K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:日々の生活( 137 )

2006年3月3日 桃の節句

我が家では、雛祭りの前日の夜、
つまり宵節句のお夕食は雛祭りのお祝い膳を用意します。
f0039281_10111027.jpg

ちらし寿司と蛤のお吸い物は定番で、
その他は、春の野菜を使ったお料理をサイドメニューとして作るので、
今年は独活(うど)と若芽の酢の物、
たらの芽と、独活の茎先と、蕗のとうの抹茶塩でいただく天ぷらを作りました。

お食後には、お茶をたてて“お雛様へ…”といただいたお干菓子を。
f0039281_10115270.jpg

ちらし寿司とお吸い物は、
いただく前にお雛様にお供えしますが、
これには不思議な想い出があります。

子供の頃、母に言われて、お供えしたお寿司を下げて来たところ、
こんもり盛られたご飯に、誰かが食べた後のような穴が
ポッコリ開いているのに気が付きました。

不思議に思って母に言うと、“きっとお雛様が召し上がったのでしょう”というのです。
子供ながらに“???”と半信半疑…というよりは、
疑=80%位でした。
いまでも、“あれはウソだったんでしょ?”と母に尋ねると
必ずお決まりの“私は知りません。お雛様が召し上がったんでしょ”
という答えが返ってくるのです。

雪洞の薄明かりにぼんやり浮かぶお雛様の白いお顔を見ていると、
やっぱりあれは本当だったのかしら?とも思えてきます。
f0039281_10122717.jpg


そういえば、泉鏡花の“雛がたり”を読むと
妙にリアルに感じてしまうのは、そんな体験があるからかもしれません。
“雛がたり”は岩波文庫 鏡花短篇集(川村二郎氏編)の中に収録されている
鏡花の短編です。
静岡浅間神社近くの茶店の、真昼だというのに薄暗い奥座敷で、
古襖の隙間からちらりと見えたのは、宴の準備をするかのような
雛人形達の姿…。
まさに“That's 鏡花ワールド!”です。
ご興味のある方は読んでみられてはいかが?
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-03 10:12 | 日々の生活 | Comments(0)
f0039281_13481692.jpg

お庭の紅梅が満開です。近くを通ると芳しい香りが漂います。
 
f0039281_13485341.jpg一方、白梅は蕾がまあるく膨らんできていますが、まだ咲いていません。
今年は花がとても遅い(約一ヶ月分位)と思います。
寒さが例年よりも厳しかったためでしょうね。
上ばかり見ていましたが、足元には福寿草のつぼみがありました。
こちらはもうすぐ咲きそうです。
f0039281_1349392.jpg
そして今年も楽しみな桜。
真冬には、ただのスッとした枝だったのに、少しずつ枝の途中がポコポコ膨らんで見えるようになってきました。
f0039281_13501771.jpg

やがてこれが、たくさんの蕾の固まりになってくるのです。
毎年、お庭の桜たちの開花は、気象庁の出す地域の開花予想とは微妙にずれるので、家族みんなで“俄か予想士”となってお花見の日程を相談します。
さて今年は?…まだまだ春は浅く、予想しかねる日々です。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-16 13:50 | 日々の生活
年明け間もない頃に、様々なこま犬さんのことを書きましたら・・・
“お姉さん、偉いこま犬さんのことばっかりじゃなくて、ボクのベストショットも撮ってよ~”
と言っているのは、愛犬ごん君です。
f0039281_2236577.jpg
“このボールあげるから撮って~っ”
と、寄ってくるので顔が長くて鼻ばっかりの変な顔に写ってしまうんですが・・・。
本当はカメラ目線も得意で、決めポーズもできるこんなワン君です。
f0039281_22373776.jpg
[PR]
by oomimi_usako | 2006-01-29 22:34 | 日々の生活 | Comments(0)
f0039281_14484772.jpg
“夢味”と書いて“ときめき”と呼ぶ可愛らしい名前のこのみかんは、熊本県天草のJA苓北が出荷しています。
深いグリーンの袋の内側には、もう一枚朱赤色の袋があって二重になっていました。
f0039281_14492591.jpg
お食後の“水菓子”に相応しい品の良い甘さが、とても美味しいみかんです。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-01-26 14:46 | 日々の生活 | Comments(0)
海外のインテリア雑誌のキッチンの写真の中や、私の好きな料理研究家の方のキッチンの写真の中、あるいはご自宅の可愛らしい雑貨類を紹介されている個人のHPなどでしばしば目にしてずっと欲しかったのがこれ!
f0039281_957172.jpg
ストリングスタイディです。
簡単に言うと、はさみ立て付きタコ糸スタンド・・・なのですけどね。
たかがタコ糸スタンド、されどタコ糸スタンドですよ。
雑貨ショップなどで気をつけて見ていても意外に見つけられなかったのですが、「檪の家」にて販売されているのを見つけ、昨年購入しました。
イギリスで手作りされているものだそうです。
手に入ってからそろそろ一ヶ月経つので、鑑賞期間も終わりにして、活用期間に入りたいと思っています。
固まりのお肉をしばったり、ブーケガルニを作ったり、あるいはおすそ分け用のお菓子を簡単に封したりするのに使えるでしょう。
お気に入りのグッズがあると、キッチンに立つのも更に楽しくなります。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-01-13 09:52 | 日々の生活
ウサギ好きですが、わんこも大好きです。

旅行の折には、イヌに関するもので気に入ったものが見つかると
どうしても集めてしまいます。

今年は戌年なので、
普段は仕舞ってある霊験あらたかな神社由来のワン君達
(ワン様というべきか?)にお出ましいただくことにしました・・・
f0039281_2152236.jpg

まずは、今年初詣の時からお越しいただくことになった
ご近所の八幡宮の干支お守り。
何種類かありましたが、お顔立ちで選ばせて頂きました。

f0039281_2156162.jpg

こちらは、 高松琴平の金毘羅宮の金毘羅狗。
その昔、はるばるこんぴらさんにお参りすることが出来ない方々が、
自分の代わりに飼い犬を金毘羅詣でさせたということがあったそうで、
それにちなんで作られたお守りだそうです。

f0039281_21563611.jpg

岡山吉備津の吉備津神社には、
吉備津こまいぬ、というこんな可愛いお守りがあります。
こまいぬと、とりです。

今年も何度か旅に出る機会があるでしょうから、
また新たなワン君(ワン様)との出会いを楽しみにしたいと思います。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-01-03 21:49 | 日々の生活 | Comments(0)

年の始めに

あけましておめでとうございます

お正月には、家の門扉に
“松、紅梅、熊笹”で作った我が家流松飾りをつけますが、
f0039281_2035582.jpg

それとは別に、玄関ドアの横に
クリスマスリースからちょっと模様替えした
お正月リースを飾ります。

クリスマスよりはちょっと落ち着いた飾り。
元旦の朝、祝膳は少し軽め。
お昼も夜も場所を移して、
一日に三回お祝いのご馳走をいただくことになるからです!
今年はお煮〆が上出来。
田作りは蜜に熱を入れすぎて少々くっつき気味になりました。
f0039281_2045110.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-01-01 19:59 | 日々の生活 | Comments(0)