お家での酒盛り(?)のようにふぐ刺しに合わせたかった~。
と、これらをいただきました。
〆にはやっぱり稲庭うどん。
このシコシコツルリの食感が、お酒の後にはぴったりです。
f0039281_20564159.jpg

美味しく楽しい夫婦二人の宴会でした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-02-12 21:00 | おそとでお酒 | Comments(0)

2007年2月 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 木の花

親戚のT氏&Yちゃんご夫妻が転勤で渡米することになったので、“身軽な女性陣限定”(?)の壮行会が催されました。
f0039281_185448.jpg
皆の集まりやすい横浜駅前のベイシェラトンの日本料理レストラン“木の花”にて。
節分に因んだ綺麗で趣向を凝らしたお料理の数々は、目にもお口にも嬉しいばかりでなく、盛り付けなどとてもお勉強になりました。
いとこ同士や、はとこ同士、などの親族は、近隣近在でも冠婚葬祭以外では、会う機会も少ないことがちょっぴり残念です。
でも、時々“ちょっと会いましょうか~”と、こんな風に顔を合わせれば、まるで毎日会っているかのようにいきなり話が盛り上がるのも、不思議で楽しいこと。
DNA強し!ということかもしれませんね。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-02-06 18:00 | おそとでお酒 | Comments(2)

2006年12月 恒例忘年会@下北沢魚真

毎年大晦日まであと1日2日位の時期に、主人と“二人忘年会”をするのが恒例です。
日中、お掃除やらお料理やらでバタバタするので、お夕食の用意が一回分抜けるだけでも主婦にとっては嬉しいもの。
その上、美味しい御酒とお肴を食べさせてもらえれば、これ以上ありがたいことはございませんわ~♪
場所は、昨年同様“魚真”さんで。
f0039281_233628.jpg
こちらには、今年も何度もお世話になりました。
お魚屋さんが母体ならではで、美味しいお魚料理がた~んと頂けるだけでなく、美味しい日本酒も、た~んといただけます。
今回頂いたのは、本日のお薦めの“鉄砲隊 にごり(和歌山)”“万齢 純米(佐賀)”。
もう一つのお薦めの“くどき上手”は、実は現在わが家で一升瓶(!)を消化中のため割愛。
さらに“遊穂(石川)”“白神 山廃本醸造(青森)”“上喜元 純米(山形)”をいただきました。
f0039281_235026.jpg
お肴も各種お願いしましたが、本日一番のヒットは車えびのお造り!
プリップリで甘いお味にうっとりでした。

来年もまた、美味しい日本酒にたくさん出会いたいと思います。
そして、美味しくお酒やお食事や、お菓子を頂くためには、もちろん健康でなければなりませんので、来年も元気に“美味しい”体験をたくさん出来るように努めたいと思っています。

あっ・・・そうそうこれは忘年会ではありますが、呑み納めではありません、念のため。(←まだ呑むんかいっっ!)
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-30 22:00 | おそとでお酒 | Comments(4)

2006年11月 下北沢 魚真

『お夕食はお外で食べましょうか?』
と、突然そういう話になった時、わが家では大抵“美味しい日本酒と新鮮なお魚”のいただけるお店に出掛けます。
幾つか有るお気に入りのお店の中でも、特に贔屓にしているのが、“魚真(うおしん)”です。
魚屋さんが母体のこのお店は、渋谷・目黒・吉祥寺・下北沢などに居酒屋さん風のお店やお鮨屋さんなどを展開しています。
お店によってメニューも少しずつ違うので、あちこち行ってみては楽しんでいます。
今回出掛けたのは、下北沢の魚真。
f0039281_093578.jpg

石ガレイ、白魚、秋刀魚、活たこ、鰆の炙りなどなど美味しいお刺身や、トロホッケ焼き、芝海老の唐揚げなどをいろいろと楽しみつつ、お約束の日本酒は、五種類を頂きました。
◎“墨廼江”純米ひやおろし(宮城)
◎“群馬泉”山廃本醸造(群馬)
◎“千代むすび”(鳥取)
◎“長珍”特別純米(愛知)
◎“瀧自慢”純米秋あがり(三重)
f0039281_0113926.jpg

そして、〆には忘れず稲庭うどん。
これは、いつものお約束です。
つるつるしたのど越しを、酒宴の終わりに美味しく頂戴いたしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-08 00:07 | おそとでお酒 | Comments(0)

2006年8月13日 吉祥寺 時代家

月に一度、“日本酒を楽しむ会”をいたします・・・と言っても、主人と二人の“呑んべえの会”。
すでにこのブログの記事で何度もご紹介している通り、自宅でも似たようなことをしています。
でも、お外であれば、一度にいろいろな種類の日本酒を戴くことが出来るし、準備も後片付けもいらないので、“あれもこれも”が好きな私にとっては、一石二鳥とでも申しましょうか・・・大変楽しい会なのです。

出かけるお店はたいてい決っているのですが、たまに新規開拓もいたします。
今回は、以前から何度も前を通りつつ、入ってみた事のなかった吉祥寺中道通り“時代家”に初挑戦しました。
(デジカメを忘れてしまったので今日の写真はこれでお許し願いたいと思います。)
f0039281_723935.jpg

席に通されて、メニューを拝見した瞬間!
日本酒の種類の多さと、ラインナップの素敵さに感動して騒ぎ、主人に『しぃ~っ!!』と、たしなめられる始末。
『最初から順番に全部持ってきてぇ~』
と言いたいところでしたが、いくらなんでもそれは無理というものです。
そこで協議の結果、
①吟醸 美丈夫(びじょうぶ)
②純米 澤屋 まつもと
③純米 金沢屋
④吟醸 伊太郎
⑤純米吟醸 酔鯨
⑥純米吟醸 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)
という選択となりました。
このうち、精米度40%(←確か)の酔鯨は、今年の四国清酒鑑評会優等賞をとった限定酒らしくて、メニュー外のお薦めとして口頭で紹介されたものからの選択です。
それがまた、この上ない美味しいお酒で・・・。
『今日はこれが飲めただけでも来た甲斐があったわ~』
と、思えてしまうほどでした。
そうそう御酒に気をとられて忘れていましたが、お肴は、ヒラマサやホウボウのお刺身や岩牡蠣、甘えびの唐揚げ、焦がしバターの蓮根餅などなど他にもたくさんいただきましたが、こちらもまた御酒と良く合う美味しいお料理でした。
店員さんの応対も気持ちの良いお店で、日本酒好きの方にはお薦めです。
今回選外となった御酒をいただきに、また行かなくちゃ!と思うのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-08-13 23:59 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(0)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

9月25日 今の時期だけの器
at 2017-09-25 23:00
9月24日 "美味しいは、闘..
at 2017-09-24 23:12
9月23日 ひやおろしの美味..
at 2017-09-23 22:40
9月22日 銀座千疋屋のレー..
at 2017-09-22 23:53
9月21日 のどごし一番本生…
at 2017-09-21 22:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(198)
(187)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ