K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:おうちのお食事( 434 )

吉祥寺の東急百貨店の裏にある多奈加亭は、
お店の雰囲気が好きなので、良く立ち寄るカフェです。
昨日も用事があって吉祥寺に出掛けたので、
ちょっとひと休みをしてきました。
多奈加亭というと、いろいろなカップ&ソーサーで用意してくださる
コーヒー、紅茶や、美味しいフレッシュケーキがまず頭に浮かびますが、
パンも、なかなか美味しいのです。
f0039281_1831886.jpg

帰りに買い求めたパンを、今朝のテーブルにのせました。
ラウンド型で焼かれた、ラウンドチーズパン。
f0039281_183436.jpg

カマンベールチーズとプロセスチーズ、そして黒胡椒がアクセントです。
外は硬すぎず、中は柔らかすぎないちょうど良い食感が結構好きで、
同じラウンドのプレーンタイプは、サンドパンとして使うと、
食べやすくて美味しい、まあるいサンドイッチが出来ます。

吉祥寺も、どんどん拡大しています。
でも、新しく出来るお店や、駅ビルに入るお店は、
渋谷や新宿などにも同じお店があって、あまり新鮮な感じがしません。
そんな中にあって、武蔵野吉祥寺らしい雰囲気漂う(これはあくまでも、
個人的印象ですが)多奈加亭のようなお店が、これからも
麗らかな佇まいで、そこにあり続けてくれるといいなあと、思うのです。

好きなもの。
f0039281_18489.jpg

f0039281_1842977.jpg

ラウンド型の隙間からはみ出て焼けたチーズ!

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-12 18:00 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)
お造りに添えられているツマ。
機械でシャーッと作られた大根製のものは、
寂しくお皿に残されていることが多いような気がします。

本来は、かつら剥きにした大根を、千切りにして作るもの。
なんとも言えない歯ごたえと、大根のほのかな甘みが、
ちょんちょんとつけたお醤油と良く合って、
お刺身をより美味しくしてくれます。

大根以外にも、きゅうりや、ニンジン、二十日大根、
みょうが、大葉、生食かぼちゃなどなど、
季節の香りのするお野菜を使えば、お味も彩りも良くなって、
お造りも、より一層美味しくいただけます。

先日、神楽坂の新潟料理のお店でお食事をしたときに、
コリコリぷちぷちした食感のツマに出会いました。
板前さんに伺って、それが、海藻由来のものだと知りました。
f0039281_17535767.jpg

業務用のものだろうとは思いましたが、
そこは、居酒屋usako庵の料理人(!?)。
出来ることなら、わが庵のお皿の上にも、登場させたい…。
アンテナ(=おおきなおみみ)をブルンブルン回転させて、
見つけました。
f0039281_17542367.jpg

新潟の天然水と海藻抽出成分で作るもののようです。
道理で、新潟料理店が使うはず。
さっそくお造りに使いました。
f0039281_17552033.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-11 18:00 | おうちのお食事 | Trackback
流行りに乗じて、最近はお他所で頂くことが多いフレンチトーストを、
久し振りに、朝食に作りました。
f0039281_23373888.jpg

使ったのは、ちょうど残っていた、デニッシュ生地に近い感じの生地のパン。
漬けこみ液は、ごくシンプルに、たまごと、ミルクと、はちみつ。
パンへの吸収が早かったので、30分ほどで焼き始めることが出来ました。

フライパンに、いつも使っているよつ葉の無塩バターを溶かして、
各面それぞれに、しっかり焼き色をつけました。
f0039281_2338345.jpg

焼きあがったら、すぐに粉糖をふり、はちみつを回しかけて
温かいうちにいただきます。

パターの芳ばしい香りと、はちみつのコクのある甘みがたっぷりしみこんで、
とても美味しいレンチトーストが出来ました。
これにクリームとフルーツいろいろ乗せたら、某所の某フレンチトーストと
見紛うものになりそうだと思い、
“お店出来るかしら?”
と、殿に言いましたら、
“ひとさまに召し上がっていただくには、まだまだ”
だそうです。

いつもは、普通の食パンの残りを使います。
でも今回のように、バターを多く使った生地のパンを使うと、
より風味が増して、美味しいフレンチトーストに仕上がるのですね。
次回からは、残りではなくて、フレンチトースト専用で、
このパンを買ってこなくっちゃ!


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-07 23:30 | おうちのお食事 | Trackback
美味しそうなお刺身用サクを見つけたので、
お夕食にと、買い求めました。
f0039281_23444876.jpg

こういう場合、必要不可欠なのは、
お伴にする美味しい日本酒。
御酒を決めた後、お刺身などのお肴を選ぶこともありますが、
その逆のパターンも良くあります。

選んだのは、新潟の銘酒鶴齢(青木酒造)の純米吟醸酒
f0039281_23435757.jpg

鶴齢は、酒造りに最も適していると言われている巻機山の、
伏流水で仕込まれる美味しい御酒。
酒米は、新潟県産の酒造好適米である越淡麗を100%使っています。
f0039281_23451457.jpg

まずは、かんぱーい。
なんでもない普通の晩酌でも、お酒を頂く前には必ず乾杯をするのが、
我が家のルールです。
そして、ひと口目をお口に含むと、すっきりしたお味が広がったあと、
軽い旨みが味わえて、芳香がスゥーッと抜けて行きました。

巻機(まきはた)山は、日本百名山のひとつ。
新潟と群馬県の県境にあり、八海山が近くにあります。
景観の美しさが有名で、登山をする方にも人気があるそうですね。
私は山登りはいたしませんが、以前、NHKの山登りHowto番組の
巻機山編を見て、すっかり登った気分になったことがあります。
俯瞰的に撮影された登山シーズンの巻機山は、
淡い緑に覆われた優しい稜線で、とても嫋やかに見えました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-05 23:42 | おうちのお食事 | Trackback
津市の朝日屋さんから、松阪牛しゃぶしゃぶ肉を、
直送お手配していただきました。
暑いので…いえ、暑かったので、冷しゃぶにして楽しみましたのは、
ほんの一週間前のお話です。

本日の東京は、朝の気温が18度。
こんなことなら、もう少し我慢して、
普通のしゃぶしゃぶにすれば、良かったかもしれません。

でも、冷しゃぶにしてもまた美味しい、朝日屋さんのお肉
もちろんお伴も抜かりなく。
f0039281_11294539.jpg

我が家では、再三ご登場いただいております、
伊賀上野は大田酒造の“半蔵”です。

今回入手しましたのは、
純米大吟醸中汲み生原酒。
伊賀産の山田錦を50%磨いたもの。
f0039281_11301914.jpg

中汲みというのは、仕込みが終わったお酒を絞り出すとき、
その作業のちょうど中間の頃に、しぼり出されたものを、
汲み取った・・・という意味です。
ちょうど真ん中なので、バランスが良いものが汲みだされていて、
美味しい部分です。

大吟醸ですから、スッキリしたお味になりますが、
純米ですから、旨みも出て、
さらに中汲みの、バランスの良い、香りとコクが感じられ、
松阪牛との調和が堪能できました。
f0039281_11305891.jpg

f0039281_11312199.jpg

しゃぶしゃぶ肉は、あらかじめキッチンで、
にんにくをたっぷり入れたお湯で、しゃぶしゃぶしたら、
盆ざるにあげて、パタパタと扇いで冷まします。
このとき氷水などにつけますと、美味しい脂分が、ヘンに凝固しますので、
それは禁物。
お野菜をたくさん用意して、
たれは、胡麻たれとレモン醤油の二種。
〆の、おうどんも揃えました。
f0039281_11314028.jpg

f0039281_11321558.jpg

我が家にお招きしたのは、限定880本のうちの655番。
このお味は、もう(たぶん)二度と味わえないということです。
美味しく育ってくれた松阪牛くんにも、識別番号(うちでは
敬意を表してお名前と言っています)が入っていましたので、
おもえばこの素敵なコラボの食卓も、この日限りのお楽しみでした。

今年の夏も、いちどきり。
ゆく夏が、にわかに惜しくなる、冷しゃぶのゆうべです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。


Thank you ,very much,T-papa&T-mama !!
[PR]
by oomimi_usako | 2015-08-26 11:23 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
f0039281_18103078.jpg

さて、
とっくのとおに、終わっております軽井沢の避暑。
拙ブログにて、長きに亘りお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。
今回が、ようやっと最終回。
舞台は、軽井沢ではなく、ここ東京です。

軽井沢から帰る日は、軽井沢のマツヤか、中軽井沢のツルヤに寄って、
〝信州の味”をいろいろ購入。
さらに、上信越道に碓氷から乗ってすぐ、横川PAに寄って、
横川の峠の釜めしを購入。
もちろんこのために、大きな保冷バッグを二つ、忘れずに持参しています。
新鮮なお野菜や、たっぷりのブルーベリーなどはデフォルトで購入。

そして、この日のお夕食は、
佐久の鯉のあらいや、
信州サーモンのお刺身。
f0039281_18112278.jpg

添えた山葵も、信州産。
東京よりリーズナブルです。
f0039281_18114499.jpg

モロッコいんげんの和え物。
今でさえ珍しくなくなりましたが、軽井沢では
ずっと以前から、普通に八百屋さんに並んでいました。

合わせた日本酒も信州産。
f0039281_18123486.jpg

今回は黒澤酒造(佐久)の純米大吟醸黒澤。
信州のお魚にとてもよく合う、すっきり、きりりとした日本酒でした。
f0039281_18132785.jpg

そして横川の峠の釜めし。
信州の山の幸満載が、いつも楽しく。
f0039281_18134991.jpg

最後にいただく干し杏の甘酸っぱさに、
もうすでに思い出になってしまった今年の夏の軽井沢への想いが、
センチメンタルに重なっていくのでした。

…なんのこっちゃ!

usako補足>そうそう、軽井沢に行くときには、横川下りSAで、
高崎名物だるま弁当を購入して行きます。
f0039281_18184121.jpg

f0039281_1819395.jpg

到着して、荷物をおろしたりしてすぐに、お昼ご飯に出来るので、
とっても便利なんですもの。
…実はusakoは、駅弁好き…?


軽井沢編、お付き合いいただきまして
ありがとうございました。
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-08-07 18:03 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
最近、白金の、とあるお店に出店したことがちょっぴり話題になった、三重は津の朝日屋。
“なぜ?”というのが、専らの疑問でしたが、
津の本店に出掛けたAちゃんが、お店の方に、直接その疑問をぶつけてみてくれました。
そうしたらご回答は、
“毎日、数量限定の松阪牛のお弁当を出しているんですよ~、
と~っても美味しいから是非食べてみてくださ~い!”
と、逆に宣伝されてしまったそうで。
疑問は疑問のままながら、結果、本店直送の美味しいお肉を目にした途端、
“まっ、いいか”で、チョンとなりました。

“今夜は、朝日屋さんの松阪牛でしゃぶしゃぶですので、よろしく”
いつものように、殿に業務依頼です。
今回のお題は“三重”。
f0039281_111742100.jpg

そして手に入る今宵の伴は、
作 玄の智(ざく げんのとも)”。三重県鈴鹿市、清水清三郎商店
鈴鹿山脈の伏流水と、伊勢平野のお米を、協会701号酵母で醸した純米酒(磨き60%)。
f0039281_11181712.jpg

       *“大黒屋”は、清水清三郎商店のオンラインショップ
磨き60%ですが、旨みのあとのすっきりした後味が、
これまた旨みの濃い松阪牛にぴったり合って、
何やら杯のすすむ、美味しい御酒でした。
f0039281_11184237.jpg

今季最後の出番とばかりに、お鍋に登場して貰ってのしゃぶしゃぶ。
梅雨半ばの、少し涼しい日でしたが、
やはり、きしめんで〆るころには、だいぶ暑くなりました。
そこでデザートには、冷たい甘いものを。
これまた津の老舗和菓子店御菓子處とらや本家の、変わりお大福です。
f0039281_1119381.jpg

まあるい形がかわゆらしい、白くてふわふわな姿の中身は…
f0039281_1119218.jpg

トロピカルムード満載の生パイナップル。
お大福の皮と、白あんと、生パインの、お味のバランスがなにしろ絶妙で、
出来ればこちらのお大福も、近場で手に入らないものでしょうか?
と、真剣に願ってしまうおいしさでした。

Thank you,A-chan K-chan!


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-06-27 10:56 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)
f0039281_1439099.jpg

朝、目覚めたら、
こんなパンが待っていてくれる…
と思うと、目覚まし時計なんて要らないかもしれません。
f0039281_14392657.jpg

ブーランジェリータテルヨシノプリュスの、パンドミフィユテ(Pain de mie feuilleter)。
たっぷりのバターが、パンの生地に練りこまれているのがわかります。
f0039281_14394384.jpg

外側は、サクサクっとした軽い食感。
でも中の生地は、
バターが薫りだけを残して、とろけていくような食べ心地です。
f0039281_14404594.jpg

お馴染みの、イニシャル付きの御箱入り。
f0039281_1441317.jpg

このイニシャルのそばには、
必ずusakoの好きな美味しいものがあります。

usako補足>パンドミフィユテの材料表示。
〝小麦粉、牛乳、ポテトグラニュー、バター、
モルトエキス、塩、砂糖、BBJ”
と、ありました。
ポテトグラニューってなにかしら?
てっきり片栗粉かと思いましたら、どうやらそれとは生成方法が異なり、
加熱乾燥したのち作られるもののよう。
マッシュポテトに加えたりすると、良い食感が得られるものらしく、
極上の食感は、それゆえかと想像したりしています。
お詳しいかたおられましたら、是非教えてくださいね。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-06-07 14:36 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)
とある土曜日。

歯医者さんにお出掛けの殿に、こう頼みました。
本日のお夕食は、居酒屋usako庵。
ですから美味しい飲み物を調達してきてくださいな。

てっきり渋谷の蔵(=東急東横店お酒売り場の我が家における別称)で
見繕ってくるのだと思っていましたら、
珍しいところの、珍しい御酒と共にご帰還。
f0039281_1355524.jpg

大典白菊 純米吟醸朝日米五五 白菊酒造(岡山県高梁市)
岡山県産の朝日という優れた酒米を使って仕込まれた日本酒です。

あら、珍しい、こういうのも酒蔵に置くようになりましたか?
いえいえ、いつも同じではつまらないので、行ってみたかった酒屋さんで
買いました、とのこと。

結婚当初、日本酒好きだったのは、私のほう。
銘柄のこと、居酒屋さんのこと、などいろいろ うるさく 語るのを聞くうちに、
もともと呑めるというのも手伝って、殿も今では日本酒ツウ。

“日本酒お詳しいのですねえ”“いえ、妻のほうが”。
“日本酒よく呑まれるのですねえ”“いえ、妻のほうが”。
と、どこへ行ってもそういいますが、それじゃあなたの妻は蟒蛇になります。
f0039281_1355518.jpg

サラリとした飲み口ながら程よい旨みがあり、
あっさりしたお肴にも合う甘みと酸味が美味しい、吟醸の白菊を、
旬のイサキや、鯛のお造りをメインに、
めかぶの酢橘醤油和え、
冷奴、
オクラと蛸の生姜和え、
をお伴に楽しみました。

さて…
歯医者さんの次回の予約日は、いつだったかしら♪

usako補足>行ってみたかった酒屋さん=内藤商店(不動前)



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-05-27 13:51 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
f0039281_21475373.jpg

美味しそうなパッケージのモッツァレラチーズを見つけました。
トリデンテTridenteといって、一見外国製のようですが、
飛騨高山で手作りされている国産品です。
f0039281_21481644.jpg

どんなお味なのでしょう。
楽しみに買って帰り、せっかくなので、
このモッツァレラチーズを美味しくいただけるような
簡単なお夕食を用意しました。
f0039281_21484549.jpg

f0039281_2149555.jpg

旬のイサキを丸ごと、あさりと一緒にオーブンで蒸し焼きに。
アボカドをスライスして、並べたところに、
おろした山葵とマヨネーズを和えただけのソースを回しかけて。
白ワインも、美味しいものを冷やして準備。
f0039281_21493211.jpg

穏やかなお味が、お口の中で心地よくほどけていく、
美味しいモッツアレラチーズでした。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-05-09 21:45 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(7)