カテゴリ:あまいもの( 554 )

福井名物 羽二重やき

f0039281_20511641.jpg

この日のお茶の時間に頂いたのは、
錦梅堂の羽二重やきという、福井名物のお菓子です。
f0039281_205223100.jpg

金色のその姿は、まるで、ふわふわのオムレツケーキのよう。
見るからに美味しそうです。
f0039281_20525580.jpg

でも一番魅力的なのは、羽二重やきという名の所以である羽二重餅が、
餡子と一緒に巻かれていること。

ほら、ほら、みて、みて!
f0039281_20531890.jpg

これが、求肥ラブの私のはあとを、
ぐぐっと掴んでくれました。

福井県は、江戸時代、越前国であったころから、絹織物が盛んに作られていました。
絹織物の中には、羽二重と呼ばれる種類のものがあります。
そこで、名産に因んだお菓子を、越前福井藩松平家御用達の錦梅堂初代紅谷伊三郎氏が作って献上したのが、このお菓子のはじまりのようです。
以来今に至るまで、福井では、羽二重餅をアレンジしたお菓子が、いろいろと作られてるのだとか。

そういわれてみれば、羽二重餅のあの食感は、
しっとりとしたシルクの羽二重生地のあの触感に、
確かに通じるものがあります。

ふわふわ、もちもちの美味しい羽二重やき。
毎日、とは申しません。
週イチ、とも申しません。
でも、月に一個は食べたいな~。




-
[PR]
by oomimi_usako | 2016-05-11 20:49 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

あっという間に、もう五月。

ゴールデンウイーク真っただ中になりました。

桜の開花を待っていた時季から、
もうひと月以上が過ぎたことになるのだと、あらためて気づいて、
座っている椅子から、意味もなく一旦立ち上がりたくなるような、
そんな不可思議な気持ちになりました。

こんなお菓子があれば、
一旦立ち上がっても、すぐまたお席に座り直し、
ここはひとつ落ち着いて、美味しいものでも頂きながら、
過ぎたことより、先のことでも考えましょう、
と、思いたくなるものです。
f0039281_17175241.jpg

銀座和光のティールームにて。
春の紅いベリーの小さいお菓子。
美味しいお紅茶を頂きながら、
銀座の午後の景色と共に、
ひと口ひと口を楽しめるお菓子でした。
f0039281_17181444.jpg

お教室では、やはり旬のいちごのスイーツを
楽しんでいただいています。
露地ものの苺の旬が、
最終レッスンまで間に合いますようにと、
ちょっとハラハラドキドキしています。
f0039281_17185815.jpg

そしてこちらは、ブログに載せる機会を逸したチューリップ。
蕾のときは、淡い緑色。
開き始めると、オレンジ色が鮮やかになり、
もっと開くと、紫色のめしべとおしべが顔を出します。
オレンジと紫は、色相環の反対色。
合わせると、色のバランスが気持ち良い組み合わせですが、
それをひとつのお花の中で、反映させているところが気に入って、
お花屋さんで、迷わず買ってしまいました。
f0039281_17193635.jpg

お花はもうとおに枯れてしまいましたが、
撮った写真を見ていたら、
遠くなりつつある、チューリップの季節の空気の香りが、
ふわりと一瞬、漂ったような気がしました。





[PR]
by oomimi_usako | 2016-05-01 17:15 | あまいもの | Trackback | Comments(2)

マドモアゼルC(マドモアゼルセ)の可愛いケーキ

f0039281_17524760.jpg

とある週末の、お茶の時間にいただいたのは、
マドモワゼルセの見目麗しいケーキでした。

この日は、仕立て上がったスーツを受け取りに、
殿は一人で日本橋にお出かけ。
帰宅した手には、スーツと、
そして、
この可愛らしいピンクの箱が提げられていました。
f0039281_1753346.jpg

マドモアゼルセというスイーツブランドは、
パリで、アクセサリーデザインやグラフィックデザインを手掛けている
シャリーン・カールトン嬢がケーキをデザイン。
そしてそれを、レストランウエディングを手掛けるアンジェロコート東京のパティシェが、スイーツに仕立て上げています。

さて…
“外出して、帰宅時間がお茶の時間を過ぎる頃になるようなら、
お茶のお伴を調達して帰ること”は、デフォルト設定である。

この鉄則を、殿がようやく身に着けて、数年が経ちました。
思えば、ここまで長い道のりでありました。

もちろん今回も、
“必要以上”に、狂喜乱舞して見せたことは、言うまでもありません。
私も、いろいろ努力をしているのです。

こちらのお店は、可愛らしくデコレーションされたモンブランがメイン。
桜の香りのモンブランと、
f0039281_17532524.jpg

苺のモンブラン。
f0039281_17534139.jpg

ナイスチョイスです。

しかしながら、
どちらを頂く?と尋ねると、
“ぼく、こっち!”
と、即答してしまうのは、今後の課題。
この場合、次子次男と長子長女の組み合わせだと、
“あら、そお?どうぞ”
で、片付いてしまうわけですね。

“キミ ノ スキナホウ ヲ エランデ ヨイ ヨ。”
と、お上手に言えるようになるまで、
殿への訓練は継続します。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-25 17:49 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

川崎 生田 コンディトライなかがめ

f0039281_1524772.jpg

今日のお茶の時間にいただいたのは、
ドイツ・スイス菓子のお店、コンディトライなかがめの焼き菓子です。

各駅停車しか止まらない郊外の、駅からほど近いところにお店は
ありますが、その建物はドイツの民家をイメージしたものだそうで、
この界隈ではちょっと可愛らしく目立っています。
本当に美味しいお菓子を作り続けていることは、
ひっきりなしにお客様が訪れて、地元の方々に長く親しまれている
ことからもわかります。
f0039281_15242996.jpg

こちらはチーズケーキ。
f0039281_15244461.jpg

トップの焼き色に誘われて購入。
素朴な甘さと、濃厚なチーズの食感がまったりとして、
午後のお茶の時間に良く合いました。
f0039281_1525020.jpg

合わせて焼菓子もいただきました。
こちらは、ミスチェリーという可愛らしいおなまえが付いています。
近所にある、日本女子大の学生さんのアイディアから、
完成したものだそうで、レーリュッケン型を使い、
チェリーを閉じ込めて、焼き上げられています。
アーモンドスライスの食感と、
断面にお顔をだしているチェリーの赤色が、
良いアクセントになっている、可愛らしくて美味しいお菓子でした。
f0039281_15252696.jpg

レーリュッケンというのは、ノロジカの背中という意味で、
いわゆる普通の樋(とい)型のカーブしている部分が、
トタン屋根の波波のようになっている焼き型を、そう呼びます。
もう少し厚めにカットしていただけると、
レーリュッケン型の波波がもっと生かされるのにねえ、
と思いました。

えっ?
そう考えるのは、食いしん坊なだけだからですって?
あらっ、
よくご存じで…。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-20 15:19 | あまいもの | Trackback | Comments(0)

名残りの桜を、お皿のうえに。

f0039281_16213873.jpg

お家の回りのソメイヨシノは、
すっかり散ってしまいました。

花に代わって、ためらうように芽吹いていた若葉が、
もう、わがもの顔で、風に翻っています。

散った桜を惜しむように、
とらやさんのさくらの最中で、お茶時間。

桜色をした、七宝焼きのお菓子皿に載せて、
それからお茶器も、桜の透かし模様のものを。
f0039281_1622048.jpg

美味しく頂いたそのあとは、
お皿も、お茶器も、
また来年の桜の季節まで、お片付けしておきましょう。

とらやさんの桜の最中も…?
いえいえ、こちらは、通年いただきますっ。



[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-13 16:19 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

タイムリミットチェリータルト

f0039281_11195556.jpg

果物の缶詰や瓶詰が、たくさん入っている籠をゴソゴソかき回していたら、
賞味期限が切れたさくらんぼのシロップ漬けを見つけてしまいました。

超過期間は、ほぼ3ヶ月。
山形産の大粒枝付きさくらんぼが、ぎっしり。
さて、あなたならどうします?
千疋屋御製ですけれど。

f0039281_11201657.jpg

私は、季節外れのチェリーピッターにご活躍いただいて、
さくらんぼのタルトにいたしました。

タルトベースは、冷凍してある焼成済み作り置きのものを利用。
アーモンドプードルやキリシュなど、
その他材料も常備しているので、
混ぜて並べたそのあとは、170度のオーブンで30分強、焼きました。
これが、言い訳がてらの高温消毒。
f0039281_1121193.jpg

18㎝のタルトが完成です。
やはりお他所の方に、差し上げるわけにはいきませんので、
家族みんなで、美味しい責任消費いたしました。
f0039281_1121191.jpg


桜のお花見が済んだら、
次は、さくらんぼの季節ですね。
あ・・・ちょっと気が早いかしら。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-04 12:00 | あまいもの | Trackback | Comments(8)

銀座和光 クーヴリール プランタン

f0039281_16304350.jpg

桜の開花もすすむ、春うららな日のお茶の時間に、
いただいたのは、春らしいお菓子。
ホワイトデーにAちゃんから頂戴した、銀座和光のクーヴリールプランタンです。
f0039281_16313559.jpg

ホワイトチョコレートに、ラズベリー風味を加えてお化粧されたこちらのお菓子は、この春の期間限定のもの。
f0039281_16323894.jpg

実は、二月半ば頃、新聞に折り込まれていた和光の広告を眺めていて、
その可愛らしさにひと目惚れ。
是非、頂いてみたいもの、
いや、お目にかかるだけでも和光に出掛けてこようかとも、
想い巡らしていたのでした。
f0039281_1633332.jpg

そうこうするうち、思いがけずAちゃんからのプレゼント。
決して“ちょーだい”と、言ったわけではなく、
まる印をつけて、渡したわけでもなく、
ただひたすら、想っていただけなのです。
f0039281_16405323.jpg

可憐なコーティングの内側には、
アーモンドの香り豊かな緻密な生地が。
いわゆるアーモンドプードルというよりも、
もっと食感のある粗びきのアーモンドが使われているようで、
その存在感が、コーティングチョコレートとの絶妙なバランスを
保っていました。

心の声を聞き届けてくださったAちゃん、
ごちそうさまでした!


_
[PR]
by oomimi_usako | 2016-03-30 16:29 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

名古屋 餅文総本店の季節限定 春ういろ

f0039281_14335176.jpg

ういろう、と聞くと、どうしても
“拙者、親方と申すは・・・”から始まる外郎売の、
団十郎さんのあの特徴のあるお声が、耳に響いてまいります。

早口言葉も含めて延々長い外郎売の口上は、
一時私も覚えましたが、今となっては記憶もさっぱり曖昧で、
お仕舞いの“ういろうは、いらっしゃりませぬか。”まで、
いつになったら到達するかわからない始末です。

そんな外郎売のセリフをトツンカツンブツブツ、
思い出しながら、お茶を煎れて用意した、この日のおやつ。

1659年創業、名古屋外良元祖と言われる餅文総本店の、季節限定春ういろ。
お土産に頂戴いたしました。
f0039281_14341394.jpg

見た目も可愛らしい茶巾絞り。
f0039281_14344538.jpg

桜色のほうは、刻んだ桜葉ともち米がアクセントになる桜餅ういろ。
もう一つは、蓬生の風味に小豆を敷いた草餅ういろ。
切り分ける手間もないので、とても便利で、
美味しいお茶と一緒に、春の香りを賞味しました。
f0039281_1435389.jpg

待ち遠しい桜の季節を想いながら、
お菓子皿は、桜模様。
そして、お茶碗も、
桜の花びらの透かし模様です。
[PR]
by oomimi_usako | 2016-03-09 14:29 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

いちごたっぷりのお誕生日ケーキ

逃げるように過ぎる・・・などと言われる二月ですが、
なにやら今年は、いろいろ詰め込んで、
私の二月は、
じっくりゆっくり過ぎていきました。
f0039281_17361426.jpg

そんな日々の中で、
二月のお誕生会は、ケーキ担当になりましたので、
お気に入りの苺をふんだんに使ったフレッシュケーキを作りました。
静岡県産、大粒の紅ほっぺ。
甘さと酸味のバランスが、春らしくて、とても好きです。
f0039281_1737179.jpg

ジェノワーズ生地には、クオカの、苺のフリーズドライパウダーを
混ぜ込んで焼き上げました。
デコレーションのクリームは、フレッシュクリームとマスカルポーネを
合わせて、そこに、ストロベリーリキュールで香りづけしたものと、
苺を加熱して作った即席ペーストで、ほんのりピンク色にしたものの、
二色を作って使いました。
層にしたジェノワーズの間にも、スライスした苺をたっぷりサンド。
トップにも、サイドにも、大粒苺を沢山飾って仕上げました。
f0039281_17372019.jpg

お花担当は、ぴょん子ちゃん。
ご所望の、大きな大きなアマリリスの花束を手配して、
お花屋さんに届けていただきました。
f0039281_17373780.jpg

新しい歳の一年も、良い毎日が続きますように。

おまけ。
f0039281_17375316.jpg

極太のアマリリスの茎と格闘して、
巨大な花束は、辛うじて花瓶に収まりました。

もひとつ、おまけ。
ケーキの断面は、こんな感じの縦縞模様。
f0039281_17381043.jpg

あまり見目麗しくないので、ちいちゃく載せます。
[PR]
by oomimi_usako | 2016-03-02 17:34 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

京都北山マールブランシュの京遊記をお年賀に。

f0039281_12371396.jpg

昨日、門扉につけておいた松飾りを、近所の八幡宮に納めに行きました。
元旦の人出には、遠く及ばないものの、
まだまだ初詣のお参りの方で、賑やかな境内でした。

毎年この折に、節分の豆まき用のお豆を分けていただいてくるのですが、
今年はまだ準備が出来ていないとのこと。
“明日位から出せるそうです。”
せっかくお参りくださったのにと、可愛らしい巫女さんに申し訳なさそうに言われましたが、
神様が、何度でもお参りにいらっしゃいとおっしゃっておられるのでしょうと思って、足取り軽く、帰宅しました。

ちょうどお茶の時間になったので、
お紅茶をいれて、お年賀にいただいたお菓子で、温かいひと休み。
京都北山マールブランシュの、京遊記。
f0039281_12375128.jpg

お重のような二段重ねのお菓子の詰め合わせです。
黒いお箱は、松竹梅。
f0039281_123895.jpg

橙色のお箱は、京サブレ、という名前。
f0039281_12382624.jpg

それぞれの箱の蓋を開けると、中のお菓子のお品書きが入っています。
中身に到達するまでに、ワクワクしてしまいます。
f0039281_12384019.jpg

f0039281_12385628.jpg

全貌はこちら。
f0039281_1239162.jpg

なんて可愛らしいお菓子たちでしょう。
f0039281_12393564.jpg

f0039281_12395122.jpg

f0039281_1240524.jpg

京サブレの方は、美味しい“京”のオンパレード。
全国の京子さんは、お年賀にされるのにぴったりかもしれませんね。

usakoの補足>
f0039281_12402218.jpg

食感とお味を、図で描いたお品書き。
わかるような、わからないような・・・
でもちょっと画期的で面白いと思いました。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-01-09 12:34 | あまいもの | Trackback | Comments(10)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ