カテゴリ:おそとでお食事( 102 )

2006年6月24日 花展打ち上げ会@芝パークホテルタテルヨシノ

芝パークホテルTATERUYOSHINOにて、母の主催するヨーロピアンフラワーアレンジメントのお教室フローラルサロンの花展打ち上げ&お疲れ様会がありました。
実は、花展があったのは半年以上前の昨年の晩秋のことだったのですが、諸事情により本日の開催となったのでした。
f0039281_16395268.jpg


f0039281_16402912.jpg



f0039281_1641023.jpg


私も、メンバーの1人として末席に加えていただき、生徒の皆様とご一緒にランチを楽しんでまいりました。
いつものダイニングルームとは別に、今日は個室でのお食事です。
でもガラスで仕切られた空間なので、開放感のある明るい雰囲気のお部屋でした。
f0039281_164155100.jpg

いつもと変わらぬ美味しいお食事に皆で舌鼓を打ちながらも、おしゃべりも弾みます。


こちらのレストランでは、お肉料理のナイフは、私の好きなライヨール
握りの部分が、なだらかな曲線を描き、手の平に心地よくフィットするのです。
f0039281_16425483.jpg

人差し指を添える部分のミツバチのデザインが特徴的です。
柄の部分は、木製や動物の角製などいろいろあります。
f0039281_16433114.jpg

せっかくなので、美味しいチーズもいただきました。
皆それぞれ好みをお伝えして、それに合ったチーズをたくさんの種類の中から3つほど各自セレクトしていただきました。
f0039281_16441832.jpg

デザートは、レッドピーマンのクレームブリュレ。
最近お野菜を使ったデザートが流行っていますね。
お料理とお菓子作りの融合といった感じで、工夫次第でいろいろ作れそうな気がします。
今度私も、何か挑戦してみようかしら?と思いました。(果たして食べられるものが出来るのでしょうか!?)
f0039281_16445537.jpg

今日は嬉しいことに吉野シェフがご帰国中で、お目にかかることが出来ました。
今度和歌山にもお店を出されるそうで、ますますお忙しくなってしまわれるようです。
TATERUYOSHINOのお料理は、いつ戴いても、フレンチのコースながら“お腹八分満足な気持ち十二分”でいつも幸せ気分で帰途につくことが出来る不思議なお料理です。
そして今日もまた…吉野シェフの幸せの魔法にかかってしまった私達なのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-06-26 17:00 | おそとでお食事

2006年3月11日 tateru yoshino

今月1日に発売されたミシュランガイドフランス版で新たに☆を獲得されたのが、シェフ吉野建氏の“ステラ・マリス”(パリ)。もうひとつ松嶋啓介シェフの“ケイズ・パッション”(ニース)も☆を獲得されたので、“ひらまつ”(パリ)と合わせてこれで☆獲得日本人シェフレストランは3店となりました。
吉野建シェフのお料理は、現在日本でもレストラン“tateru yoshino”で味わうことが出来ます。
芝大門の芝パークホテルと、汐留のパークホテル東京にお店がありますが、それぞれ雰囲気は全く異なりますので、ご興味のある方は、両方トライされてみると面白いと思いますよ。
ご出身地の鹿児島県喜界島の食材など取り入れながら、見ては目が嬉しがり、食してはお口が喜ぶ美味しいお料理の数々で至福の時をプレゼントしていただけます。

今日は芝パークホテルの方の“tateru yoshino”にディナーをいただきに行きました。
どのプレートも、彩り鮮やかで見ているだけでも嬉しくなってしまいます。
そしてそれをお口に運べば…思わず目が据わってしまう(←危ないかしら??)美味しさ。
敢えて一番を選ぶなら、4番目のプレートとして供された“フレッシュフォアグラのポワレ パン・ド・エピス風味”という、付け合せにバルサミコ酢風味の大根ソテーをあわせた一皿を選ぶでしょうか…。でも、レフォールのソースと合わせたホワイトアスパラも、アンコウのポワレの下に敷かれたリゾットも、クスクスと併せた万願寺とうがらしも、何もかもが美味でした~~~。
f0039281_1303963.jpg
そして・・・
夢見心地の時間は、過ぎるのがなんと早いことでしょう。
これが登場すると、締め括りだとはわかっていても、でもやはり楽しみなのがデザート♪
プレデセールのレモンクリームやミントのソルベ、たくさんの甘いいちごに添えられたタイムのアイスクリーム、背高のっぽのクイニアマンに添えられたパイナップルソルベや青リンゴのソースなど、優しい美味しさの数々が楽しめました。
f0039281_1313153.jpg

こうして今宵もまた、初めから終わりまでシェフの魔法にかかってしまったのでした…。
日本におられる時には必ずテーブルごとにご挨拶をなさる吉野シェフですが、あいにく今日はパリご滞在中で来週初めに帰国されるとか…お目にかかれずとても残念でしたが、幸せなひとときを、ごちそうさまでした☆
f0039281_1321271.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-11 23:26 | おそとでお食事


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆doremiさま、 ..
by oomimi_usako at 21:46
ふふ、usakoさんとの..
by doremi730 at 12:53
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 17:55
☆きなこの母さま、 煮..
by oomimi_usako at 17:50
わあ、立派な金目鯛!大好..
by marucox0326 at 18:49
魚屋さんでお魚と目が合う..
by suzu-kinako at 09:27
☆05-24 09:21..
by oomimi_usako at 11:48
☆miyabiflowe..
by oomimi_usako at 11:46
☆ぷうさま、 なるほど..
by oomimi_usako at 11:46
☆モンスーンさまもご経験..
by oomimi_usako at 11:46

最新の記事

2017年春のお教室
at 2017-05-26 17:30
見つめられて。
at 2017-05-22 11:01
装飾過剰ですが。
at 2017-05-15 22:38
これもまたある日のusako庵
at 2017-05-09 22:27
連休のある日のusako庵
at 2017-05-03 17:27

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(195)
(184)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ