<   2007年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2007年1月 ねこいちご

実家に出かけ、お昼のお食事をご馳走になったあと、
『大きな苺が出ていたので買ってきたわ~』
と、母がお食後を出してくれました。
その中に、こんな子がいました!
f0039281_1659187.jpg

面白いので、記念撮影。
・・・そして、これはどうなったかというと・・・
妹の胃袋におさまりました、とさっ☆
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-31 16:51 | 日々の生活 | Comments(2)

2007年1月 日本酒を楽しむ食卓 

北海道からの美味到着です。
ずわい蟹をいただきました。
迷わず蟹鍋!
f0039281_21494855.jpg

お鍋は、お昆布で出汁をとり、淡いお醤油ベースのお味をつけました。
ゆずを絞った三杯酢も用意して、取り出した蟹肉をチョコっとつけていただいても良いようにいたしました。
そして、お供をさせるのは、同じく北海道は小樽“田中酒造”の“宝川純米原酒”です。
とろりと舌に残る旨みは、濃厚過ぎず、かといって爽やか過ぎず・・・“ずわいのなべ”によく合いました。
あまり冷やしすぎずにいただいたのも、よかった気がします。
田中酒造さんの日本酒には、今年はお正月の初亥からお世話になっています。
いずれも、はるばる(?)小樽から空輸するだけの甲斐がある(価値もある!)美味しい日本酒だと思いました。
f0039281_21502718.jpg

ここ数年、日本各地の美味しい日本酒を、現地で、または東京のお店で、あるいは買い込んで来て我が家の食卓にて、いろいろたくさん楽しんでいます。
日本酒好きに、更に拍車がかかっているような感じですが、せっかく楽しむのだから・・・と、今年から酒器にも少し懲り始めようかと考えています。
お正月は江戸切子で“初亥”を楽しみましたが、今回の“宝川”は“雪あかり”という銘のクラフト硝子の酒器でいただきました。
ほんのり色づいた原酒を注ぐと、優しい光の反射が楽しめて、白い雪景色の小樽の運河を、彷彿とさせる一献となりました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-29 21:47 | おうちでお食事 | Comments(2)

2007年1月 お友達のご新居へ

西東京にお住まいのMr.&Mrs.Kのご新居にお招きいただきました。
Mrs.Kと、今回ご一緒に伺ったMsIと、そして私は会社の同期のお友達。
入社当時(=ずいぶんむかし)は、同じ部でお仕事をしていたのでした。
f0039281_226711.jpg
休日の昼下がり、東洋風でまとめられた品の良いしつらえのダイニングにて、Mrs.Kの美味しいお手料理を堪能させていただきました。
Mrs.Kは、長く中華料理を習っていらっしゃるのです。
今回は、そこで学ばれた数多くのお得意レシピの中から、厳選されたメニューでおもてなしして下さいました。





f0039281_2263842.jpg

f0039281_2271991.jpg

そしてまた、お料理を引き立てる大事な御酒は、Mr.Kが慣れたご様子でお心くばりくださいました。
居心地の良いお家で、あれやこれやとお話の花も咲き、ずいぶん長居をしてしまいましたが、お心のこもったおもてなしに、すっかり幸せな気分になったひとときでした。
f0039281_2281654.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-28 22:03 | 旅とおでかけ | Comments(5)

2007年1月 バレンタインデーのためのレッスン風景 その1 

来る2月14日は、クリスマスの次に大切な(クリスマスより大切??)バレンタインデー!
1月半ばから2月13日までの約一ヶ月間は、お菓子のお教室K's Sweets Kitchenでは、バレンタインデーのプレゼント用お菓子を作っています。
それぞれクラスごとにご相談していただいて、ボンボンショコラを作るレッスンと、チョコレートベースのケーキを仕上げるレッスンのどちらかご希望のほうをすることになっています。(2006年のレッスン風景は→こちら
f0039281_16544425.jpg
皆さんが一番苦労されるのは、やはりテンパリング作業。
コーティングするチョコレートの温度管理には、生徒さん同士の阿吽の呼吸が不可欠です。
でもその甲斐があって、可愛らしいボンボンがたくさん完成しました。





f0039281_16552440.jpg

テンパリングに夢中で“あいじょう”を込めるのを忘れた方!
可愛くラッピングした箱の上を三回撫でて改めて“あいじょう”込めてくださいね☆
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-27 12:00 | お家でお教室 | Comments(2)

2007年1月 やわらか鶏団子鍋

寒い夜風に吹かれつつ帰宅する家族を、暖かく迎えるお夕食といえば、やっぱりお鍋!
この時期は、和風・洋風・中華などいろいろなお鍋料理がたくさん登場いたします。
この日に作ったのは、パパっと手軽に出来る柔らか鶏団子鍋。
f0039281_22395280.jpg

お昆布が利いた出し汁に、生姜のスライスを落とし、お砂糖・みりん・塩少々・お醤油・お酒で味をつけます。
そこに、入れるのが柔らか鶏団子。
フードプロセッサに、玉ねぎ(長ねぎでも可)を入れて先ず粉砕。
次に、皮を剥いた長いもを加えて、とろろ状になるよう粉砕。
さらに香り付けに、大葉を3枚程大まかにちぎって加えて、また粉砕。
そして、最後に鶏むね挽肉と片栗粉を一緒に加えて、軽く攪拌。
トロリと柔らかな種に仕上がりますので、スープスプーンを二本使ってデザートのソルベを盛り付ける時のようにレモンケーキ型(ラグビーボールを小さくした形ですね)に整えつつ、煮立てたお昆布の出し汁にどんどん投入していきます。
途中で上下をひっくり返し、ある程度火が通って表面がしっかりしたら、葉野菜(白菜、セリ、春菊など何でも可)と根菜(大根、にんじんなど)とキノコ類などなどいろいろ加えて煮立たせて完成。
鶏団子は、ホロホロとお口の中で広がり、昆布のだしと、鶏肉の旨みが加わって、なんとも美味しいお鍋になりました。
最後は、もちろんお雑炊に・・・。

『今日はどんなお夕食にしようかしら?』
と、段取りなどを一生懸命考えながら夜道を帰ると、私自身は結構、寒いのも気にならない感じがします。
それならば・・・
『今日はどんなお夕食だろう?』
そう考えつつ家路につけば、家族もきっと寒さを忘れてお家に帰ってこられるのではないかしら?などと思うのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-26 22:30 | おうちでお食事 | Comments(0)

2007年1月 デメルのクッキー

いつもお茶の時間には、お紅茶を淹れるのですが、この日はコーヒーにしました。
なぜかというと、デメルのクッキーをいただいたからです♪
f0039281_15564562.jpg

デメルと言えば、皆様ご存知のとおり、オーストリアはウイーンにあるザッハトルテで有名なコンデトライ。
東京では、表参道にザッハトルテをいただけるカフェがあります。
そういえば、もうかれこれ15年以上前(だったと思います)に、ここでザッハトルテをいただいて、感動でしばらく絶句しました・・・。
f0039281_15583622.jpg

今日のこのクッキーはデメルジャパン製のドライタイプで、デメル本店のレシピをもとに作ったデメルジャパンオリジナルのものだそうです。

オーストリアは、一昨年秋に旅行計画を立てながらも、主人の仕事の都合で断念したところ。
鉄道でグルっと一周することを考えて時刻表まで調べたのに・・・でも!そのうち絶対に訪れたいところです。

その日がなるべく早くやって来てくれることを願いつつ、品の良いバターとナッツの香りが豊かな、美味しいクッキーを楽しみました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-25 15:54 | あまいもの | Comments(4)

2007年1月 壽初春大歌舞伎夜の部

今月の歌舞伎座は、千秋楽に近い夜の部を観劇しました。
f0039281_1725175.jpg

一、廓三番叟
昼夜共に最初の幕は、初春に相応しいお祝いの舞踊です。
街は、もうとっくにお正月気分は抜けきって、節分すら通り越して雛祭りまで進んでいますよね。
でも、そう言えばまだ一月のうち。
少しゆっくり、残る睦月を楽しみましょう・・・そんな気持ちにさせてくれる演目でした。

二、祇園祭礼信仰記 金閣寺
玉三郎丈の雪姫、拝見するのは何年振りでしょう!
私にとっての今月のメインはこれです。
玉三郎丈のお姫様姿を観るたびに、手弱やかで可愛らしく、でも心強く才気に溢れる(=普段は女らしいけれどイザとなったら強くガンバル)そういう女性でありたいと、いつも思うのですが・・・まあそれは“理想”ということで。
この演目の一番の見どころは、どうしても縛られた縄目を切りたかった雪姫が、降り積もった花びらをつま先で集めてネズミを描く所です。
それが本物のネズミとなり、縄目を噛み切ってくれるので、雪姫は戒めから解き放たれる、という段取り。
悲しみと恨みと無念さが、やがて決意に変わり、不思議な力を発揮するまでの豊かな表現力は、見ているものも一緒に一喜一憂してしまうほどです。
玉三郎丈ならではの魅力だと思います。
f0039281_1726210.jpg

花道を通り抜けた玉三郎丈が、落として行かれた花びらが、今日のお土産です。
薄桃色で一枚一枚、きちんと花びらの形なのですよ。

そういえば、その豪華で美しいお衣装を楽しむのも、歌舞伎の見所なのではないかと思っています。
雪姫の桃色の打ち掛けの、優しげで可愛らしいこと!
吉左衛門丈演じる此下東吾の、黒地に金糸銀糸で刺繍された瓢箪柄の裃も見事でした。
f0039281_17263928.jpg

三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
前シテと後ジテの対比が楽しい鏡獅子は、これも、大きなお鏡餅の飾られたお正月らしい舞台。
メリハリのある華やかな舞踊です。
ちょうど今回のお席は、花道のすぐ内側で、行き来する役者さんがつぶさに拝見できます。
前シテの引っ込みの時の勘三郎丈は汗びっしょりで、大奮闘のご様子がよくわかりました。
お客様の反応も良く、あんなに喜ぶ観客席の様子を見るのは、久しぶりな気がします。

お正月のNHKの放送時から思っていたのですが、登場する時向かって左に居る胡蝶役お子ちゃま、大変お上手。
これからが楽しみ~と言う印象です。 

四、処女翫浮名横櫛 切られお富(きられおとみ)
最後の幕は切られお富。
福助丈は、初役のお富だそうですが、何だかしっくり板についています。
この方、ちょっとワルめの女の人役が似合うと思います。
この演目は、夜の部の前三つの演目とは打って変わっての世話物で、グッと今様に近付きます。
夢の世界を楽しんだお客様が、終演後、銀座の街にホイッと出られても、戸惑わないためのご配慮だったのかしら??などと思いつつ、家路についたのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-23 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(7)

2007年1月 うみのものとも、やまのものとも・・・

スタンプワークの今年最初のお教室に行きました。
昨年末に、天使のゴールドワークをマウンティングまで仕上げ終えましたので、今回からまた、新しい課題に取り掛かりました。
f0039281_22234555.jpg
これが、本日取り組んだものです。
一体全体何が出来上がるのか、これではまだお判りになりませんでしょう?
どうなるのかは…また後日のお楽しみです~♪
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-22 23:59 | 手芸(刺繍など) | Comments(0)

2007年1月 武者修行

・・・というほど、大袈裟なことではありませんが、製菓学校の新作勉強会には出来るだけ出席するようにしています。
自分がまだ習得しきれていない様々な技術を更に勉強するために、あるいは洋菓子界にも存在するトレンドを学ぶために、そして、情報を収集するためにも・・・。
つまり“井の中の蛙”にならないようにするため・・・と、申し上げれば簡単明快にお分かりいただけるかと思います!
f0039281_19132756.jpg

パティシェの方や、名だたるパティシェを指導されてきた方が、デモンストレーション形式で、直接技術をお見せくださる講習会もあります。
そちらは“見て”“メモして”“試食して”(←これが一番楽しみ)後日気が向いたら“試作して”と言う気楽な形。
でも、今回出席したのは、2日間連続の実習形式の勉強会でした。
朝9時の授業開始で、ひたすら何種類ものケーキを作り続け、座れるのはお昼ご飯をいただく時だけ。
自分だけ遅れるわけに行かないので、ただただ手早く作業をし続けるのです。
f0039281_1914711.jpg
好きなことに夢中になって取り組んでいるので、そのあいだは感じませんでしたけれど、全て終わって家に帰った瞬間に、どどっ☆と疲れが出ました・・・。
そして一晩明けると・・・疲労は、達成感とやる気に変わっておりました。
今のうちに、あれこれ復習して置かなければ!と思っているところです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-21 23:59 | お家でお教室 | Comments(0)

2007年1月 準備のお手伝い

母のフラワーアレンジメントのお教室は、これから今年最初のレッスンがあります。
f0039281_22112027.jpg
今月は、スウィートな雰囲気のバラをふんだんに使うアレンジになるそうで、花器は・・・これもまたとても素敵な雰囲気のものでしたが、詳しくは、ひ・み・つ!
これは、生徒さん方がお越しくださってからのお楽しみです。
フラワーアレンジメントのレッスンの準備は、いつも妹か私が手伝うことにしています。
お花を調達したり、花器や資材を揃えたりするほかに、“自宅レッスンならではのお支度”もいたします。
お手伝いは前日なので、美しく活けていただけるのを嬉しそうに待っているお花たちを見たあと、出来上がりはお写真で拝見しています。
f0039281_2212060.jpg

今回も、このお花たちを生徒の皆様方が素敵なアレンジメントに変身させたご様子を、後日拝見するのを楽しみにしているところです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-19 22:07 | 日々の生活 | Comments(2)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ