K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2006年11月 お誕生会

11月下旬生まれのムッシュKYのお誕生会がありました。
f0039281_2218171.jpg

ところがちょうど一週間ほど前に、近頃流行っているお腹に来る風邪にかかってしまったムッシュ。
今は、治り始めの時期です。
奥様の厳しい監視のもと、まだお食事もいろいろ気をつけていて、なるべく消化に良いものを摂っています。
ということで、お祝いケーキはナマモノを使わない素朴な♪“2006年1月6日 アップルシナモンケーキ”となりました。
f0039281_22192973.jpg

リンゴの時季には、良く作る、私にとってはお夕食の一品を作るのと同じ位、気軽に作れるケーキですが、今回はトッピングに使うりんごのシナモン煮も、シナモンは通常量より控え目に、バターも控え目に、そしてお腹によいのでりんご自体は少し多めにして焼き上げました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-30 23:59 | あまいもの | Comments(4)

2006年11月 札幌 千歳鶴

北海道旅行で買い付け(?)て来た札幌の“千歳鶴”。
その千歳鶴を作る過程で出来た酒粕もその場で併せて購入してきました。
f0039281_1891229.jpg

まずは、松前漬けをお肴に一献。
とろりとして香り豊か、清々しいお味の美味しいお酒です。
酒粕は、4:1位で少量の味噌を加えて練り合わせ、大根、にんじん、しいたけなどの野菜を利尻昆布と一緒に煮込んで作ったお汁でのばして、最後に旬の生鮭を加え、粕汁に。
大きめの木椀にたっぷりよそっていただきました。
美味しいお酒に、美味しい粕汁・・・ということで、ふと気が付くとすっかり撮影を忘れておりました。
一応酒粕だけご参考まで。
f0039281_1894770.jpg

新巻鮭があれば、それを水から煮出したお汁でまた違う美味しさの粕汁(これが本来のもの?)が楽しめますから、今度はそれを作って、忘れずにお写真にてご披露させていただくことにいたしますね!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-30 18:30 | おうちのお食事 | Comments(2)
恵比寿駅から少し離れたところに、なにやら人々が三々五々、一定方向に向かって歩いて行く場所があります。
それが、トシ・ヨロイヅカ
パティシェ鎧塚俊彦氏のパティスリーです。
暮れかかる晩秋の夕刻、お菓子好きのお友達MsYMと訪ねました。
f0039281_01226100.jpg

イートインはお店の外のテラスにありますが、座席は、温かい大きなストーブの周りに設けられています。
薄暮の中、湯気の立ち上る飲みものと一緒に、繊細な組み立ての美味しいケーキをいただいていると、まるで北国のリゾートで、秋の夕方のティタイムを過ごしているかのような“ここはどこ?”的気分にひたれます。
f0039281_013033.jpg

私のいただいたのは、ポアブルローゼが飾りにのったKITANOというケーキ。
クリームと胡椒の出会いに感動しました。
f0039281_014928.jpg
お店にはお客様がひっきりなしに訪れます。
時には列が出来てしまうほど。
でも、お店から見える奥の厨房では、たくさんのお弟子さんたちが、一心不乱にケーキを作り続けておいでです。
もうすっかりお日さまも沈んだ時間なのに、まだまだ厨房はフル回転。
数が少なくなると、すぐ新しいトレーに作りたてのお菓子が載せられて登場します。
お客様を迎えるこの心意気っ!好きですね~☆

寒くなったので、帰りはすぐそばのバス停から渋谷までバス(都バス田町-渋谷)に乗りました。
これからの季節、北風の吹く日に恵比寿から歩きづらい方には、その手もあります
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-29 23:59 | あまいもの | Comments(2)

2006年11月 京都 代白柿

秋の味覚、次郎柿に続いては、京都の代白(だいしろ)柿。

f0039281_2304115.jpg
東京ではあまり見かけることがないこの柿ですが、京都では、錦市場や普通の八百屋さん、観光地の露店、また、高級料亭のデザートとして京の“秋の風物詩”となっています。
この代白柿は、奈良県西吉野産の“江戸柿”という渋柿の渋味を、京都独特の方法で抜いた柿のことをいうそうです。
f0039281_2311274.jpg

まるで、秋の夕日のような姿。
とてもやわらかいので、丁寧に優しく扱います。
いただく時は、ヘタを抜いて、縦に半分に切って、そしてスプーンですくって・・・。
良く冷やしていただくと、ひんやりとした果肉のとろけるような食感が、やがてスルスルと喉に落ちていき、濃厚な美味しさを堪能できます。
料亭では、凍らせてシャーベットのようにしてお食後に供するところもあるそうです。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-28 22:58 | あまいもの | Comments(4)
サンクスギビングディの終わったあと・・・
アドヴェントに間に合うように、わが家のクリスマスの飾りつけは、いつも始まります。
f0039281_044171.jpg
毎年飾るお気に入りのものを、仕舞ってある箱から一つずつ取り出して、定位置に飾ってゆくのです。
新しく購入したり、頂いたりして、年々飾りは増えていますが、どれもみなお気に入り。
それなので、飾る時には自然と、クリスマスソングが口をついて出て来てしまいます♪
今年新しく加わったのが、ちょっとうつむき加減の優しいお顔のマリア様。
幼稚園を卒園する時にいただいた、“かなり”の年代もので、実家の自室(←まだそのまま!)に飾ったおいたものをクリスマスを機にお迎えしました。
第二アドヴェントが過ぎる頃には、お決まりのフレッシュリースも手作りして、お玄関先を賑やかに飾る予定にしています。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-26 23:59 | 日々の生活 | Comments(2)
お菓子好きのお友達MsYMと一緒に、自由ヶ丘パティスリーパリセヴェイユにて美味しいケーキをいただきました。
今回私は“ムッシュアルノー”を、どうしてもいただきたかったのです!
今までなぜか一度もトライしたことのなかったケーキ。
パティシェ金子美明さんのお師匠さんである、アルノー・ラエール氏の名を冠した、この素敵なスウィーツは、東急電鉄の情報誌“SALUS”11月号の表紙を飾ったものです。
それを見ていたら、どうしても食べたくなってしまった、というわけで・・・。
f0039281_2229461.jpg

オレンジとチョコレートって、どうしてこんなに合うのでしょう。
お味の組み立て以上に楽しいのが、食感です。
いろいろな『軟』からいろいろな『硬』が楽しめますので、ナイフを上手に使って、縦にカットしていただくのがお薦めのケーキです。

私達のお席の隣りでは、20代前半位の若い男の方が、お一人で二つのケーキを召し上がっていました。
ひと口ひと口を噛みしめるように、じっくり眺めながら、とても“熱心”なご様子。
もしかして未来のパティシェ君?
しっかりお勉強してね!と、母のように・・・いえ、姉のように静かにエールを送りました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-25 22:26 | あまいもの | Comments(2)
名古屋方面にお出かけになった杉並在住MsTKから、栗きんとんのお土産を頂戴しました。
f0039281_2212836.jpg

中津川松月堂製。
どこからみても、どこからいただいても、まったく抜かりのない(?)栗一色の栗きんとん!
栗の美味しさがギュ~っと凝縮された、とてもとても贅沢なひと包みです。
岐阜の恵那山のあたり、中津川は栗の産地。
そのためか、地元産の栗を使いそれだけで作る栗きんとんも、いくつか有名店がありますね。
最近では結構全国区で有名になってきていると思います。
今回いただいた松月堂さんのものは、初めてでしたが、きゅっと絞った可愛らしい栗きんとんと、濃い目に淹れた焙じ茶で、秋を満喫させていただきました。
usakoお薦めのサイト>中津川の栗きんとん一覧はこちら!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-23 22:10 | あまいもの | Comments(0)
関西方面に御用で出かけたMr.&MrsTが、お土産にと京都の和菓子屋さん“満月”の“阿闍梨餅(あじゃりもち)”を買って来てくださいました。
f0039281_21335054.jpg

この阿闍梨餅も、私が大好きな和菓子のひとつです。
ちなみに、“大好きな和菓子”の総数は現時点で不明ですが、こうしてブログに記事を書かせていただくうちにおのずと全体像が見えてくるかもしれません。(それにはまた全部食べなきゃね)
網代笠を模ったという、このお餅の皮の部分が、どら焼きの皮のように見えて実は、もっちりもちもちっとした食感。
そこが好きなのです~♪
日にちが過ぎて固くなってきたら、オーブンで温め直すか、揚げても良し・・・という説明がついてはいるのですが、そこまで残っていたことはなく・・・いつの日か50個位(?!)一度に購入出来たあかつきには、最後の5個位(?!)で“揚げ阿闍梨餅”作りにも、挑戦してみたいと思うのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-22 21:32 | あまいもの | Comments(2)
今日は・・・結婚記念日でした♪
記念日が平日に当たると、主人の帰りがたいていは遅いので、その日は取り敢えず乾杯!
そしてその週末に、改めてお祝いをすることにしています。

今年の乾杯はボージョレヌーボーです。
お友達MsMSが、ちょうど昨晩お届けくださったものです。
f0039281_23582691.jpg

アメジストのような綺麗な色で、フレッシュな香りが美味しいボージョレヌーボーでした。
f0039281_23585768.jpg

一応お夕食も、ワインが合うように洋風にして。
でも今日は、私も帰宅が遅くなりましたので、簡単に作りました。
あくまでも本番(?)は週末です!(←言い訳)
f0039281_013080.jpg

今年は、満七周年。
感想は、“え~っ、もう?”と言う感じです。
まだ五年目くらいの感じがしますが、それは良いこと?良くないこと??

偶然、私の両親の結婚記念日も今日・・・同じ日です。
母は毎年自分でアレンジした綺麗なお花を飾ってお祝いしています。
それを見ていたからでしょうか・・・私も毎年お花を飾ることにしています。
f0039281_024799.jpg

今年は結婚式のお色直しに着たドレスに似た色のバラです。
・・・飲んでばかりじゃございませんのですよ~。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-21 23:56 | おうちのお食事 | Comments(10)
いつもレッスンにいらして下さっているMsUSが、このたび、結婚式を挙げられました。
9月のMsITのサンキューギフト作りに続き、嬉しいお祝いのお手伝いです。

今回は、お引き菓子として、いろいろな種類のお菓子を詰合せたボックスをお作りになりたいというご希望でした。
そこで、食感やお味がぶつからないように、いろいろ考えて6種類の詰合せとすることにしました。
f0039281_20533135.jpg

f0039281_20541193.jpg

ノルディック社の型で焼くミニローズケーキ。
神奈川県産れんげの花のハチミツを使ったフィナンシェ。
花嫁の白をイメージしてシュネバーレン。
クッキーはアメリカンタイプにして、チョコレート&アーモンド&黒糖味、それとピーナッツバター風味の二種類。
そして、オレンジピールをふんだんに合わせてグランマルニエで風味を出したオレンジの天板ケーキスクエアカット。
f0039281_2054523.jpg

f0039281_20552384.jpg

助っ人のお友達MsTTもご一緒に、仕込みから焼成まで三人で、“おいしくなぁれ、おいしくなぁれ”と作り続けたのでした。
お二人ともお疲れ様でした~。
こちらは、MsUSご自身でお探しになって、ご用意なさったボックスです。
f0039281_21481094.jpg

“どんなお菓子が出てくるのかしら~?”と、ワクワクしてしまうような素敵なフォルムです。

Mrs.YS、おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに~☆
[PR]
by oomimi_usako | 2006-11-20 20:49 | あまいもの | Comments(0)