カテゴリ:おそとでお食事( 104 )

二子玉川 ASOチェレステに、ふたたび集う

f0039281_1711714.jpg

一年のうち、気候の良い春と秋に、
予定を併せて集うお仲間があります。
必ず第一声をあげてくださるお友だちがあり、
それを合図に、日にちや場所を決めています。
お仲間内のそういう方は本当にありがたい存在だと、つくづく思う今日この頃です。

場所は、いろいろですが、一番多いのがここ、
二子玉川のASOチェレステ

二子玉川高島屋南館の最上階にあるので、
広い広い窓からの眺めもごちそうのうちの一つ。

23区の西の端の方から、東京タワーのある都心部はもちろん、
新宿高層ビルやその北側、
スカイツリーのある東の端の方までも、
ずーっと見渡せる景色に、気持ちも晴れ晴れとして…
食欲も、おしゃべりも、弾みます。
f0039281_1715061.jpg

f0039281_1722371.jpg

秋の食材をふんだんに使った、
秋色もたのしい、お料理をいただきました。
いつもの自家製バターも、ふわふわとろりと美味でした。
f0039281_1724783.jpg

デザートは、おなじみワンプレートの盛り合わせ。
f0039281_1731433.jpg

f0039281_1733617.jpg

f0039281_1744594.jpg

旬の果物に、パートフィロの色づく葉っぱ。
伺うごとに、季節感あふれる演出が楽しみです。

このあと、場所を移して、さらにまた お茶とお菓子をいただきながら、お話。
そして結局、
“続きは、また来春!”と言いつつおひらきになりました。
半年ごとにお目にかかっているというのに、
お話というのは、まったくもって尽きないものなのですねぇ。

本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-31 16:51 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)

神宮前のフレンチKEISUKE MATSUSHIMA

f0039281_2211023.jpg

フランス、ニースのレストランKEISUKE MATSUSHIMAで、
一つ星を獲得されているシェフ松嶋啓介氏は、
日本では原宿からほど近い神宮前に、レストランを
ひらいておいでです。
昨年、まだレストランⅠ(アイ)という名前だった時に一度、伺いました。

こちらのレストランのある場所は、
近くの表参道や竹下通りの喧騒からは程遠い、
まるで都会のオアシスのようなところ。

変わりゆく明治通り沿いのこのエリアを、
ずっと昔から見下ろしてきた木々の緑の中で、
お食事をいただけるのがとても気に入って、
お友達を誘って、再びたずねてみました。
f0039281_2214872.jpg

f0039281_2221528.jpg

レストランの名称は、今年の7月に、
ニースのレストランと同名に変えられたようです。
f0039281_2224578.jpg

デザートのサバラン。
上掛け用には、好きな洋酒が選べます。
f0039281_2231382.jpg

f0039281_2234949.jpg

今回も、プレートの上に繰り広げられる食材の秋のドラマを、
目で楽しみ、食べて喜び、すっかり堪能いたしました。
f0039281_2255148.jpg

桜と紅葉の時期には、さらに魅力的な景色と共に、
お食事が楽しめるでしょう。
そんなときにまた、伺ってみたいものだと思いました。

                            


[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-27 21:53 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

2014年9月5日 松濤カフェでランチ

午後一番で美容院を予約したので、
ご近所でランチを済ませてから向かうことにしました。
お目当ては、松濤カフェです。
f0039281_23155468.jpg

こちらの名物は、ローストビーフ。
それをたっぷり挟んだサンドイッチは、
ボリューミーですが、満足度の高いメニューです。
ランチメニューもあったので、その中から、
ローストビーフとフレンチトーストのセットを選びました。
具沢山のスープと、食後の飲み物も併せていただけます。
f0039281_2316634.jpg

カフェは、
東急文化村の楽屋口を通り過ぎて、
ぐるりとまわりこんだところにあります。

松濤の邸宅街を抜ける通りに面していて、
店内からは、奥のお席からでも、街路樹の緑が眺められます。
その気持ちの良さが好きで、時々立ち寄るカフェです。

本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-05 23:15 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

南麻布 レストランひらまつで暑気払い

f0039281_10312493.jpg

ほんの一週間前までは、酷暑の日々が続いていた東京地方も、
ここのところ、暑さもひと休み。
喉元過ぎれば・・・とは申しますが、
酷暑の日々は忘れても、
忘れないのは、そんな日々の中の美味しいものの記憶。

先日、暑気払いと銘打って、南麻布のレストランひらまつに、
家族でお食事に出掛けました。

外苑西通りから有栖川公園に向かう通り沿いにあるひらまつは、
お店の入り口に植えられた花々が、涼やかにお客様を迎えてくれます。

一階はウエイティングルームになっていて、
お食事するのは、二階から三階にかけてのフロア。
エレベーターが無いのが少々残念なことですが、
両親には、階段に沿ってかけられた名画をゆっくり眺めながら、
踏破してもらいました。

アミューズから始まる季節のコース。
胡麻と胡桃を使ってチュイールのように焼き上げたものの間に、
フォアグラがサンドされています。
ルッコラとシェーブルとオレンジなどの柑橘類を併せたサラダと一緒に。
f0039281_10311994.jpg

お魚は、愛媛の天然真鯛。
盛られているのは、コンコンブル(=きゅうり)の千切り。
f0039281_10314870.jpg

季節のいろいろなお野菜やきのこと共にいただいたのは、鴨胸肉。
小さいイチジクが可愛い、盛り付けです。
f0039281_1032744.jpg

f0039281_10323957.jpg

( ↑ 手の出演:ぴょんこちゃん)
デザートの前のチーズの時間。
デザートワインと共に、好みのチーズを楽しむ呑んべえ達に混ざって、
“飲まないけれど、チーズだけいただきたいわ~”
というマダムチイのセレクトは、フロマージュブラン。
添えられたおソースをお味見させてもらうのを、うっかり忘れました。
f0039281_10333322.jpg

そしてデザートは、お待ちかね、桃のコンポートのグラニテ添え。
ひらまつの夏のデザートの定番で、
これを目当てに、時季を定めておいでになるかたも多いとか。
f0039281_10344970.jpg

お食後のお飲物と共に、小さいお菓子をつまむ頃には、
すっかり暑さも振り払えて、
残暑の季節に向かうための元気がしっかり、つきました。

おまけ。
f0039281_10351831.jpg

こちら、何に見えますか?
コーヒーシュガーです。
f0039281_10362854.jpg

顆粒の表面張力(?)です!


本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-08-29 10:29 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(10)

軽井沢 ナチュラルカフェイーナの朝食

f0039281_23363668.jpg

軽井沢でさえ、暑い日が続いています。
でも、そうは言っても、そこは避暑地の軽井沢。
朝晩はやはり、長袖の上着を一枚羽織りたくなる涼しさです。
ある日の朝食。
みんなで、東雲交差点そばのナチュラルカフェイーナに出掛けました。
ちょっと珍しいお味のコーヒーを、選んで飲めるお店です。
f0039281_23311611.jpg

この日は、
早朝から深い霧が、町に降りてきていました。

道すがら、しっとりとした針葉樹の香りに深呼吸したり、
傍らの木々にいくつも掛けられた、霧の芸術作品を鑑賞したり。
f0039281_23323453.jpg

f0039281_23353676.jpg

朝食を摂りに出掛けるだけでも、
楽しみがあちこちに散らばる、避暑地軽井沢です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-07-25 23:26 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

白金台 リストランテ ビッフィテアトロ

f0039281_1632177.jpg

六月の、とある休日のランチを、白金台のイタリアン、BIFFI Teatoro(ビッフィテアトロ)で楽しみました。
お店は、集まった友人のうちのひとりが選んでくれたところ。
“一度来てみたら、お料理もとても美味しいし、落ち着いた雰囲気も良かったので”
というのが、セレクトした理由とのことでしたが、
まさに、その通りの素敵なお店でした。
f0039281_16324427.jpg

プラチナ通りの街路樹の木陰の奥にお店の入り口があります。
地階にありながら、採光の良い明るい店内。
オープンキッチンという構造も、
そこでお料理されている後藤祐司シェフはじめお料理人の方々の、きびきびした動きも、
明るさをさらに盛り立てているかのようです。
f0039281_1633018.jpg

お料理も、選ぶのが楽しくなるようなメニュー仕立て。
ご説明いただいても、意匠が楽しみで、お料理の登場が待ち遠しく思えます。
f0039281_16331626.jpg

f0039281_16332813.jpg

そうしてお料理が登場すれば、矯めつ眇めつ楽しんでから、
続いてお味もゆっくり堪能。
気になるお隣のプレートに渡す流し目に、
気心の知れた友人たちだからこその、無礼講のお味見も盛んにいたしました。
f0039281_1633454.jpg

f0039281_16335698.jpg

デザートも、数種類の中から、みんなそれぞれ選びました。
f0039281_16341318.jpg

リコッタチーズとピスタチオ、レモンピールのクリーム詰めカンノーロ。
f0039281_1634264.jpg

マンゴーのブディーノとジュレ ココナッツのジェラート。

美味しいお料理に、落ち着いた空間。
集まったのは、全員同い年の友人たちでしたので、
あれやこれやお年頃ならではの話(?)も多く、
思う存分おしゃべりに興じることのできた、ひとときとなりました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-06-11 16:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

下高井戸 プティリュタン

お友達と一緒に、
いろいろたくさんおしゃべりをするのは、
とても楽しい。
f0039281_1746314.jpg

そこに、美味しいものがあれば、
なおさら楽しい。
f0039281_17464713.jpg

・・・ということで、
半年ぶりでお目にかかったお友達と伺ったのは、
下高井戸駅から程近いところにある、こじんまりしたビストロ
プティリュタンです。

永井紀之氏のパティスリー“ノリエット”の姉妹店。
美味しくて、細部まで行き届いたお料理を、気軽に楽しむことの出来るお店です。
f0039281_1747484.jpg

期待のデザートも、堪能できました。
私はヌガーグラッセをチョイス。
f0039281_17472243.jpg

f0039281_17473989.jpg

そしてまた、お友達とのお話も、じっくりゆっくり堪能することが出来ました。

ランチタイムには、ガレットもいただけるらしいので、
お昼間にお買い物に出かけたときにでも、
寄ってみたいと思っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-13 09:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

帝国ホテル北京のマンゴープリン

f0039281_18342055.jpg

少し前の、とある週末に、
いつものように予約無しで帝国ホテルの中国料理北京に出掛けましたら、
驚いたことに、
“あいにく満席で・・・お待ちいただいてもご案内出来そうにありません・・・”
と、見事にふられました。
待っても入れないということは、
今まで(=記憶を辿ればここ15年ばかりの間)一度もなかったことで。
夫婦揃ってしばらく呆然としましたが、
これほど流行るなら嬉しいことだと気を取り直し、
同時にリベンジ?を固く誓いました。

さて今回は、前回の反省も踏まえて、
数日前にちゃんと予約のお電話をして伺いました。
f0039281_18345482.jpg

いつものように、美味しいあれこれをいただいて、
〆には、定番のふかひれそばを、仲良く半分こ。
と、そのとき目に入りましたのが、
少し離れたテーブルに運ばれた美味しそうなもの。
巨大なカクテルグラスのようなガラスの器に、
綺麗なオレンジ色が映えていました。

いつものように、北京特製の杏仁豆腐をお願いするつもりでしたが、
“あれ、お願いしますっ!”
運ばれてきたのは、マンゴープリン。
f0039281_18353591.jpg

見目麗しいマンゴーソースに下に、
幸せを感じるようなこっくりしたプリンがひそんでおりました。
思わず、おかわりしたくなる美味しいマンゴープリンでした。
f0039281_18354966.jpg

北京でお食事する時には、
あまり迷わず、“いつものもの”をお願いすることが多かったのですが・・・
次回からは、デザートで、大いに迷うことになりそうです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-31 18:32 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

京橋 リストランテ・フィオレンツィア

京橋のイタリアン、リストランテ・フィオレンツィアに伺いました。

少し寒い日でしたが、時間に余裕があったので、
お買い物に立ち寄った日本橋三越本店から、
中央通りをぶらぶらと、お散歩がてら京橋へ。

すっきり綺麗に整備し直された中央通り。
沿道のビルも、建替えが進み、しばらく見ないうちに、
以前とまるで様変わりしていることに、驚きました。

八重洲の交差点あたりで、歩いてきた道を振り返ると、
日本橋までの通りが、まっすぐで綺麗なこと。
ふと、マンハッタンの通りが、直線で美しかったことを思い出しました。

なぜか私はこのような“まっすぐな道”が大好きです。

f0039281_21571326.jpg

さて、初めて伺ったリストランテ・フィオレンツィアは、
落ち着いた白い壁と、高めの天井に、
木のインテリアが落ち着いた雰囲気を醸しているお店でした。
ほぼ満席の店内は、それぞれのテーブルで楽しげにお食事が進んでいるのに
少しも騒々しさがなく、静かに流れるBGMと同じ位、
落ち着いた穏やかな雰囲気が漂っていました。

こだわりのカルボナーラなど、
美味しいお料理を美味しいワインと共に楽しんで、
慌ててデジカメを取り出したのは、デザートの時。
f0039281_21574625.jpg

みかんのソルベに、
ココット型に仕込まれているのは、チーズのデザート。
私が、好きでよく作るものととても良く似ていました。(チーズの種類が違うようです)
f0039281_2158527.jpg

お食事が終わりお店を出てすぐ、
見上げた空に、京橋の新しいビルがそびえていました。
そのときふと、
“街は 急に 空へ 広がってく”
井上陽水の“TOKYO”が浮かびました。
それを、鼻歌交じりに口ずさみながら、地下鉄の入り口へと向かったのでした。
これは決して、ワインを飲み過ぎた・・・というわけではありません、念のため。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-17 21:56 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

横浜あざみ野 うかい亭

f0039281_1636611.jpg

あざみ野のうかい亭にて、お食事会がありました。

お庭には、すでに可憐な春の花が植えられていて、
木(ぼく)の類の芽吹きを、待ちわびているかのようでした。
f0039281_16362184.jpg

お料理は、まずはトリュフの香りのスープからスタートしました。
f0039281_16363781.jpg

続いて前菜は、
鱈を親子で活用(?)したひと皿に、
f0039281_16364983.jpg

ラグビーボールのような形のパイ包み焼き。
f0039281_16365951.jpg

カットしてお顔を見せるフォアグラと、敷かれたソースの良く合うこと。
f0039281_16371416.jpg

f0039281_16372847.jpg

これらを目の前でお料理して仕立ててくださるお魚料理は、
魚介のうまみたっぷりのソース仕立て。
f0039281_1637489.jpg

お肉料理のステーキは、各自好みの焼き加減で仕上げてくださいます。
うかい亭のシェフの皆さまが、
揃って特注されたという切れ味の良い Laguioleライヨールで、
お箸でもいただきやすい大きさにカットされたお肉は、
ほどけるような柔らかさでした。
f0039281_16382750.jpg

今回も、いつもお願いしているシェフのO氏にお料理していただきました。
好機を逃さず、ミニミニお料理教室も。
プロのポイントをいろいろ伺えて、とてもお勉強になりました。
f0039281_16385245.jpg

f0039281_163947.jpg

〆の甲殻類のリゾットは、
ロイヤルコペンハーゲンの珍しいカラーのお皿でいただきました。

お食後は、ティールームに移動してデザートタイムです。
f0039281_16392970.jpg

りんごのフィナンシェと、六種類のグラスデザートは、好きなだけいただけます。
もちろん全種類・・・を、いただける余裕はありましたが、
デザートプレート一枚に、お品良く収まる分だけ頂戴しました~おほほ。
それぞれの季節ごとに、訪れたいあざみ野うかい亭です。


f0039281_16395439.jpg

クリスマスのあざみ野うかい亭は → こちら。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-13 16:28 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ