<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2008年9月30日 昨日の出来事

昨日は、心温まるメッセージをいただきまして、本当にありがとうございました。とても嬉しく拝読させていただきました。
おかげさまで、しあわせなお誕生日を過ごすことが出来ましたこと、心から感謝を申し上げます。

そしてまた・・・

お誕生月記念企画←大袈裟ねぇ)第三弾!(←三年目なので)
ブログ毎日更新月間に、日々お付き合いくださいましてありがとうございました。
今日までの30日間、私の拙いブログをご覧下さいましたことに、心から御礼を申し上げます。
毎日のようにコメントを入れてくださった方(♪)もあり、励みになりました。
本当にありがとうございました。
f0039281_852662.jpg

さてここからは、昨日に戻ってのお話です。
昨日は、先日来お勉強していたことの最後のお授業に行ってきました。
それは、銀座リプトンブルックボンドハウスの、お紅茶教室。
大好きなお紅茶については、一度きちんと勉強しておきたいと、以前から考えておりました。
お菓子教室にいらして下さる方々のために、美味しいお紅茶を淹れて差し上げたいとも思っていました。
一度、偶然知り合ったChama Teaの伊藤礼子先生のお紅茶教室にも、伺わせていただきましたが、なかなか続けて伺えずお勉強が少しも捗っていなかったのです。

たまたま日程的にも、期間的にも、そして内容的にも私のニーズにマッチしたリプトンブルックボンドハウスのお教室に伺って、ようやく願いが叶って、いろいろお勉強させていただくことが出来ました。
最終日の昨日は、修了証や記念品もいただいて、お誕生日のプレゼントをいただいたようで、ちょっと嬉しく思いました。
f0039281_8525879.jpg

お紅茶教室から帰宅しましたら、こんな素敵なバースディカードが届いていました。
ターシャテューダさんの描かれた絵のカードに、心温まるメッセージを添えてお送りくださったのは、西宮のお紅茶教室の先生です。
お誕生日と修了を偶然一緒にお祝いしていただいたようで、嬉しく拝見いたしました。

おまけは、昨日のお夕食。
f0039281_854202.jpg
(おまけなので小さく載せます)
帰りは遅くなるかもしれないと主人に言われましたし、本格的お祝いディナーは後日の予定。(結局お帰りは早かった!こんなことなら・・・
それなので、ちょっと手抜きのお夕食。
でも、せっかくお誕生日なのだからと、デザートタイムにお誕生日の歌だけでも唄って貰うつもりでケーキを用意しました。
それゆえ、お料理も洋風に。
f0039281_855158.jpg
メニュー>
栗かぼちゃのポタージュスープ(茹でてつぶしただけ
Oisixで取り寄せた北海道産モッツァレラチーズとトマトのマリネサラダ(切って盛っただけ
チキンのソテー、ジェノバペースト風味、温野菜添え(和えて焼いただけ
簡単チーズスフレケーキ(混ぜて蒸し焼きにしただけ

とまあ、こんな具合に、ン十ン歳のお誕生日は過ぎてゆきました。
みなさまこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。

過去の今日>
2007年9月30日 代々木上原 プティバトー
2006年9月30日 9月後半レッスン風景
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-30 08:41 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(16)

2008年9月29日 今日がその日

ひとちゅ、おおきく、なりまちた・・・

と、幼な言葉を使ってみたところで、現実は厳しく、んじゅうん歳になりました。
f0039281_1010176.jpg

こちらは恒例の“朝のカード”。
お誕生日を迎えた家族の朝食のテーブルに、皆それぞれのお祝いカードを置くという実家の習慣(?)は、結婚後も続いています。(今は郵送
内容も結構凝っていて、これを読むのがまた、楽しいひとときです。
皆様からいただいたカードも一緒に、記念撮影しました。

お祝い会は、慶事は後が宜しいという謂れに則って、きっと週末に嬉しいこと(=美味しいこと)を主人が企画してくれる・・・ことを期待しています。

過去のお誕生日>
2007年9月29日 早起きしたら・・・
2006年9月29日 お菓子の神様サンミッシェルの祝日
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-29 10:00 | わたくしごと | Trackback | Comments(24)

2008年9月28日 マリナドブルボン 松涛

お菓子教室後の週末のお茶の時間に。
f0039281_2122516.jpg

お教室で召し上がっていただくご試食用のお菓子は、少し多めに作っておきます。
そのため、残ったものは格好のお茶のお伴となります。
楽しみにしているのは、主人。
『あれがあるよね!』
と、口には出さずとも期待のこもった眼差しと共に、お茶の時間のテーブルにやってきます。
さらに、たくさんあるのを良いことに、今日は(も?)
『おかわりっ!』
なんてしておりました。(自宅用なので、デコレーションも省略)
f0039281_21233314.jpg

一緒に楽しむお紅茶には、マリナドブルボンの東急本店限定フレイバーティ“松涛”を。
季節が移り、すっかり秋の気配なので、新しく封を切りました。
紅茶や緑茶の茶葉に、ハーブと蜂蜜を加えているということで、芳しい香りのあとに、こっくりとしたまろやかさを感じるお紅茶でした。

Special thanks to Ms M & Ms K !

過去の今日>
2007年9月28日 今月後半のレッスン風景 プラスα
2006年9月28日 ちょっと彫金
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-28 21:15 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

2008年9月27日 ちょっとしたもの

キッチンには、いつも何かしら、ちょっとした小さいお花や緑を置いています。
ほんとうにちょっとしたもの。
切り落とした生花の小枝や脇芽、根菜の若い葉っぱ、ケーキのデコレーションで余ったミント。
生活感あふれる細ネギやセリの、残した根元から芽を出させたものなども、飾りようで案外可愛く置けますよね。(なさっておられる方もいらっしゃるでしょう?)
今、置いているのはこちら。
f0039281_20405323.jpg

向こう側にあるのは、竜胆を花瓶に活ける処理をした時に、外した下の方のお花。
そして手前は、山葵です。
日本酒を頂くことが多い我が家では、必然的にお魚(お刺身)料理が多く、それゆえ山葵も生を買って冷蔵庫の野菜室で保存してあります。(正しく保存すれば結構もちます)
元気がよい子だと、冷蔵庫の野菜室の中でもこうして芽が育ちます。
山葵は、確か清流で育つものですから、キッチンに立つたびに、お水の取替えも忘れずに。
そうそう、活けてあるのは、ちいちゃなお猪口なのです。
何を隠そう、私達には小さ過ぎる(!)ので、最近転職してもらいました。

過去の今日>
2007年9月27日 最近気になるキッチン用具
2006年9月27日 ケイパーベリー
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-27 20:36 | 日々の生活 | Trackback | Comments(4)

2008年9月26日 今月後半のレッスン風景

今月の後半、先週と今週のレッスン風景です。
f0039281_22103886.jpg

台風が近付いてくる予報で、慌てて作業をしていただいた日もありました。
涼しいようなので初秋の風情を楽しみながらいらしていただけるわ…と思っていたら、思いがけず暑い日もありました。
今日はまた荒天の予想がありがたいことに外れて、ホッとひと安心でした。
その日その日によって様々ですが、お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。
f0039281_22111016.jpg

f0039281_22114991.jpg

無塩バターも、普通に手に入るようになりました(お値段は以前に比べて随分お高くなりましたが)ので、今回のお菓子も、是非“十八番”に加えてくださいませ~。
f0039281_22123389.jpg

f0039281_22135411.jpg

来月は、気温も落ち着いてくることと思いますので、フレッシュケーキを作ります。
お楽しみになさっていらしてくださいね。

過去の今日>
2007年9月26日 ミュージカル“ハロルド&モード”観劇
2006年9月26日 秋のお庭
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-26 22:05 | usakoのお教室 | Comments(4)

2008年9月25日 準備中

お菓子教室のある日の前日は、“準備の日”という予定を入れます。
朝から、まずはお掃除や片付けなどを始めます。
セッティングに使う食器類やリネンの状態のチェックも必要。
予め用意出来る材料は、事前に製菓材料店で調達して置きますが、生ものの買出しは直前に出かけます。
合わせて生花も調達して、ウェルカムフラワーの活け込みも済ませておきます。
f0039281_1884015.jpg

ご試食していただくお菓子は、種類によって、前日に作ることも当日に作ることも有ります。
今月は焼菓子なので、前日に焼いて一晩寝かせて味を馴染ませるようにしました。
明日は、今月最後のお教室の日。
お昼と夜の二回、生徒さんをお迎えします。
f0039281_1894047.jpg

予報によると、ちょっとお天気が心配です。
皆様お気をつけてお越しくださいね。
お目にかかるのを楽しみにしています!

過去の今日>
2007年9月25日 一番町 村上開新堂 クッキー詰合せ
2006年9月25日 完成したものと作成中のもの
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-25 18:00 | usakoのお教室 | Comments(6)

2008年9月24日 東京 自由ヶ丘 モンブラン

先日、何かの折に母が、
『自由ヶ丘モンブランのモンブラン、食べたくなっちゃったわ~』
と申しましたのを聞きつけて、今日のお茶の時間はぴょんこちゃんご提供による、自由ヶ丘モンブランのフレッシュケーキとなりました。
f0039281_21305693.jpg

違う種類を取り混ぜて。
もちろんそのうち一つはモンブランでしたので、これは母が確保。
他は、それぞれ好きなものを選びました。
私の選んだのはこちら。
f0039281_21315814.jpg

フランボワーズのジュレをトップに流し込んだ、四層の凝った作りのケーキでした。
名前は不明。(←『んなものおぼえてないっ』”by ぴょんこ)
モンブランは私達も懐かしいので、少しずつお味見させてもらいました。
f0039281_2133798.jpg

結婚前から自由ヶ丘の魚菜学園(故田村魚菜氏のお料理学校)に通っていた母は、上級のクラスも全て通って修了したそうですが、最後の方では、三つ四つ位になった私を連れて、お授業を受けていたそうです。
真っ赤なバスケットにお絵描き道具を詰めて持って行き、お授業の間、お教室の一番後ろの席で、私は一人大人しくお絵かきをしていたのだそうです。
でも、そんな良い子にしていた訳は、
『大人しくしていたら、帰りにモンブランでケーキをご馳走してあげましょう』
と、母から“ご褒美”で釣られていたから。
昔から今に至るまで、全く進歩がございません。
f0039281_21342587.jpg

(↑見れば直ぐわかる包装紙はあまりにも有名ですね)
過去の今日>
2007年9月24日 今更ながらのソーダブレッド
2006年9月24日 バジルペースト作り
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-24 21:18 | あまいもの | Trackback | Comments(8)

2008年9月23日 お誕生日おめでとう!

今日、めでたく百歳のお誕生日を迎えたのは、JR東日本の横浜線です。
f0039281_1845391.jpg

現在は、横浜市内の東神奈川(横浜駅から一つ東京寄り)駅と、東京都八王子市内の八王子駅を結んでいて、京浜東北線に乗り入れて、桜木町や磯子方面まで通っています。
明治41年9月23日に“私鉄・横浜鉄道”として開通した横浜線は、八王子ー東神奈川間の42.6kmを約1時間40分(現在は1時間)で結び、主に八王子や信州方面で生産された生糸を、横浜港から輸出するために運ぶということを主な目的(横浜のシルクロードといわれていました)としていました。
その後、明治43年に国が借り上げて“八濱線”となり、“横浜線”という名称になったのは大正6年の国有化の時です。
f0039281_18464295.jpg

そのあと、現在にいたる長い歴史の中で、関東大震災や戦争による被害を受けたりしながらも、新駅がいくつも出来たり、複線化が進んだり、あるいは電車の色や形を変えながら、横浜線は走りつづけてきました。
沿線に住む方、通勤通学で利用する方、観光でいらしてちょっと乗られる方、皆さんそれぞれに思いがあるでしょうけれど、お世話になって曽祖父から四代目になる私としては、非常に感慨深く、また思い入れがある横浜線。これからも、安全に快適に、私達を乗せて走り続けて欲しいものだと思いました。(資料:広報よこはまみどり区版9月号より)

usakoの補足>親しみ深い横浜線とは、同じ9月生まれですが、10月生まれの東海道新幹線とは、同じ天秤座です
…って、まあ、どうでも良いことですが。

過去の今日>
2007年9月23日 刺繍の本
2006年9月23日 志ま秀 えび右衛門
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-23 18:22 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(4)

2008年9月22日 うさぎのうさぎによるうさぎのための…


f0039281_21481883.jpg
うさこで~す。
ななちゃんのママから、こんな可愛いウサギちゃん頂いたの。
柔らかくてとってもあったかいのよ。
嬉しくって大きなお耳がピンッとしちゃいました。(普段は垂れてます
最近usakoさん、“ブログ毎日更新しなくちゃっ”って忙しそうで、うさことあんまり遊んでくれないの。
でも、もう大丈夫!
ウサギちゃんと一緒に何して遊ぼうかな~。

usako補足>この編みぐるみのウサギちゃんは、ブログでお世話になっているnanamamaさまからいただきました。
とっても美味しそうなお料理をおつくりになり、時には美しい音楽を奏で、あるいは身近な世界の一瞬の動きをレンズに収めるシャッターを切り、、そして三匹のコーギーちゃんを優しくお散歩に連れていらっしゃるその、nanamamaさまの優しいお手が、こんな可愛らしいウサギちゃんを編み上げて、お送りくださいました。そして、そのウサギちゃんをお膝に乗せているのが、oomimi_usakoのハンドルネームの元となった、おおみみうさこです。(ややこしいなあ…
彼女、こう見えてもアメリカ生まれ。
あちらのビルド・ア・ベアー・ワークショップという専門店で生まれ、はるばる○ALの国際線に乗って私のところへとやってきました。
その後、ビルド・ア・ベアー・ワークショップは日本にも直営店が出来て、こちらでもアメリカと同じ、可愛い子達を実際に手にすることが出来るようになりました。
うさこは、バニービッグイヤー(そのまんまですけど)という種類です。
幾つになっても可愛いものを見ると、なぜか和んでしまうもの。
usakoも、目尻がピピッと吊りあがるようなことが有った時は、このうさこちゃんがなごませてくれています。
これからは、ウサギちゃんも加わって、私をさらに心優しくしてくれると思うのです。

Special thanks to nanamama-san !!
過去の今日>
2007年9月22日 新潟柏崎 原酒造 越の誉ひやおろし
2006年9月22日 2006版PINK観劇
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-22 21:37 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(10)

2008年9月21日 お友達のおうちへ

ご近所のお友達のおうちに、これまたご近所のお友達とご一緒に伺いました。
三人とも会社の元同期。
入社前研修の時に初めて出会い、それからずっとお付き合いをさせていただいているのです。
うち一人は現役で、“課長!”と呼ばれるポストで頑張っています。

今回は、新築されたご新居訪問が目的。
f0039281_21472650.jpg

もともと、とてもセンスの良いその友人のお家は、あちらこちらに彼女らしさが溢れていて、温かく優しいご邸宅になっていました。
f0039281_214825100.jpg

小学三年生のお嬢ちゃまが、俄かにマイブームになったというクレープをご馳走してくださいました。
バナナとチョコとクリームがたっぷり挟まれていて、美味しいクレープでした。
Mちゃん、ごちそうさまでした!
f0039281_21491815.jpg

久し振りに会ったので、例によって例のごとく話は尽きず…。
大いに刺激され、大いに名残惜しく思いながら、家路についたのでした。

帰宅後のusako>素敵なお家を拝見すると、ふと我が家を省みて、俄然、掃除片付けをしたくなります。今回も言うに及ばず。
先ほどからもう、ガタガタと活動開始いたしました。

過去の今日>
2007年9月21日 よつ葉好き
2006年9月21日 ウィーン美術アカデミー名品展
[PR]
by oomimi_usako | 2008-09-21 21:38 | 旅とおでかけ | Comments(2)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索