<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年2月26日 どんぐりのバッグ完成!

一昨年TVでイギリス刺繍というものがあることを知りました。
一目見て気に入って、是非チャレンジしてみたいと思ったのですが、内容的に“これはひとつキチンと先生に習って覚えた方が良さそう…”と言う印象でしたので、昨年からお教室に通っています。
とても丁寧に教えてくださる先生で、月一回のレッスン日がいつもいつも待ち遠しく思われます。(二村先生のHPはコチラです。素敵な作品の数々もご覧になれます☆)
宿題も出るので、お家で時間を見つけて進めていきます。
f0039281_1573782.jpg
先月まで取り組んでいたのは、スタンプワークと呼ばれる刺繍で、どんぐりの実と葉を刺繍しました。刺繍の部分が出来たら、それを、先生から頂いている材料で小さなバッグに仕立てて出来上がりです。可愛いでしょ♪
f0039281_1581683.jpg早速お買い物に持って出ようと思いましたが、ちょっともったいなくて、しばらく飾って眺めてから使い始めるつもりです。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-26 15:08 | 手芸(刺繍など)

2006年2月23日 バースディケーキ

お誕生日のお祝い会がありました。
私は今回はケーキ担当ということで、バースディケーキを作って持参しました。(当然いつもケーキ担当…というわけではなく、状況によってはブーケ作成担当になったりもします)
f0039281_9301048.jpg
お決まりの、でもみんな大好きなガトーフレーズです。
季節柄少し小粒ながらとっても甘いイチゴが出回るようになってきましたので、たっぷり使って仕上げています。
お誕生日は誰にでもある、一年に一回の特別な日。
この一年もまた健やかに穏やかに過ごせますように☆
Happy Birthday !!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-23 09:28 | あまいもの

2006年2月21日 歌舞伎観劇


f0039281_22414826.jpg 中学生の頃からの歌舞伎好きで、今でも毎月のように東銀座の歌舞伎座に出掛けています。
今月の歌舞伎座では、夜の部で坂東玉三郎丈と尾上菊之助丈が踊る道成寺がかかっており、お二人とも私の好きな役者さんである上に、道成寺も大好きな舞踊なので、これを一番楽しみにして出掛けました。
一幕目 梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 鶴ケ岡八幡社頭の場
二幕目 京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)
三幕目 人情噺小判一両(にんじょうばなしこばんいちりょう)
という演目でした。
f0039281_22424041.jpg
歌舞伎をあまりご覧にならない方でもたぶん御存知の、松本幸四郎丈や尾上菊五郎丈、中村吉右衛門丈も出演されていて、それぞれのお芝居の大黒柱としての役割をしっかり果たしているので、どの幕も本来の歌舞伎らしさを楽しめるように仕上がっていると感じました。
もちろん道成寺は“上々吉”で、夢見るような二人の白拍子花子にウットリです。
美しい女形の踊りを拝見した後はいつも、約半日程(それだけ??)女性らしくおっとりした仕草で過ごせます♪

安珍清姫伝説のある道成寺には、昨年和歌山を旅した折、お参りしてきました。
長い石段を登り仁王門をくぐると、視界が開けた山の上に南北両面裏なし堂と呼ばれる作りの本堂や三重塔がありました。
私が舞台を見ながら何となく想像していたのは、鬱蒼とした桜の森の中に、屋根の高い古びた本堂があるイメージだったのですが、それとは正反対の全体的にすっきりと清冽な感じの漂うお寺でした。
数え切れないほどの道成寺が踊られて、清姫の念も青空高く飛び去ってしまったから…そんな感じがするのかもしれませんね。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-21 22:42 | 歌舞伎やお芝居見物

2006年2月19日 和のスウィーツ

洋菓子だけでなく、和菓子も大好きですので、
もちろんこちらも時々手作りします。
“好きだから”“食べたいから”という理由以外に、
家での献立が和食だった時、食後のデザートは、
やっぱり和菓子が必要だけど、買いに出かけるよりは作りましょ!…
ということで、作る場合もあるのです。
急に必要になっても困らないように、
材料の餡や粉類をストックしておいたり、
時間のあるときに予め作って冷凍保存しておいたりします。
(冷凍可能な和菓子も結構あるのです)
f0039281_124150.jpg

ところでこの串団子、
甘辛のほうの焦げ目が良い感じに仕上がったので記念撮影です。
お団子のモチモチした食感は、やはり作り立てが一番美味しいと思います。
あっそうそう、これ全部ひとりで食べたりしませんよ、
念のため・・・。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-19 12:04 | あまいもの

2006年2月16日 梅は咲いたか 桜はまだかいな

f0039281_13481692.jpg

お庭の紅梅が満開です。近くを通ると芳しい香りが漂います。
 
f0039281_13485341.jpg一方、白梅は蕾がまあるく膨らんできていますが、まだ咲いていません。
今年は花がとても遅い(約一ヶ月分位)と思います。
寒さが例年よりも厳しかったためでしょうね。
上ばかり見ていましたが、足元には福寿草のつぼみがありました。
こちらはもうすぐ咲きそうです。
f0039281_1349392.jpg
そして今年も楽しみな桜。
真冬には、ただのスッとした枝だったのに、少しずつ枝の途中がポコポコ膨らんで見えるようになってきました。
f0039281_13501771.jpg

やがてこれが、たくさんの蕾の固まりになってくるのです。
毎年、お庭の桜たちの開花は、気象庁の出す地域の開花予想とは微妙にずれるので、家族みんなで“俄か予想士”となってお花見の日程を相談します。
さて今年は?…まだまだ春は浅く、予想しかねる日々です。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-16 13:50 | 日々の生活

2006年2月13日 St.Valentain's Day 前日

先週までに、皆様のバレンタインデー準備のお手伝いは無事(?)終了しました。
f0039281_17352789.jpg

“テンパリングはもうたくさん!”と思われた方も、“来年はまた手作りで!”と思われた方も、まずは今年のバレンタインデーに素敵な想い出が出来ますように…。
ご参考までに、今年はフランスのカカオバリー社製クーベルチュール(ミ・アメール、エクセランス、ラクテシュペリュール)を使いました。
そしてお手伝い終了後は…今度はもちろん私のバレンタイン準備です。
f0039281_1736212.jpg

家族のために可愛いボンボンショコラをたくさん作りました。(つまみ喰いもたくさん致しました~)
そして、ショコラーデンシュニッテンは最もスペシャルなひとりのために!
これの約半分は私のお口に入る予定です☆
f0039281_17443262.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-13 17:32 | あまいもの

2006年2月11日 福引せんべい

f0039281_21215.jpg
おにぎりのような形をしたおせんべいを割ると、中から福の神様が出てきます。
三重県津市の観音さんで行われる、節分の神事のおみやげで、名物厄除けせんべいとして売られているのだそうです。
落花生のかおりがする香ばしく美味しいおせんべいです。
Mr.TAごちそうさま!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-11 21:02 | あまいもの | Comments(0)

2006年2月9日 横浜大倉山 クールオンフルール

クールオンフルールは、東急東横線大倉山駅から少し歩いたところにある
奥田勝パティシェのお店です。
奥田氏の生み出すスウィーツは、目下のところ私の一番好きな味。
幾重にも複雑に組み合わされたお味は、まるで芸術品のようです。
一つのケーキをいただく時には、まずその半分は、
フォークを縦に入れて、お口に運ぶ断片に全てのお味が一緒に入るようにします。
そしてあとの半分は、幾つも組み合わされたお味を
一つ一つ紐解きながら味わうようにします。
“これは、何かしら?”“どういう工夫をされたのかしら?”などと、
難しすぎて解らないながらも一生懸命考えながらいただくのは、
まさに至福のひとときです。
今回は、フロマージュリーに偶然また出会うことが出来ました。
もう一度いただきたかったのに、なかなかお目にかかることの出来なかった、
トッピングに松の実と胡麻を使ったフロマージュのタルトです。
f0039281_93792.jpg

前回はお茶の時間に、紅茶と共にいただいたのですが、
次は是非赤ワインと共に…と考えていましたので、やっとそれが実現しました。
また、季節が変わり新作が登場する頃、
クールオンフルールを目指してニコニコしながら大倉山の商店街を歩いている私が、
居ることでしょう♪
f0039281_937529.jpg

f0039281_9383054.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-09 09:39 | あまいもの | Comments(0)

2006年2月6日 獺祭とふく

下関のふくの到来ものがありました。
f0039281_933686.jpg早速お夕食にいただくことにしましたが、その前に大事な仕事をしなければなりません。
それは・・・
我が家のルール“美味しいものをいただく時には、それに合う御酒を用意すべし!”に基づき、今回は下関のふくに合う(と思う)日本酒を調達することにしました。
今回選んだのは山口のお酒“獺祭(だっさい)磨き三割九分純米大吟醸”(旭酒造株式会社)です。
f0039281_923698.jpg獺(かわうそ)の習性に因んだ故事“獺祭”から名を付けられたこのお酒は、薫り高く品の良い旨みがありますが、あっさりしたふくのお味と良く合い、引き立てあってそれぞれの美味しさを何倍も楽しむことが出来ました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-06 09:03 | おうちのお食事

2006年2月3日 レッスンは甘い香りに包まれて…

テンパリング(簡単にいうとチョコレートコーティングを行うためのチョコレートそのものの温度調整作業のことです)を始めるとあま~いチョコレートの香りに包まれますが、実際の作業は決してあまくないのです!
苦心の作がたくさんたくさん出来上がっていくレッスン風景です。
f0039281_1511211.jpgf0039281_1521162.jpg
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-03 14:58 | usakoのお教室 | Comments(0)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ