<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2007年5月 日本酒を学ぶ

日本酒好きが、ました・・・いえいえ、昂じました!
日本酒造組合中央会が主宰する日本酒スクール“女性のためのOsakeスクール”に通って日本酒のお勉強していたのです。

普段から、日本酒をいただく機会は本当にたくさんあります。(ブログをご覧いただければその点は明白ですね)
今のままでも、とても楽しい、至福のひと時ではありますが、それをもっと楽しむことが出来たら、もっと有意義なのではないかしら?という思いから、少し真面目に勉強しようと思い立ったのです。
まあ、口さがない家族からは、今日はスクールの日、と伝えるたびに、
飲み会でしょ?
と、言われ続けましたけれど。(あながち間違いでもない・・・)
(↓修了証と、記念の御品。有田焼のペア酒器です)
f0039281_22282218.jpg

テキストや資料もたくさん頂戴して読ませていただきました。
講師の方々の分かりやすく面白い講義も、一生懸命拝聴しました。
日本酒にまつわる基本的な知識はもとより、飲むだけではない様々な楽しみ方や、酒器の選び方、栄養学の観点からの活用の仕方や楽しみ方、そしてお料理との思いがけないマリアージュを生かした食卓の演出方法、などなど私にとっては、日本酒の楽しみ方が360度あらゆる方向へ拡がったような有意義なスクールでした。
もちろん授業中の試飲では、様々な日本酒を頂戴しました。(呑兵衛的にはそれが一番楽しかったわけです)
最終日に至っては、9種類!
もちろん完食・・・ならぬ完呑(←お得意のusako造語)です。

でもね・・・一つだけハッキリしたことが有りました。
私は、利き酒師には、なれません、たとえ、いくらお勉強したとしても。
日本酒はもちろん、その他美味しいもの大好きな食いしん坊。(←改めて申すまでもありませんが)
試飲が終わったグラスを係りの方に返すとき、思わず口をついて出る言葉・・・『ごちそうさまでした』
利き酒の練習をしながら、思わずつぶやくことば・・・『美味しいお刺身があったら良いのに』
利き酒テスト中に、思わずもらす不覚のひとこと・・・『(ごっくんと飲んで)あっ、呑んじゃった・・・もう一杯っ!』
正式な利き酒は、飲んでしまってはいけないそうですが、そんな我慢、私に出来るはずありません。

ということで、いろいろお勉強しましたので、美味しく楽しくお酒を飲む時の薀蓄だけは、たくさん貯まりましたよ!
これからは、美容と健康にも良い日本酒を、皆様にもお楽しみいただけるようなブログ記事が書けたら良いなあと思っております。
今まで以上にブログタイトル“日本酒を楽しむ食卓”が多発することになるやもしれませんが、皆様どうぞお付き合いくださいませ・・・。
usakoの日本酒情報>日本酒フェア2007”のこと。
来る6月7日(木)に、平成18年酒造年度全国新酒鑑評会に入賞したお酒500点がきき酒出来る“公開きき酒会”が催されます。
今までは、酒造関係者に限って行われていた催しが一般の人にも開放されて、きき酒用お猪口をいただいたら、それを持って、選び抜かれた500点の吟醸酒を思う存分堪能出来るようになっています。
同時に、“全国日本酒フェア”も開催されるので、日本各地の銘柄をいろいろ試しながら気に入ったものを購入することも出来るようになっているそうです。
日本酒お好きな方には見逃せないイベントです!

[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-31 22:23 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

2007年5月 刺繍のお教室へ

先月は、家庭の事情(?)で、お休みさせていただいてしまった二村恵美先生の刺繍教室
二ヶ月ぶりにいそいそと伺いました。
お教室に伺って、手は忙しく動かしながらも、先生や、ご一緒させていただいている皆様といろいろなお話をするのは、とても楽しいことです。
刺繍に関する知識はもちろんのこと、先生の作品の数々を直接見せていただけたり、海外の綺麗な刺繍のご本を拝見出来たり、大先輩の皆様の素晴らしい作品も拝見できて、『もっと頑張らなくちゃ!』とたくさんの刺激を受けることも出来るのです。
f0039281_10525727.jpg

スタンプワークの苺のポーチの次に、取り掛かり始めたのは、どんぐりのゴールドワーク
“パールパール”(コイル状のワイヤーと思ってください)や、“ブライトチェック(こちらもコイル状ワイヤーですが前述のものよりもっと柔らかいもの)をカットして作るチップ(=1.5mm位にカットするんです)”や、“日本刺繍用の金糸”“金色のスパンコール”などを使って、それらを様々な技法で布に留め付けて行きます。
お馴染みの地味などんぐりも、これだけ煌びやか(?)な素材で刺繍すれば、眩いばかりのゴージャスどんぐりに変身です。
こちらも、皆様にご覧いただけるように、しっかり仕上げたいと思います。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-30 10:00 | 手芸(刺繍など) | Comments(2)

2007年5月 焼酎に再挑戦!

日本酒ばっかりでも、良いのですが、楽しめるお酒の種類は多い方が、それはそれで楽しみも多いというもの。
そこで不得意な焼酎も、いろいろ飲めるようになりたいと思って、以前奄美の黒糖焼酎に挑戦してみましたが、いまひとつピンと来ませんでした。
その事をブログやSNSに書きましたら、皆様からいろいろコメントを頂戴いたしました。
ご指導(?)ご鞭撻(??)ありがとうございました。
私は、焼酎をいただこうとして、グラスに顔を近づけたときに上がって来る、あの独特の香りが苦手なのです。
f0039281_14165380.jpg

それが、出来るだけ少ないものということで、教えていただいた一つが、こんぶ焼酎でした。
このたび、北海道の礼文島“こんぶ焼酎”を入手して、早速挑戦!
お肴はもちろん、とろほっけの干物です。
こちらは、その名のとおりこんぶのお味と香りのする焼酎なのですね。
そしてそして、どうなったかというと・・・やはり、あの香りに当たると少々苦手な感じになってしまいます。
でもここで諦めたら酒豪の名が廃る(←『えっ?酒豪だったの??』)ということで、極めて蛇道だったのかもしれませんが、氷をたくさん入れて、冷たく冷やしていただいてみると、思いのほか美味しい食中酒としていただけました。

実は更にもう一つ、“しそ焼酎”もお勧めていただいているので、今度はそちらにチャレンジしてみたいと思っています。

usakoのお詫び>それでも、日本酒と焼酎と両方並んでいたら、やはり日本酒を抱えてしまうことでしょう。焼酎ファンのかたには申し訳ないけれど・・・。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-29 12:00 | おうちのお食事 | Comments(4)

2007年5月 今月後半のレッスン風景

f0039281_14414982.jpg

今月後半は、爽やかな五月をイメージしたセッティングで、お料理レッスンをいたしました。
f0039281_14423156.jpg

お越しくださいました皆様、ありがとうございます。
お楽しみいただけましたら幸いです。
f0039281_1443438.jpg

食材には、普段、あまりご自分ではお使いにならないと、おっしゃる方が多いような夏のお野菜も選びました。

f0039281_14444956.jpg

f0039281_14452269.jpg
夏はこれから!
是非お家でもお作りになってみてください。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-27 14:40 | usakoのお教室 | Comments(2)

2007年5月 青山椒

5月にしては、暑さの厳しかったここ数日。
お庭の木立の下は、繁りはじめた鮮やかなグリーンを映すような和らいだ日差しが注いで、吹き過ぎてゆく風も気持ちよく感じられました。
f0039281_15273522.jpg

こちらは琉球月見草。
月見草なのに、お昼間から咲いている理由は・・・ちょっとわかりませんが。
f0039281_15282145.jpg

スモークツリーは、グングン大きくなります。
でも驚いたことに、去年のブログを見ると6月6日の時点で、やっとささやかなお花が咲いていたことがわかりました。
今年は生育が良いようです。
f0039281_1529368.jpg

剪定とお花を楽しむことを兼ねて、三家分(実家、妹宅、うち)用をまとめて切り出しました。
f0039281_15301725.jpg

そして、楽しみにしていたのは、青山椒の収穫。
これも三家分まとめて摘んで、山分け。
f0039281_15314174.jpg

そのまま爪の先でブチッとつぶして、よい香りが立ったところをお吸い物にポトンと落としたり、砕いてお煮物の上に散らしたり・・・。
ほんの一粒でも、初夏のさわやかな芳香がたっぷり漂います。
使わない分は、そのまま冷凍しました。
少しだけ長く“初夏”を楽しめるようにと・・・。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-25 15:00 | 草花 | Comments(2)

2007年5月 あのころも、いまも、これからも

会社の同期のお友達同士4人で、神戸に旅行したことがありました。
まだ入社2年目、そして、震災前のことです。
f0039281_1891442.jpg

(↑神戸の夜景と、当時高架下の雑貨屋さんで買ったボタンカバー)
坂道を上ったり下ったり、街中を歩いたり港の方へ行ったり(六甲アイランドはまだ工事中)しながら、お買い物したり美味しいものを食べたりしました。
楽しい時間を過ごした記憶は未だに、その日の陽の光や、風の流れを思い出せるほど鮮明に残っています。
そして、その4人が久しぶりに顔を合わせました。
場所は神戸ではありませんでしたが、武蔵野マダムIRのお家です。
神戸旅行の時に撮った写真をMsIRが飾っておいてくれたのですが、皆で覗き込みながら、しばし静けさが漂いました。
・・・隣りは何を思う人ぞ。
f0039281_1810743.jpg

思い返せば、入社前研修の時(つまりまだ身分上は大学生だった時)から、集まるともなく集まっていたお仲間でした。入社式の日、結局配属先は別れましたが、その後もお誕生会だ何だと、事あるごとに集っていましたっけ。
ピヨピヨしていた頃から、月日は流れ、その間、嬉しいこと楽しいこと辛いこと悲しいこと。。。それぞれの身にも、いろいろなことがありました。
そして、これからもいろいろなことがあるでしょう。
いつも一緒に居られるはずもなく、頻繁に連絡を取り合えるというわけでもありません。
けれども、ふとした折に・・・たとえば、神戸の坂道で私たちを追い越していったあの風と似た風を感じた時に、『どうしているかしら?』『元気かな?』と心に思える、そんな友が居てくれること自体が、私にとってはとても感謝すべきことなのだと思っているのです。
f0039281_1811188.jpg

usakoの補足>MsIRは、アテスウェイのケーキ(↑)を用意して待っていてくださいました♪
頂くケーキの決定に際しては、もちろんっ!大じゃんけん大会が行われました。

[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-23 18:00 | 旅とおでかけ | Comments(4)

2007年5月 日本酒を楽しむ食卓 広島 天寶一

備後安芸旅行の折、酒屋さんを始められそうなくらい(ちょっとおおげさ?)たくさんのお酒を手に入れました。
消化は順調です。
中でも、一番楽しみにしていた”純米吟醸 天寶一”の無濾過生原酒 槽口直詰(株式会社天寶一)を、ついにいただいてみました。
福山の居酒屋さんでも、尾道の“あかとら”でも、いろいろな種類の天宝一を飲みましたし、“あかとら”では天宝一の仕込み水も出していただいて満足度ナンバーワンだったのです。
今回も、やはり現地で感じたのと同じように、美味しくいただくことができました。
f0039281_10124421.jpg

旨みの濃~いお味で、辛いの甘いのといったレベルを脱している印象です。
そこで、“私の大好きなお酒一覧”に、このたび加わっていただくことに致しました。

さて、お家でもおそとでも、日本酒をいただく時には、お料理に大抵お魚を合わせます。
それは、お味の相性が良いと思うから。
でも、旨みのある天宝一なら大丈夫でしょうと思ったので、あわせた今日のお食事はお肉です。
三重県津市の朝日屋さんの極上松阪牛しゃぶしゃぶ肉をお裾分けいただいたので、それを新生姜と日本酒を加えたお湯でボイルして、冷しゃぶに仕立てました。
そして、きゅうり、大根、茗荷、大葉をそれぞれ千切りにしたものたくさんに、鳴門のわかめ、かいわれ大根などと、酢橘もたくさん用意して、お肉と一緒に大皿に盛り込みました。(鰹の土佐造り風です)
そのほかには、株取りなめこのおろし和え、長崎産新じゃが小芋の自家特製みりんだれ煮、泉州の水茄子さんさ漬け。
どこからどう見ても呑んべえの食卓ですねえ。

備後のお酒と、松阪のお肉が、江戸(??)の食卓でランデブー。
どちらもそれぞれ美味しいものなのに、一緒にいただくと美味しさは何倍にもなってゆきまして・・・盃はすすみ・・・ついにこんな言葉が出てしまいました。
この酒瓶、本当に720mlだった?・・・?

usakoの補足>
天宝一は720ml瓶に正しく適正量詰められております。
誤解のございませんように、念のため。

[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-21 09:00 | おうちのお食事 | Comments(8)

2007年5月 優しい視線

雪白色に若葉色が少しかかったほうが、“キリマンジェロブライダル”。
淡珊瑚色のほうが、“キャラメルアンティーク”。
ちらりと見える白いお花は、宿根スイトピーです。
f0039281_22364631.jpg

・・・この清々しさ。
・・・この気品。
漂うほのかな香りまで、美しさを感じます。
f0039281_22373665.jpg

見る者の視線までも優しくする、そんな花々でした。
f0039281_22383282.jpg

お誕生祝いにこの花束をプレゼントされたのはKちゃん。
こんな女性になってね、という気持ちが込められて・・・。
f0039281_22393273.jpg

お誕生日おめでとうございます。
この一年も素敵な毎日でありますように!
f0039281_22402891.jpg

usakoの補足>
本当にとてもとても美しいバラでしたので、写真におさめましたが、実物はこの何倍も綺麗です♪
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-19 23:00 | あまいもの | Comments(4)

2007年5月 今月前半のレッスン風景

今月の前半は、ご一緒にお菓子作り。
f0039281_2230128.jpg

それぞれ皆様のご希望を伺いながら、作るケーキを決めさせていただきましたが、いずれの方も基本を練習しました。


たいへんな作業もありましたよね、本当にお疲れ様でした。
お家でも、また挑戦してみてくださいネ。



f0039281_2231771.jpg

このあと後半は、気分を替えて、お料理の会の予定です。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-18 22:28 | usakoのお教室 | Comments(4)

2007年5月 たくさんあったなら・・・ミニトマト

大きいトマトも好きですが、一度に全部食べるのでなく、ちょっとしたサラダの彩りに使ったりすると残ったものをラップしてジップして・・・と、あとの処理に少々手間がかかります。
サボると、残りが美味しくいただけなくなるし・・・。
それで、わが家ではミニトマトも結構活躍するようになりました。

たくさん使う時は、おっきいトマト
ちょっと使う時は、ちっちゃいトマト

ミニトマトも、そのままにしておくよりは、最初にひと手間かけておくと、簡単気軽なひと品やひと色になってくれます。
それは、マリネ。
ヴィネガーのお味がつく分、ドレッシングやマヨネーズも使わずに済むので、一石二鳥です。
f0039281_1715645.jpg

一度にたくさん買ってきたら、まとめてザッと熱湯に落とし、すぐ引き上げて湯剥き。
ディルやロリエなど香辛料を適当に加えたビネガー主体の漬け汁に浸したら、あとは冷蔵庫に保存して食べたい時に使います。
でも結局3日位で食べてしまうんですけれどね。(←保存目的の意味なし)
ミニトマトの残りが少なくなってきたら、その漬け汁に、セロリやかぶやキュウリをお塩で水出しして加え、さらにフレッシュチーズを水切りしたものも追加して、二度目のお楽しみ。
でも結局これも・・・2日位で食べてしまいます。
だって・・・美味しいんだもんっっ。

・・・保存食が保存できない、これはわが家の悩みのタネです。(←やっぱり大喰らいなんでしょうか?)
[PR]
by oomimi_usako | 2007-05-17 17:00 | おうちのお食事 | Comments(2)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索