<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2007年3月 後半のレッスン風景

f0039281_182149.jpg
大風の吹く日もあり、しんしんと冷える寒い日もあり、そぼ降る雨の日もまたあり・・・決して毎回良いお天気ではないにもかかわらず、駅からの道、ご遠方を御運びくださる皆様には、本当に心から感謝申し上げます。

出来うる限りの形で、楽しいお菓子作りと、お茶の時間を過ごしていただくべく、あれこれと努力をさせていただいておりますけれど、到らぬ点多数なことはどうかお許しください。

でも、“楽しかった”“美味しかった”“また作ってみました”のメッセージは、いつもとても嬉しく頂戴して、次回への励みとさせていただいております。
ありがとうございます☆

さてさて今月も一段落。
f0039281_18215378.jpg

f0039281_18224885.jpg

一度コツを覚えれば、次からはご自分でもすんなりお作りになれるはず!
f0039281_18231611.jpg

f0039281_18234741.jpg

是非是非お家でもう一度、作ってみてくださいね。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-31 18:00 | usakoのお教室 | Comments(2)

2007年3月 そう言えば・・・

旅行だ、桜だ、と騒いでいるうちに、ものすごく旬を逃してしまいました。
それは何かと申しますと、ホワイトデーに頂いたもののお披露目。
忘れずに写真は撮ってありましたので、少しご紹介させてくださいね。
f0039281_23265587.jpg

まず、私の大好きな(←大好きなもの、本当にたくさんありますねえ、すみません)河田パティシェの尾山台“オーボンビュータン”のヌガー詰合せとクッキーの詰合せ。
クッキーは、私たちの結婚式のお引き菓子にもさせていただきました。
美味しいヌガーとはこういうものだということを、経験されたい方は、是非一度召し上がってみてください。
フレッシュケーキ以外は、日本橋高島屋にも出店があります。
f0039281_2327401.jpg

ちょっと目先が変わって、こちらは鶴屋八幡の花筐(はなかご)というお干菓子詰合せ。
ちょうど桜を迎える季節には、このようなプレゼントもまた嬉しいですね。
お茶を点てていただきました。
しかしなぜか、このプレゼントに添えられたカードには、“今日も元気だお菓子が美味い!”という文言が添えられていました。手作りお菓子の催促かしら??

ところで、肝心の主人からの贈り物は・・・どうやら例の雪だるま君入りロイヤルスペシャルアイスクリームだったらしいのです。
(ちゃんと言ってくれないと・・・ねぇ)
あの雪だるま君、わが家にお越しくださる皆様が、実物を見たいとおっしゃって、なんだかとても人気者。
お友達のMs.IRからの情報に寄ると、キタキツネ君バージョンもあるらしいです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-29 23:25 | あまいもの | Comments(0)

2007年3月 日本酒を楽しむための食卓 

f0039281_22523710.jpg

このお酒は最初から新聞(中国新聞)に包まれていて、その上にラベルが貼られ、売られていました。
ちょっと面白いので、安芸旅行の折に購入したものです。
白鴻(純米吟醸しぼりたて無濾過生原酒)は、精米歩合60%の八反35号を使い、広島は呉市の盛川酒造で造られています。
本当は、瀬戸内のお魚と共に頂きたい所ですが、どうもあの辺りのお魚は京阪神地区止まりが多いようで、お魚屋さんでもマーケットの鮮魚売り場でも、なかなか“今日!”と、思った日に入手しにくい気がします。
築地に来るものは、数が少なくそれも料亭用と聞きました。
f0039281_22533679.jpg

今回は、不本意ながら、ちょっとミスマッチだとわかりながらのお肴作りでした。
用意したのはお煮物などの副菜以外に、真鯵をおろしてお刺身にしたもの。
f0039281_22541616.jpg

そして、千葉勝浦で上がった鰹のさくが出ていたので、金串を打って炙り、土佐造りにしました。
幸い、白鴻は、八反(はったん)米を使った、とろりとしたまろやかな旨みのお酒でしたので、脂の乗った鯵にも、しっかりしたお味の鰹にも良く合いましたので、これはこれで、美味しくいただけました。
けれどもやはり・・・瀬戸内の鯛や、章魚、シャコなどと合わせたいっ!
f0039281_2255352.jpg

そうそう食後のお口直しは、鰹の土佐造りつながりで、高知の“ゆずアイス”にしました。
香り高い本格的な“ゆずアイス”で、わが家では鰹の時季には欠かせないアイティムです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-28 22:49 | おうちのお食事 | Comments(2)

2007年3月 桜はまだまだ

今日は花曇りの一日。
実家にて、を撮ろうとするも、バックのお空が白っぽい色なので、が見やすいように撮るのに一苦労しました。
f0039281_2259921.jpg

ご覧のように、まだ一、二分咲きです。
明日は更に気温が上がるらしいので、もう少し咲き進むかもしれません。
昨年夏に、少しきつめの剪定を行ったので、例年よりはちょっとすっきりした様子のたちですが、それぞれの木々の様子を眺めていてふと気付いたことがあります。
それは、一つ一つの花が大きいということ!
花びらが大きめなのです。
f0039281_22595396.jpg

剪定して花の量が減った分、栄養が良く回ったということかもしれません。
少数先鋭の様相を呈している今年のです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-27 23:00 | 日々の生活 | Comments(2)

2007年3月 刺繍のお教室

usakoよりお知らせ>
備後安芸の旅第一日目、やっと記事を書けました。
お時間がございましたら、是非お目を通してくださいネ。→こちら

さて・・・
二村恵美先生の刺繍のお教室へ伺いました。
先生の素敵な作品を直接拝見出来る機会もある、月に一度のお楽しみ。
そしてまた、ご一緒の皆様とのおしゃべりもまた、いろいろお勉強になり、楽しいのです。
もちろん、刺繍をするのは“目”と“手”。
おしゃべりするのは“お口”!
ゆえに両立は、可能です。(←言い訳??)
f0039281_923435.jpg

今月まで取り掛かっていた、スタンプワークは、苺。
可愛い苺の花と、葉っぱと、実と、そして蔓までも刺繍をして、本日完成です。
あとは、自分でブレードや裏地をつけて、ポーチに仕立てます。
そして、今日から新しく始めたのは、どんぐりのゴールドワーク。
写真の奥の、刺繍枠にはまった黒いモアレ地のものがそうです。
これもまだ今のところは、海のものとも山のものとも・・・。
出来上がるのは青葉の頃でしょう、きっと。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-26 23:59 | 手芸(刺繍など) | Comments(4)

2007年3月 アンリ・シャルパンティエ プティ・タ・プティ

この日のお茶の時間の美味しいものは、アンリシャルパンティエの、プティ・タ・プティ。
大好きなお菓子のひとつです。
蓋を開けると・・・
f0039281_17473763.jpg

どのお菓子がどのお味、ということがわかるようにキチンと桝目ごとに名前が書かれた紙が乗せられています。
ワクワクしながらその紙をはずすと、お菓子たちは、こ~んな感じ。
f0039281_1748196.jpg

プティ・タ・プティは、フランス語で“少しずつ”という意味で、その名の通り、風味豊かなで可愛いサイズの焼菓子が、真四角の箱にぎっしり詰まっています。
きっちり詰まっているので取り出すのが大変そう?
いえいえ、そのご心配には及びません。
簡単に取り出せるようにと、可愛いエッフェル塔の形をしたスティックがついているのです。
f0039281_17485245.jpg

たくさん詰まっているので、これはじゃんけんをしなくても大丈夫(!?)
でも、お家に居て少しお腹が空いた時にも、ちょこちょこつまんでしまうので、結局私がたくさんいただいてしまうのですけれど・・・。
さてこの箱、何日でカラになるでしょう!
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-25 23:59 | あまいもの | Comments(2)

2007年3月 お庭のお花を

実家に行くと、御用をお手伝いしながらも空いた時間にお庭の散策を楽しみます。
冬から春にかけては、お庭の様子が一番綺麗に移り変わる時。
少し見ない間に、芽が出ていたり花が咲いていたり、それを発見するのも楽しみのひとつです。
まだムシもいないことを幸いに、奥のほうまでゴソゴソと探検するのも、小さい頃に帰ったようでこれもまた楽しいことなのです。
f0039281_16112198.jpg
家の中に戻ってきて“こちらの花が咲いていた、あちらの芽が出ていた・・・”などと、母に報告するからでしょうか、帰宅する時間になると、お庭の花を母が幾つか切り出してきて持たせてくれます。
嬉しいお土産♪
バイモユリは、うつむき加減のお花の脇から出ているガク(←たぶん)の先が、くるんとカールしていて面白いのです。




f0039281_16115621.jpg

f0039281_16122852.jpg

昨年も切り分けて貰ったスノウドロップ。
お玄関に置いてある、大好きなリヤドロのとなりに飾りました。
f0039281_16134414.jpg

ぽってり可愛らしい八重のツバキは、固めのつぼみと開きそうな蕾と、少し開いた花の3種類を切り出してくれたので、全部上手に咲かせて長く楽しみたいと思います。

華やかで大きなアレンジも大好きですが、楚々としたお花がお家の中のあちこちに飾ってある様子もまた、心が和みます。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-24 12:00 | 草花 | Comments(4)

2007年3月 ほたるいか 花の宴仕立て

f0039281_8223312.jpg

美味しそうなほたるいかを見つけました。
ボイルしてあるものでしたので、目を外し、エンペラをチラリと持ち上げてその下から軟骨を抜けば、もうそのままいただけます。
お大根の代わりにラディッシュをおろして、山葵醤油でうつわに盛れば、鮮やかな紅色が綺麗。
白いお大根と半々で作れば、もみじおろしならぬ“さくらおろし”になりますね。
f0039281_823125.jpg

お気に入りの桜柄の小皿に小さく盛れば、お花見の宴の折の、お肴候補ナンバーワン☆の雰囲気です。
そういえば、実家から貰ってきた桜の小枝はもう八分咲きになりました。
f0039281_825349.jpg

去年の桜はどうだったのでしょう?とブログを辿ると、昨年の今日の記事で、案外咲いていたことが分かりました。
宜しければ、“2006年3月23日 桜のようす”もご覧になってみてくださいネ。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-23 08:00 | おうちのお食事 | Comments(2)

2007年3月 酒屋始めます

・・・なんて言ってみたりして。
備後・安芸地方には、美味しい御酒がたくさんありました。
東京では、なかなかお目にかかれない小さな酒造場のものなども興味があり、品揃えのよいお酒屋さんであれこれ買い揃えました。
もちろんとても持っては帰れませんので、送って貰うように頼みましたら・・・
f0039281_12452469.jpg

何を思ったか、お酒屋さん用の通い箱ごと我が家に到着!(宅急便でこういう送り方って出来るのですね)
これからは、一升瓶が6本入るこの箱に入れて、日本酒を保存して置くことにいたします。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-22 12:00 | 旅とおでかけ | Comments(0)

2007年3月 MOCHI CREAM

f0039281_23384057.jpg

お食後のデザートに、最近ちょっと気に入っているMOCHI CREAMを。
外側のお餅風皮の食感と、内側の生クリームやそれぞれのお味のペーストの食感が、お口の中で不思議なマッチングをしていきます。
今日は、“大納言”“桜”“カスタード””抹茶”を選びました。
f0039281_23394359.jpg

数的には、一人2個ずつとなりますので、公平(?)にするためにすかさず
『じゃんけんっ!』
と叫ぶusakoなのですが、主人は静かに(←いつも静かですけど)
『全部半分コしようよ』
と平和的解決方法を選択します。
結果的に四種類とも楽しむことの出来た、楽しいデザートタイムでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-20 23:35 | あまいもの | Comments(4)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索