カテゴリ:あまいもの( 566 )

神田淡路町 近江屋洋菓子店

かつて私がピカピカの若手社員だった頃、
その会社の営業部が神田小川町にありました。
そこからお仕事で、私の居た部署(それは新宿にありました)に時々立寄られた元上司の方が
“お土産に…”と持って来て下さるのが、淡路町近江屋洋菓子店(←HPも面白いですよ)のケーキでした。
f0039281_18223268.jpg

こちらのケーキは、今の流行の洋菓子とは少し違って、とてもシンプルな組み立てですが、
難しいことを考えずにいただくことを純粋に楽しめる…
そんなタイプの洋菓子です。
自分で購入したことはなかったのですが、
この近くで御用があり、時間が出来たので立寄ってみました。
お店の雰囲気は、今時のパティスリーとは全く違います。
何となく店内に漂う雰囲気が、
横浜元町の喜久屋さんと良く似ているように感じました。
共通するのは老舗の風格なのでしょうか?
お店の天井が高くホールのような作りなのもちょっと面白く感じました。
f0039281_18233816.jpg

購入したのは、懐かしのショートケーキや、
コロンとした丸い形がユニークなアーモンドのお菓子など。
美味しそうな焼菓子詰合せや、パイも並んでいましたので、
また今度機会があったら足を運んでみたいと思いました。
f0039281_1824723.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-26 18:00 | あまいもの | Trackback

どら焼き作り

冷凍した小豆あんで、今度はどら焼きを作りました。
f0039281_13541834.jpg

たま~にしか作らないので、手も慣れていないため(←言い訳)和菓子屋さんがお作りになるように全部を同じ大きさで焼き上げるのは結構難しいのです。
でも、二枚を合わせないとどら焼きになりません!
そこで、まるでトランプゲームをやっているかのように、大きさがピッタリ合うお相手を探します。
なんとか上手くペアを作ることが出来て、無事、どら焼きたちが完成しました。
記念撮影後は個別に包装して、甘いもの好きな方にプレゼントしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-23 00:52 | あまいもの

簡単あんパイ

冷凍庫のお掃除をしていたら、冷凍パイ生地が一枚だけ残っているのに気が付きました。胡麻のバトンを焼いてもいいかしら?と思いましたが、そのお隣りに小分けして冷凍中の、先日作った粒あんが目に留まりました。そこで、お掃除を一旦中止して、とてもとても簡単なおやつを一品作ることに…。

パイ生地はそのまま室温で解凍。粒あんは、時間がかかるので、電子レンジで解凍します。パイ生地を半分に切り、それぞれの真ん中に粒あんをこんもりまとめて置きます。
風呂敷包みをするように、まず上下を折り合わせ、次に左右を折り合わせ、合わせ目はお水をチョンチョンとつけてからギュッと押さえ付けます。
そして、マドレーヌ型とか、オーブンOKのプリン型などにすっぽり収めて余熱200℃のオーブンで10分、層が浮いてほんのり焼き色がついたら、170℃に落として10分焼成します。
f0039281_23344673.jpg

オーブンに働いてもらっている間に、お掃除再開。
そして…ピッピッピッ!
焼き上がりの頃にはお掃除も完了して、早速、お疲れ様のお茶タイムです!
☆焼く前に、表面に卵黄を塗ったり、焼き上がりにあんずジャムやマーマレードを塗ればなお美味しい。今回私は、冷凍庫お掃除中だったため、そういう手間は一切割愛しました。それでも充分美味しいおやつになりました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-13 23:27 | あまいもの

2006年4月3日 お菓子作りの材料

レッスン用に頼んだ製菓材料が届きました。
f0039281_17163778.jpg製菓材料は、月に一度まとめて購入して、あとはその都度買い足すようにしています。
主に富澤商店を利用していて、店舗に出向いて直接購入して配達して貰うこともありますし、ネットで頼むこともあります。
もう一ヶ所、時々利用するのが、クオカです。
こちらは香川県高松市に本店があります。
つい最近までは関東には店舗がなかったので、ネットで頼んで送ってもらっていました。
でも近頃、自由ヶ丘や新宿三越に店舗が出来て、ネットで頼む以外にも、必要なものをすぐ購入することが出来るようになったので、とても便利になりました。
オーソドックスな品揃えの富澤商店に比べて、クオカは結構珍しいモノが見つかるので、双方を使い分けつつ材料調達をしています。
<ご参考>その他、たま~に利用するところ
・フォンテーヌ(学芸大学)
  しばらく行っていませんが、かなり少量に小分けされた材料も売っていて以前は便利だと思っていました。今はもうそれでは全く足りないので…
キッチンマスター(吉祥寺)
 製菓材料の他に、シュガークラフトの道具類が豊富です。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-03 17:14 | あまいもの

2006年3月31日 午後のティータイムに

寒の戻りがあって桜の開花が一時足踏みをしましたね。
今日もまだ風がとても冷たくて、渡る風に、桜の花々がさわさわと小さな音を立てているのも少し寒そうに聞こえました。

今日のお茶の時間には、ふと思い立って作った、抹茶のムースケーキをいただきました。
f0039281_101358.jpg

時季になると何故か食べたくなるお料理というのがありませんか?
それと同じように、お菓子も、時季になると食べたくなる、あるいは作りたくなるものというのがあるのです。
春は、ピンクや淡いグリーンで仕立てたケーキ。
例えば、抹茶やピスタチオやベリーのピュレなどを使ったものを作ることが、断然多くなります。
 今日のケーキは、抹茶のスポンジに、抹茶のムース、そして表面にはマリブ風味(意外に抹茶と合います)のジェリーを流して桜の花の塩漬け(もちろん塩抜きはしっかりと!)をとじ込めました。
f0039281_2294938.jpg

抹茶はいつも、製菓用ではなく、時々点てる普通の抹茶をお菓子作りにも使います。
製菓用より香りも出て、上品な美味しさが楽しめると思います。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-31 22:10 | あまいもの

2006年3月29日 粒あん

昨夜、高知の日曜市で購入した小豆をたくことを思い付き、一晩水に漬けましたので、今日は煮る作業をしました。
私はお嫁入り道具にと母が持たせてくれたラゴスティーナの圧力鍋を愛用しているので、もちろん小豆もこれで!
圧力鍋で煮る時間は弱火で25分。前後の工程を入れても35分位で美味しい粒あんの完成です。
f0039281_14312784.jpg

 
 お味見をしてみたら…おいし~い!
ホクホクと柔らかいのに、存在感のある小豆の身にびっくりしました。
ちょっとお味見…のはずが、お善哉をいただいているかのようにパクパクと食べてしまいましたが、ふと我に返って、タッパーに蓋をしました。
さて!この粒あんでどんな和菓子を作りましょうか…?
作ることも、出来上がったのをいただくことももちろん好きですが、こうして何を作るかをいろいろ考えている時間も大好きです。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-29 14:32 | あまいもの

2006年3月25日 目黒学芸大学 リュードパッシー

f0039281_23211070.jpg 
用事で出かけていた家族が、お土産に…とお菓子を買って来てくれました。
それも、東急東横線学芸大学駅にあるリュードパッシーのケーキ!嬉しくて早速開けてみると、美味しそうなケーキたちが並んでいました。
キャラメルのエクレアとモンブランとチーズケーキ、そしてキャラメルバーボンという名前の中身がダックワース+ナッツ入りチョコレートの層+お酒のきいたチョコレートムースで仕立ててあるケーキです。
 
f0039281_23214845.jpgリュードパッシーはパテイシェ長島正樹氏が5年ほど前に開いたパティスリーで、ここもまた私の好きなお店の一つです。
チョコレート系のケーキが特に美味しいですし、焼菓子はもちろんパン類も選ぶことが出来ます。
昨年12月には、たまたまケーキを買いに寄ったところ、セントニコラ(セントニコラウスデー)にいただくマナラというパンを売っているのを見つけました。
 
f0039281_2323436.jpgセントニコラウスデーは日本ではメジャーではないイベントであるせいか、マナラも今まで見かけたことがなかったので、即購入。
ブリオッシュ風の生地を人型に焼いてあるのですが、好きなお味で美味しかったのでまた今年も時期になったら買いに行こうと思っています。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-26 23:19 | あまいもの

2006年3月13日 パティスリーパリセヴェイユの焼菓子

一日早くホワイトデーのプレゼントが届きました。
わぁうれしい♪と早速開けてみるとパリセヴェイユの焼菓子がたくさん詰め合わされて…。
歓呼の声と共に記念撮影をしました。
f0039281_16192140.jpg
 
2003年6月に金子美明パティシェが自由ヶ丘にオープンされたのがパティスリーパリセヴェイユです。
落ち着いたインテリアの明るいお店では、生ケーキの他にパンもいただくことが出来て、ガラス張りの開口部が広いお店だからでしょうか、まるでテラスでお茶を楽しんでいるような気分にひたれます。
そして不思議なことに外の通りを行き交う人々は全く気になりません。
ところが逆に、お店の外を通りかかると、ディスプレーされた焼菓子やコンフィチュールの小瓶、籠に盛られた焼き色の綺麗なパンの向こうに、楽しそうにお茶をされているお客様の姿が見えて、ふと気がつくと“いらっしゃいませ”と声を掛けられている…という事態になりがちなのです。

さあ!今から美味しいお茶を自分で淹れて、戴いた焼菓子でしばしの自由ヶ丘気分のティータイムを過ごすことにいたしましょう…。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-13 17:00 | あまいもの

2006年2月23日 バースディケーキ

お誕生日のお祝い会がありました。
私は今回はケーキ担当ということで、バースディケーキを作って持参しました。(当然いつもケーキ担当…というわけではなく、状況によってはブーケ作成担当になったりもします)
f0039281_9301048.jpg
お決まりの、でもみんな大好きなガトーフレーズです。
季節柄少し小粒ながらとっても甘いイチゴが出回るようになってきましたので、たっぷり使って仕上げています。
お誕生日は誰にでもある、一年に一回の特別な日。
この一年もまた健やかに穏やかに過ごせますように☆
Happy Birthday !!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-23 09:28 | あまいもの

2006年2月19日 和のスウィーツ

洋菓子だけでなく、和菓子も大好きですので、
もちろんこちらも時々手作りします。
“好きだから”“食べたいから”という理由以外に、
家での献立が和食だった時、食後のデザートは、
やっぱり和菓子が必要だけど、買いに出かけるよりは作りましょ!…
ということで、作る場合もあるのです。
急に必要になっても困らないように、
材料の餡や粉類をストックしておいたり、
時間のあるときに予め作って冷凍保存しておいたりします。
(冷凍可能な和菓子も結構あるのです)
f0039281_124150.jpg

ところでこの串団子、
甘辛のほうの焦げ目が良い感じに仕上がったので記念撮影です。
お団子のモチモチした食感は、やはり作り立てが一番美味しいと思います。
あっそうそう、これ全部ひとりで食べたりしませんよ、
念のため・・・。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-19 12:04 | あまいもの


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ