K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2008年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

あっという間に過ぎていった、初秋、10月の日々。
ここのところ日一日と秋が深まっていくようですね。
そんな季節のお菓子作りに御参加くださいました皆様、お疲れさまでした。
お越しくださいましてありがとうございました。
今月も、お楽しみいただけましたら、幸いです。
秋色の設えでお迎え。
f0039281_13224820.jpg

私の都合で、月後半に日程が集まりましたので、いっきに風景のご披露です。
f0039281_1323393.jpg

f0039281_132425100.jpg

今回は、新作“紫おいものもんぶらん”。
混ぜる作業、絞る作業満載でした。
f0039281_13253747.jpg

f0039281_1328995.jpg

モンブラン口金にも殆どの方が初挑戦。
個性的、芸術的な作品が多数出現。
f0039281_13271145.jpg

f0039281_13285651.jpg

やがて・・・
苦心の跡も、工夫の跡も、手ブレ(?)の跡も、そして、成功の跡も
f0039281_13294299.jpg

モンブランに降る雪が
美味しい思い出にかえてくれるのでした・・・
f0039281_1330282.jpg

工程が全て終わったら、お疲れ様の軽食&ご試食タイム。
今回は、ちょっと趣向を変えて、ブュフェ風でおくつろぎいただきました。
来月は、お菓子とお料理それぞれをお楽しみいただく予定。
またお目にかかれますことを楽しみにしています。
f0039281_13311970.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-31 23:59 | usakoのお教室 | Comments(8)
『いつ見てもお忙しそうで…』
日頃直接お目にかかる機会があり、さらにこのブログをご覧下さっている方々は、異口同音にそうおっしゃいます。
まあ確かに、毎日何かしら用事があって、あちらこちらへ出向いているのは否定いたしません。
でも、あたくし、それ程タフな方ではないので、心掛けているのは“一日一予定”。
そのため、昨日今日明日…と御用が続いてしまうのだと思うのです。(と、言い訳
f0039281_12151161.jpg

先日、横浜市緑区の区民アート展に、知人がクロスステッチ刺繍を出展しているので、そちらを拝見しに行きました。
毎年オリジナルの作品を出展されるので、私もいまや年中行事のように楽しみにしているのです。
今年も素敵なお作品でした。(皆様にお見せできないのが残念
横浜港が、来年開港150周年を迎えるのを記念して、山手の丘や、港など横浜らしい風景を描いた絵画を集めた「よこはまの風景」という部門展示もされていて、区民の皆様の力作をたくさん楽しめます。
第六回みどり区民アート展は、11月1日土曜日まで、緑公会堂にて開催されています。
f0039281_12155449.jpg

そのあと、実家に。
f0039281_12163945.jpg

お庭の桜の木は、真夏に艶やかなグリーンだった葉も、だんだん紅葉しています。
色付いた葉から、徐々に落葉しているのですが、今年は、赤やオレンジ、黄の色がとても綺麗です。(掃き掃除は大変ですが)
お庭の柿の木が今年は“なり年”らしくて大豊作。(去年は一個もなりませんでした
『穫ってぇ~』
と、カワイコぶりっ子して母がいうので、
長くて重い枝切り鋏と格闘しながら、たわわな柿を収穫しました。
f0039281_12172498.jpg

そのお味は、とても甘くてジューシー!
これからしばらくの間、朝の果物として、実りの秋を楽しめそうです。

usakoの補足>上の方になった柿の実は、“自然”へのお礼のひと房。
とらずにちゃあんと、残しておきました。

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-30 12:22 | 旅とおでかけ | Comments(8)
二村恵美先生の刺繍教室で、私の参加しているクラスは、夏休みやら二村先生の渡英などで実に三ヶ月ぶりにレッスンがありました。
いま私が教えていただいているのは、トンボのゴールドワーク(まだやってます)
f0039281_21414059.jpg

いずれは、がま口タイプのグラスケースになる予定です。
沢山宿題を出していただきましたので、少しずつ進めて行くつもりです。

来月、再び私の参加クラスのレッスンはお休み。
でもそれは、他にとても素敵なことがあるからです。
11月21日から27日までの予定で、英国王立刺繍学校作品展(Royal School of Needlework in Japan)
が開催されるのです。
f0039281_21422381.jpg

御存じの方もいらっしゃるかと思いますが、二村恵美先生は、この英国王立刺繍学校の職人養成3年コース(Apprenticeship)を卒業された唯一の日本人。
現在は、この学校の非常勤講師もされていますので、今回の作品展にも立ち上げからご尽力されておられました。
作品展では、職人養成3年コースの英国人講師の方や、二村先生他非常勤講師の方、さらに英国人の現役二年生の方のお作品が拝見出来るほか、技能認定コース(Certificated Course)をご修了されて現在ご活躍中の日本人の方のお作品も拝見出来るそうです。
また、英国王立刺繍学校代表スーザン・ケイ・ウィリアムズ博士による講演会も予定されていて、英国刺繍の歩みや、今後についてのお話を伺えるようになっています。

このブログをご覧頂いている皆様には、いつも私の拙い作品ばかりをご覧に入れております。
でも、この作品展は、“ほんとうの”イギリス刺繍の素晴らしさを、目の前でご覧いただけるチャンスかと思います。
ご興味のお有りになる方はどうぞ、是非おはこびくださいませ。

usako補足>ちなみに…二村先生門下生は出展しておりません…念のため。
[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-28 21:42 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(8)
お茶の時間にいただいたのは、可愛いうさぎの形の最中です。
f0039281_9385056.jpg

こちらは皆様ご存知、白露宝を作っている浦和の和菓子屋さん“花見”のものなのです。
Ms.Oから『うさちゃんへ♪』と、頂戴いたしました。

長いお耳が可愛いこの最中は、“夢調兎(ゆめつきう)”というお名がつけられています。
奈良時代以前に創建されたという浦和の調(つき)神社は、なんと、狛犬さんのかわりに、兎さんが守り神としてお座りになっているのだそうで、それにあやかっての命名だそうです。(お菓子の説明書きによる)
これは大変。
いずれお参りせねばなりません。
f0039281_9392535.gifSpecial thaks to Ms.O !
[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-27 09:32 | あまいもの | Comments(8)
その実体を掴みかねていた“はやとうり”。
Ms.Iの嬉しいご好意により、やっとお目にかかることが出来ました。
f0039281_1661580.jpg

とても可愛らしい絵になる姿。
そのままスライスしてサラダでも良し(・・・だそうです)
お漬物、お味噌汁の具、オイルソテー、何でも良し(・・・なのだそうです)
f0039281_167272.jpg

今回私は、ホワイトシチューに入れてみました。
違和感無く馴染んで、ホクホク美味しく頂くことが出来ました。

どんなお味かと申しますと、冬瓜とズッキーニと、それからちょっとじゃがいももあわせて割ったような感じをご想像ください…えっ?却って解らない??
f0039281_1675250.jpg

はやとうりのシチューにあわせるために、とてもとても久し振りにパンを焼きました。
シンプルな丸パン。
このパンには、Oisixとは別の食材宅配で注文した“白神こだま酵母ドライ”を初めて使ってみました。(先日クオカにも置いてあるのを見つけました)
f0039281_1684110.jpg

思った以上の優秀な発酵具合に驚きました。
外皮はカリッ。
中はモチフワッの美味しいパン(?自画自賛?)で、尚一層シチューが美味しくなりました。
f0039281_16926100.jpg

f0039281_1610168.gifSpecial thanks to Ms.I !!
[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-25 16:58 | おうちのお食事 | Comments(10)
ちょうどテレビのニュースや新聞で歌舞伎座を建て替えてビルにするというニュースが流れました。
直後の観劇に、お出ましの方々の話題は、専らそれ。
今の外観や雰囲気を、出来るだけ残してくれたら良いのにと、(そんなお金が○竹にあるかは別として)願う一ファンusakoです。
f0039281_9353127.jpg

さて今月は、綺麗な玉三郎様と菊之助丈を観ようと、夜の部を選びました。
一幕目は、“本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)”というお芝居の、四段目切りの部分にあたる“十種香(じゅっしゅこう)”と“奥庭狐火”。
この間もこのお芝居は観たばかりなのですが、役者さんが異なると、全く違う印象で観劇できます。
私は個人的に、今回の方が…(後略!)。
坂東玉三郎丈の八重垣姫(今回は歌右衛門丈の型だったように思いました)は、思った以上で極上々吉。
何度も拝見して、女性らしさのお勉強をしたくなるようです。
優しいハンサム顔の尾上菊之助丈との組み合わせも、大変宜しゅうございました。
続く、狐火では、玉さま演じる姫の表情の変化に要注目。
お姫様の顔つきが、諏訪湖を渡ろうという決心と共に、だんだんキリリと引き締まってまいります。
人形遣いの尾上右近丈の手による、まっしろい狐ちゃんも上々吉です。(あのきつねちゃん欲しいわ~)

二幕目は、河竹黙阿弥作“雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)”より、三千歳と直侍。
その題の通り、雪降る夜のお話なので、舞台には雪布が敷かれます。
もちろん花道にも。
f0039281_938650.jpg

まずすべり留めのシートを敷いて
f0039281_9384414.jpg

その上に雪布をたるみの無いように敷くのです。
雪太鼓の音も風情を添えていました。
あと少し経つと、芝居小屋の外もそんな季節になりますね。(今冬、雪は降るかしら?

ところで、このお芝居には、有名な“おそばを食べるシーン”があります。
お芝居がハネた後は、観終わった方々がお蕎麦屋さんへ走ったとか。
きっと今回も、三階のお蕎麦どころは、いつにも増して賑わっていた事でしょうね。(私は行かなかったけれど)
その気持ち、わかりますとも!
片岡直次郎は、尾上菊五郎丈です。
この手のお役が、まだまだ素敵に決まる菊五郎さまでした。
三千歳は、ご子息の菊之助さま。
これがまた、なんと可愛いらしいことか!(ここでも女性らしさのお勉強
親子だからでしょうか、恋人同士役のお二人の間に、ミョーなフィット感が。
これはもしや菊之助丈に、お母様の富司純子さんが被さって見えているからかもしれません。(そんなの私だけかしら??)
清元がまたいい声で、舞台に華を添えていました。

三幕目は、英執着獅子(はなぶさしゅうじゃくじし)
福助丈が、艶やかに舞っておられました。

ということで今回は、綺麗な玉三郎さまが存分に拝見出来て、嬉しい観劇でした。
f0039281_944410.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-24 09:29 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)
f0039281_8553346.jpgオフ会開催!
新宿三丁目老舗の居酒屋にて。
セッティングしてくださったのは、この方
ご一緒させていただいたのは、この方

お料理が運ばれてきたら、まず、大撮影会。
全員ブロガーゆえに、いただく前の撮影は無論承知のことでございます。
とても初めてお目にかかったとは思えない盛り上がりよう。
お食事すすむ!
お酒もすすむ!
おしゃべりもすすむ、すすむ!(注:正しくは、はずむ、です)
f0039281_8563310.jpg

美味しそうなお料理のお写真は、腕のいいお二方におまかせして、私はひたすら、頂くお酒の記録係をさせていただきました。
以下、この日にいただいた御酒です。

篠峯 純米ひやおろし秋晴“奈良 千代酒造
石鎚 特別純米ひやおろし “愛媛 石鎚酒造”(雄山錦使用)
日高見 純米ひやおろし“宮城 平孝酒造”(宮城県石巻市清水町)
月の輪 特別純米“岩手 月の輪酒造”(岩手県産ぎんおとめ使用)
飛露喜 特別純米“福島 廣木酒造”(福島県河沼郡会津坂下町)(注:酒米未確認)
船中八策 純米“高知 司牡丹酒造
加賀鳶 山廃仕込み純米“石川 福光酒造
f0039281_8575055.jpg

(↑このお猪口群、一人分です。利酒しましたので)
のん兵衛も三人寄ると、壮観です。
お二方からお土産も沢山頂いて、嬉しい時間を過ごしました。
また是非ご一緒させてくださいね、素敵なお姉さま方!!

usakoの補足>jakkyさんお薦めのこの“鼎”という居酒屋さん。
実は、かつて私が会社勤めをしていた頃に仕事仲間と、あるいは新宿に勤務していた学生時代からのお友達と、良く出掛けたところでした。
私からもお薦めです!

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-23 08:41 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(14)
10月20日から27日までの8日間、外苑の日本青年館にて、宝塚花組シアタードラマシティ東京公演“銀ちゃんの恋”が上演されています。
f0039281_2213523.jpg

よく知られた、つかこうへい氏作の「蒲田行進曲」が原作のこのお芝居は、1996年に当時の月組、久世星佳さんや汐風幸さん(=片岡仁左衛門丈のお嬢ちゃま)たちによって上演されたもの。
宝塚らしくない、といえばそうなのですが、その分、舞台人として真の演技力が試される難易度の高い脚本だと思います。
f0039281_22135876.jpg

今回は、花組選抜メンバーによる再演です。
私のお目当ては、もちろん、真瀬はるかちゃん。
いつものキビキビした身のこなしが、今回も拝見出来ました。
演技も踊りも、メリハリがあって、見ていて本当に気持ちが良いのです。
はるかちゃん、いつもの大劇場の公演より期間が短いですが、その分中身の濃い充実した舞台を努めてくださいね!
[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-21 22:04 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(6)

2008年10月 春の準備

毎年春になると、わがやのベランダを、楽しく彩ってくれるのがムスカリ
細長いテラコッタの鉢に、植えっぱなしにしています。
でも、毎年少しずつ数が増えつつ元気に咲いてくれています。
盛夏の頃に、一旦その年の葉が全部枯れて、鉢は何も植わっていないかのようなお顔をして澄ましています。
f0039281_1032085.jpg

でも秋になると・・・
つい一週間ばかり前から、ツンツンと元気に芽が伸びてきました。
いまのうちから、そして寒い冬の間も出来るだけ沢山、お日さまの光を浴びて栄養を蓄えて…。
そして、来春可愛い花をまた、たくさん見せてくれますように。
f0039281_1044599.jpg

usakoのガーデニング計画>いままでは、ベランダにいろいろな種類の草花をたくさんの鉢やプランターに植えて楽しんできました。
でも最近ちょっとそれを見直そうかと計画中。
数を絞り込んだ大き目の鉢にして、今まで育ててきたものを寄せ植え風に集めてみようかと思って。
あぶれてしまう植物は、実家のお庭に移植させてもらいます。
ただいま何かにつけて、少しずつ電車に乗せて移動中です。

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-20 23:59 | 草花 | Comments(4)

2008年10月 カナダの香り

カナダ旅行をなさった方から、良い香りのメイプルシュガーをいただきました。
f0039281_13452977.jpg

早速、お休みの朝、パンケーキを焼きました。
熱々のところに、ポトッとバターを落とし、メイプルシュガーをパラパラ振りかけて。
こくのある甘さが美味しいシュガーでした。
f0039281_13461094.jpg

一緒に頂いたチップスと、リーフ型のメイプルキャンディも美味でした。
Special thanks to Ms.MS !

usakoのカナダ旅行>カナダは、92年頃(うわ~すごい昔!)にプリンスエドワード島とトロントに行きました。
紅葉したメイプルリーフのこの額は、あちらで手に入れた、作家さんのもの。
ちょうど季節なので、いま我が家に飾っています。

f0039281_13465970.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2008-10-19 13:53 | あまいもの | Comments(10)