K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:おうちのお食事( 434 )

お世話になっているネット食材宅配サービスOISIXの“三竹さんのあまっ娘野菜”は、今シーズンは月一回ごとの頒布会を申し込みました。
年に数回程の取り扱いで、売り切れ必至の人気農家さんのお野菜なので、販売のお知らせがあると、チケットを取るかのごとくネットで申し込みをするのです。
今シーズンは新たに頒布会形式がスタートしたので、先年よりは楽して届けていただけるようになりました。
先月、大根、にんじん、キャベツ、そしてセロリ株ごと!がゴロゴロ届き、幸せな気分になりつつたくさんのお料理をしてからほぼひと月。
『あ~また食べたい・・・』と、思い始めたところに、ちょうど今月分が到着しました。
絶好のタイミングです。
f0039281_2049365.jpg
今回も、葉付き大根、葉付きにんじん、キャベツ、そして見事な株ごとセロリがザクザク。
たくさんの食材を目の当たりにすると、もともとお料理好きの血が騒ぎます。
エプロンのリボンをキュキュッと結ぶ手にも力が入り、ザッと腕まくりして
『さあっ!!』
と、ばかりにゴトゴトガタガタ・・・(←お料理の音とは違うかしら?)キッチンで大騒動。
今週は数日後にまた、OISIXの定期宅配で頼んだ違う種類のお野菜も、たくさん届く予定です。
美味しいお野菜を上手にお料理して、さらに美味しくいただけるように、新レシピにもトライしてみようかしら、とも思っています。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-15 20:46 | おうちのお食事 | Comments(4)
今年も初場所が始まっていますね。
主人も私もお相撲好き。
といっても、お相撲自体好きなのが、主人。
そしてお相撲見物のお土産の美味しいものが好きなのが、私。
焼き鳥、あんみつ、甘栗・・・などなど、大抵土俵に背を向けて・・・食べてます。
f0039281_1235975.jpg
さて、今日はお昼ご飯に、お相撲土産セットに入っていたちょっと珍しい“角力カレー”を食べました。
このお茶屋さんは始めて(か?二回目くらい?)だったので、もしかすると此方のお土産品目としては定番なのかもしれませんが、私は初めて手にしたものです。
お茶屋さんによって、少しずつお土産にも違いがあって、それもまた面白いですね。

一応内容量は、普通のレトルトパックより10~20g多い位です。
レトルトパックでありながら、たっぷりの柔らかビーフが入っていて、コクのあるお味がとても美味です。
いったい何処製?と、箱を調べるも、“国技館サービス”と記載があるだけ。
他で手に入るなら、買ってみても良いと思ったのですが、これもまた焼き鳥と同じように、国技館の地下でグツグツ煮込んで作っておいでのもの(??)で、国技館でしかいただけないものなのかもしれませんね。
是非またいただきたいものだと思いました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-13 23:01 | おうちのお食事 | Comments(0)

2007年1月 忘れたっ!

夜遅く、もう半分まぶたが下がりかけた時間に、何故だか『はっ!』と気付きました。
☆☆☆朝食のパン、買うの忘れた~☆☆☆
冷凍保存の食パンスライスも食べてしまったばかり、シリアルもなし。
代用可能なものは、クラッカー位、でも、それではあまりにも・・・。
かといって睡魔を打ち負かしつつ、パンを焼く程焼き慣れていない私。
『朝のパン買うの忘れちゃった。』
と主人に告げると、
『え~、明日は朝ご飯ないのぉ~?』
と、悲しげなお顔。
あのぉ~、朝ご飯自体がないわけじゃないんですけれど。。。

そして、思いつきました。(それ程深く考えたわけではありませんが)
パンは無理でも、“あれ”を焼きましょう!
粉とバターだけ計量して、ベッドにもぐり込んだのです。
f0039281_1211473.jpg
焼きたてのプレーンスコーン。
この朝の分、4つだけ焼きました♪
フードプロセッサーで材料を混ぜてまとめて1分。
少しだけ手をかけて捏ねてプラス3分。
型抜きにプラス2分。
あとはオーブンで焼成14分。
(↑写真撮影する余裕もありました)
全工程20分で、焼きたてスコーンが登場した朝食は、何だかいつもよりずっと楽しいテーブルでした。
もちろん主人は、割り当ての2個を嬉しそうに食べて(さらにほうれん草のスープとヨーグルトとりんごとお紅茶も完食)、会社に出かけてゆきました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-12 23:18 | おうちのお食事 | Comments(6)
冷たい雨の降る寒い一日でしたね。
こんな日には、やはり身体もあたたまる鍋料理が一番。
お夕食は、昨年お歳暮にと、実家の両親が送ってくれた尾張“三和”の純鶏名古屋コーチン味噌鍋セットを頂戴することにしました。
f0039281_2323640.jpg

プリプリしてしっかりしたお味の名古屋コーチンのもも肉、胸肉、そして半割の竹に詰められた旨みの閉じ込められた柔らかなつみれ肉を、たっぷりのお野菜と共に、こっくりと甘味のある豆味噌だれでいただきました。
f0039281_2323442.jpg

善光寺七味唐辛子をたっぷりふり掛ければ、ひと口ごとに身体がホコホコと温まっていきます。
そしてもちろん、きしめんで美味しい時間は締めくくりとなりました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-06 23:20 | おうちのお食事 | Comments(4)
大忙しの元旦と打って変わって、ひたすらTVの前にへばり付いて過ごすのが、2日です。
まずは、朝から箱根駅伝でスタート。
お目当ての学校を一生懸命応援しながら、選手と一緒に気持ちは箱根まで飛んでいきます。
復路はまた明日のお楽しみにしつつ、いきなり国立競技場に飛び帰って(←気持ちだけ。身は相変わらずTVの前)、今度はラグビー観戦。
これまたお目当ての学校の応援に、ヒートアップ!
ソファに座っていられず、思わずTVの前に飛び出ての観戦となりました☆
f0039281_12103747.jpg

途中のお昼タイムには、おせち料理のアレンジ。
しいたけ、にんじん、蒲鉾、昆布巻きなどを賽の目切りにしてお醤油味で軽く煮てから、白胡麻と青のりと一緒にご飯に混ぜて、簡単混ぜご飯。
トッピングとして、同じ賽の目切りにした伊達巻とイクラをたっぷり散らします。
このご飯は、酢めしにして五目寿司にも出来ます。

少しTVを休ませて(?)・・・
夜は、歌舞伎の初芝居中継で楽しみました。
これも毎年欠かさず観ているNHKの番組です。
今年の一月は、実際の観劇を下旬に予定しているので、ちょっと早めに様子を見る事が出来ました。
東京歌舞伎座だけでなく、浅草公会堂や大阪松竹座などの公演の様子も放映してくれたので、併せていろいろ見られました。
まさに、『こいつぁ~春から縁起がいいわぇ』。

そうして、ゆったりと2日は過ぎていきました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-02 23:59 | おうちのお食事 | Comments(0)

2007年1月 元旦行事

あけましておめでとうございます。
旧年中は、いつもこのブログをご覧くださいましてありがとうございました。
ブログを始めてようやっと、一年経ちました!
書き込んでいただくコメントや、メールであるいは直接お目にかかって頂戴するご感想は、私の大切な励みとなっております。
今年も、中身の濃い?(またまた食べるもののお話ばかり?)ブログを綴ってゆきたいと思っておりますので、是非引き続きご覧いただき、ご感想などお寄せいただければ嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて・・・
わが家のお正月は、一年で一番忙しい日でもあります。
その様子をご紹介させていただきたいと思います。

まず初めに、自宅で朝のお祝い膳を用意します。
f0039281_1218581.jpg
昨年12月下旬に、小樽田中酒造から取り寄せた絞りたて生酒“初亥”で『おめでとう』をいたしました。














お節料理は、一重の少し大きめのお重箱に、少量ずつ好きなものを作って用意します。
f0039281_12185774.jpg

しいたけ含め煮・昆布巻き・里芋煮・にんじんの出汁煮・サフランきんとん・蓮根揚げ餅三種取り混ぜ・黒豆金箔散らし・紅白蒲鉾(これは頂戴もの♪)・おちょぼ口伊達巻・百合根の梅肉和え。
f0039281_12193885.jpg

イクラと焼き海老を、半月盆に見立てのあしらい。
名付けて“初日の出”☆
f0039281_12202451.jpg
お雑煮は、私の実家方に合わせて、お澄まし仕立て。
“平安堂”さんの“立梅”という蓋付き椀でいただきます。

〆は、お福茶。
今年は妹が漬けてくれた梅干を使わせてもらいました。
一年の健康を祈りながら、干支の御湯呑みで。
f0039281_1221795.jpg


次に、地元の神様に初詣。
今年も皆にとって、健康で有意義な良い一年になりますように・・・と手を合わせます。
f0039281_12215115.jpg

最近お気に入りなのが、弓付きの破魔矢。
昨年の分を納めて、今年のものを新規にいただきます。
甘酒の出店も出ていて・・・暖かそうで美味しそうだけれど、この後の胃腸のためにここは我慢!

一旦帰宅して、お年賀と持ち寄り品(もちろん食べ物)を持って、いざ主人の実家へ!
本日二回目は、お昼のお祝い膳です。
椿山荘製“錦水 音羽”というお節のお重を用意してくれていました。
f0039281_12223335.jpg

プロの作るお節を頂くと、いろいろな工夫や食材がとてもお勉強になります。
『お勉強、お勉強~』といいつつパクパク~♪
f0039281_12232217.jpg
そして関西出身の両親ゆえ、お雑煮は丸餅を入れる白味噌仕立て。
青のりをたっぷり散らしていただきます。


さて、少しお日さまが傾き始めるころ、今度は、いざusakoの実家へ!
電車はどこも空いていて、都心の空気も心なしか清々しい感じです。
f0039281_122471.jpg

お玄関では母の活けたお正月のアレンジが出迎えてくれました。
本日三回目は、夜のお祝い膳です。
こちらでは、毎年、芝パークホテル北京製中華のお節を用意して待っていてくれます。
和食が続いたあと、ちょっと気分が変わるので、いつもとても楽しみにしているお節です。
f0039281_12245361.jpg

f0039281_12252967.jpg

毎年作ってくれる母の定番、サーモンのマリネと、揚げ湯葉煮も、お祝いのお膳を更に賑わします。
f0039281_1226837.jpg

f0039281_12263979.jpg

そして・・・やはり欠かせない美味しい御酒。
祝盃にお正月の定番お屠蘇から始まって、“初亥”(←これは実家用の別な一本)“久保田萬寿”“松竹梅”(熱燗用)と楽しみました。
f0039281_12271788.jpg

f0039281_12275311.jpg


除夜の鐘を聞いてから24時間後、無事自宅に戻り、一年で一番忙しかった我が家の元旦は終わりました。
今年も良い一年でありますように!
そして、元気でたくさんの美味しい物にまた、出会えますように☆
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-01 23:59 | おうちのお食事 | Comments(2)
これって季節はずれの台風でしょう!という凄まじい荒天だった昨日・・・。
皆様はどのようにお過ごしになりましたか?

私は、というと・・・。
お正月に必要なもののお買い物にも出かけなければならないのですが、それは翌日以降に回して、午前中はクリスマスの片付けと、お家の中の残っている個所のお掃除。
午後からは、ようやっとお年賀状書きに取り掛かり、200枚近くの宛名を手書きしたら、さすがに腕がだるくなりました。
・・・そうそう、私のお年賀状は毎年某F社の写真タイプを利用していますので、裏面は少しコメントを書ける程度。
それゆえ、表のご住所やお名前を手書きさせていただきつつ、お顔を思い浮かべて、その方に思いを馳せる(←ちょっと大袈裟かしら?)ことにしていますので、毎年のこの作業は私にとって大切な時間なのです。

さて・・・
宛名書きに没頭していたので、お夕食の食材などを買いに出かける時間もなく(大体お天気もひどかったし)、お夕食は有るもので済ませましょうと思い、里芋コロッケを作りました。
f0039281_10444830.jpg

キッチンにある里芋、パントリーにある牛肉のしぐれ煮、冷凍庫のパン、あとは小麦粉と卵とオイルがあればホクホクのコロッケがすぐ出来ます。
里芋は、皮付きのまま蒸し器で蒸せばツルツル皮がむけますので、そのあとすぐマッシュ。
少し冷ましたら、しぐれ煮をそのままザザッと加えてよく混ぜて(味付け不要)、まとめます。
冷凍庫のパンは、室温ですぐ解凍しますから、最初から出しておいて工程が近付いたらフードプロセッサーで粉々に。
あとは、まとめたタネに小麦粉→溶き卵→パン粉とつけて、色よく(ちょっとムラが出来てしまいましたけど)揚げました。
f0039281_10453352.jpg

付け合せはOISIXの三竹さんのキャベツです。
f0039281_10463930.jpg

あわせたメニューは湯豆腐。
小さな土鍋にお豆腐、ねぎ、春菊、しいたけを入れて一人分ずつ仕立てます。
火に掛けるだけですし、付けだれも酢橘とお醤油で自分で作るから、主婦の手間要らず。
両メニューあわせても全工程30分程度です。
f0039281_10472773.jpg

ホクホクのコロッケと、ホコホコの湯豆腐で、美味しい時間が過ごせたら、お年賀状の仕上げは一段とスムーズに運びました!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-27 09:00 | おうちのお食事 | Comments(2)
わたくしサンタ3号、このたび無事任務を終えて、帰還しましたっ!
課せられた任務は、usakoさんの実家でのクリスマス会。

いつものように、皆さんそれぞれにいろいろな手料理を持ち寄っての、にぎやかなクリスマス会でありました。
オードブルにはテリーヌ、ミニパイ、ポテトサラダリース仕立て、そしていろいろ野菜のピクルス。
f0039281_9344456.jpg

f0039281_9352382.jpg

メインの阿波鶏のオーブン焼は、予めお店に予約して取り寄せて、前日オーブンでじっくり焼き上げた母上殿の渾身の作!
f0039281_936372.jpg

f0039281_937657.jpg

準メインにはローストビーフも登場しておりましたよ~。
イギリス、イタリア、ドイツ、デンマーク各国のチーズを取り揃えて、3本のワインが空っぽになっておりました。
f0039281_9375660.jpg

こうなってくると、少々心配なのが私の任務。
ブッシュドノエルで皆様に喜んでいただかなくてはならないのに、お腹に余裕があるのかとハラハラしておりました。
が、このご家族に関してそれは心配無用でした。あはは。
いよいよ私の出番!
お星様を高く掲げて晴れやかに登場し“さあ~皆様私は・・・”と口上を述べようとした途端、
『わぁ~美味しそう!』
『早くカットしてカットして・・・』
という賑やかな声に掻き消され、同時にスポッと引き抜かれ・・・
『あ~れぇ~~』
-暗転-
f0039281_9391962.jpg

ふと気がつくと、こうして無事帰還していたという次第でございました。
そういえば、『サンタさん、ご苦労さま!』というusakoさんの声が聞こえように思えたのは、あれは夢だったのかなあ??
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-25 09:00 | おうちのお食事 | Comments(4)
f0039281_1849325.jpg

木箱から、ぬ~っとお顔を覗かせたのは、津市朝日屋さんの極上の牛肉です。
三重在住のMr.&Mrs.Tより頂戴しました。
美味しいものが大好きな我が家にとっては、とてもとても有り難い、至上のプレゼント。
宅急便のお兄さんにまで、いつもの倍の笑顔でお礼を言って受け取ったら、次の瞬間から
“何を合わせる?”
“ワインどれにする?”
“チーズ探してこなくちゃ!”
“デザート何にしましょうか?”
と、普通の日のお夕食が、突然最大級のイベントに変わります。
お肉はシンプルに、塩コショウでジャッと焼き付けていただきました。
f0039281_18494738.jpg

開けたワインは、96年物のChateau Pavie SAINT-EMILION GRAND CRU。
美味しいお肉に良く合う、これもまた美味しい赤ワインでした。
そして、お食後にはアイスクリーム。
こういうときのデザートは、シンプルに冷たいもので〆ることにしています。

・・・あったいへん、お礼状を書く前に頂いちゃった!!!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-19 23:59 | おうちのお食事 | Comments(2)
ネットの食材宅配サービスOISIXで、愛知県の三竹さんという農家さんのお野菜を頼みました。
f0039281_2228735.jpg

こちらのお野菜、一年に数回しか注文できないのですが、とにかく旨みの濃~い美味しいお野菜。
それなので、取り扱い開始当初からすっかりファンの私は、注文受付がある度に、欠かさず届けてもらっています。
今年は、これで二回目。(前回の様子はこちら
今シーズンは、来月また届けてもらえるように頼んであります。
どっさり届いたのは、葉つき大根、キャベツ(いつもより大きい!)、葉つきにんじん、そしてセロリひと株!
そのままポリポリいただくのも、三竹さんのお野菜の美味しいいただき方。
でも、沢山の食材を見ると、さて、どんなお料理を作りましょうかと、創作意欲がモリモリ湧いてきてしまいます。
でもその前に、しておかなければならないのが、到着したお野菜の下処理です。
f0039281_22285781.jpg

葉つきの大根やにんじんは、本体の栄養を葉っぱが吸収してしまうので、すぐに葉をカット。
にんじんの葉っぱ・・・ごま油で素揚げにする予定。
大根の葉は、すぐに加工できるように軽く下茹でしてしまいます。
f0039281_22294345.jpg

大根は厚切りにして、昆布と一緒にラゴスティーナで3,4分。
とろけるように柔らかく煮あがりますので、煮汁と一緒に保存すれば、あっという間にふろふきやぶり大根に変身させられます。
f0039281_22302426.jpg

今日からしばらくは、三竹さんのお野菜がふんだんに食卓にのぼります。
お正月用に、冷凍保存できるような加工もしておきましょう。

早速今晩のお夕食は、お得意のシュークルートモドキ。
ベーコンや玉ねぎと一緒に、キャベツやセロリを蒸し煮にして、マイユの粒マスタードをたっぷりつけていただきました。
残りは例のキャベツのポタージュに・・・と思っていましたら・・・お鍋は空っぽになってしまいました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-17 22:21 | おうちのお食事 | Comments(0)